Comments: オブジェクト指向と構造化プログラミング

そうそう。禿同。
よく、「楽するための苦労は惜しむな」という言い方をしてるけど、要はおんなじことやと思う。
でも、その「感度」って結構、レアアイテムなんだよね。全ての年代含めて。それが最近のストレスの元になってたり。。。

Posted by money at July 16, 2004 2:44 AM

初かきこ。
ちょっと開発から離れたからズレてしまうかもわからんけど。

確かに開発者みんながオブジェクト指向を学ぶ必要はないかもしれんけど、自分の手下として必要な人間を考えた場合はそれなりに
「感度」
を持っている人がやっぱり必要(重要)と思う。
そうでないと、かなりの部分の枠組みを決めてやらな行き当たりばったりの設計やコーディングになって、後のメンテの辛さがもろコストに跳ね返ってしまう。
「感度」のある人間は、要は後々楽したい人間ってことかもわからんけど、後で楽するために今ちょっとだけ工夫が必要と思っている人。そういう人はやっぱりオブジェクト指向とかに目がいって、結局はある程度は理解するんとちゃうかな?
いかに生産性を上げ、後でメンテが楽で、修正時に影響が少なく(オブジェクト指向では逆にネックになるときがある?)、障害時に追跡・復旧しやすくするか・・・うーん、らくしたーーーいっ、って人、やっぱ重要。

Posted by かんとくっ at July 14, 2004 12:59 AM
Post a comment









Remember personal info?