2008年02月19日

[HMHR] IRON MAIDEN SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08@幕張メッセ

前回のツアーから2年、個人的には4回目のIRON MAIDENライブに行ってまいりました。

今回はニューアルバムを引っ提げてのツアーではなく、1st〜7thまでの作品から選曲したライブ企画。
前回のライブは新譜をアルバムの順番どおりに全曲再現というIRON MAIDENとしては珍しい構成で、それはそれで良かったのですが、その分、往年の名曲を演奏する時間が限られていた、という点はちょっと残念でした。

今回のツアーはそんなファンの贅沢な要望に応えて実現されたもの…かどうかはわかりませんが、とにかくうれしい企画です。
何より、1st〜7thからの選曲ってことは、もう二度と生では聴けないと思っていた「チャーチル演説」「その次の曲」が聴けるかも!という期待がありましたからね。

で、先に行われた海外公演のセットリスト情報を見ると、"Intro - Churchill's Speech"とあるじゃないですか。
-XEROism- Metal Zone - Iron Maiden

てなわけで、2/16(土)幕張メッセに出かけました。
メンバーはいつもの三人。money氏hirahira氏

20080216makuhari.jpg
(写真は開演前のグッズ売り場。写真提供はmoney氏)

会場はメッセNo3ホール。オールスタンディング。収容人数は1万人くらいでしょうか?

MAIDENライブの「序曲」"Doctor, Doctor"が終わり、会場が一気に盛り上がったところで、チャーチルの演説が静かに流れ始めました。
最後の"We shall never surrender!"に続いて、待ちに待ったあのイントロ。

"ACES HIGH"
日本ではもう聴けないかと思ってたのでチト感激。

以下、1曲ごとに感動してたりぴょんぴょん飛び跳ねてたり歌ったり叫んだりしてたんですが省略。
個人的には6th,7thアルバムからの"Wasted Years","Heaven Can Wait","Moonchild","The Clairvoyant"あたりが珍しくて良い感じでした。

最前列付近は押すな押すなでぎゅうぎゅうだったみたいですが、我々はオトナなので(=そんな体力ないので)PAのあたりからヤニック側(向かって右)にやや離れたところで見てました。
でもやっぱスタンディングは正直しんどい。

さて気は早いですが、次の来日公演(というかワールドツアー)は、ヤニック加入後の8th、9th、ブルース抜けてブレイズ加入後の10th、11thからの曲を中心に…なんてのが企画されたりしませんかね?
ブレイズ時代の曲をブルースが歌いまくると新しい発見がいっぱいありそうで、それはそれで興味があるのですが。

ちなみにMCでもブルースが宣伝してましたが、"Live After Death"のDVDが発売されました。
5th"Powerslave"発表後のライブで、今回のツアーと似たセットリストです。
CDは何度も聴いてますが、DVDはどうしますかね。欲しいけど見る暇なさそう。

B00106EPHW死霊復活
アイアン・メイデン
EMIミュージック・ジャパン 2008-02-14

by G-Tools
Posted by hide at 2008年02月19日 07:20 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?