2006年04月04日

[Record Review] DRAGONFORCE / INHUMAN RAMPAGE

B000BX4CPAインヒューマン・ランペイジ
ドラゴンフォース

ビクターエンタテインメント 2005-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.Through The Fire And Flames
2.Revolution Deathsquad
3.Storming The Burning Fields
4.Operation Ground And Pound
5.Body Breakdown
6.Cry For Eternity
7.The Flame Of Youth
8.Trail Of Broken Hearts
9.Lost Souls in Endless Time*

*Bonus Track

前作"SONIC FIRESTORM"に引き続き、速い!音多い!そのくせ曲長い!ついでにトレモロアーム使い過ぎ!と、まさに"INHUMAN(非人間的)"な"RAMPAGE(大暴れ)"というタイトルに相応しい内容のアルバム。

もちょっとテンポ緩めたらアルバム2枚分くらいにはなりそうなほどのメロディが爆速リズムの上に凝縮されてます。各楽曲の緻密な構成も圧巻。

テンポは全部同じだし、歌詞のメッセージも全部同じようなもんなんですが、そんな細かいことより「これがDRAGONFORCE!文句あるか!」な迫力に圧倒されます。
そのスピードとメロディに体を任せてしまうと非常に気持ち良いです。

ただ、ライブ見に行くのは(こっちの)体力的にきつそうな気が。

Posted by hide at 2006年04月04日 15:44 | TrackBack
Comments

これ、聞きましたよ。
僕の中ではピロピロメタルとして分類されました(笑)。

とりあえず1曲目だけでもうおなかいっぱいって感じですが、たしかにコレが「Dragon Forceだ!」ってのは感じました。

しかし、、、ライブで再現できるの?っていうか、プレーされても聞き取れんの?って思っちゃいました。

Posted by: hirahira at 2006年04月05日 01:14

ライブは結構な本数をこなしてるという話なので、ちゃんと演奏してるのかも。

聴く側としては、HELLOWEENの前座とかで1時間やってくれる程度がちょうどいいな、と思ったり。

歳かな…。

Posted by: hide at 2006年04月11日 00:47
Post a comment









Remember personal info?