2009年02月13日

[Book] プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
P・F. ドラッカー

ダイヤモンド社 2000-07
売り上げランキング : 183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

P・ドラッカーの本は、前から読んでみたいと思ってたのですが、何から手をつけたら良いか迷ってました。
調べてみると、そんな僕みたいな人達(…がたくさんいるってのも凄い話ですが)のために《はじめて読むドラッカー》シリーズなんてのがあるそうで、その中でも一番人気(=最初に読むべき?)らしいのがコレっぽかったので、買ってみました。

高名な経済学者・社会学者の書いた本、という先入観から、何やら難しい理論やら統計データやらがいっぱい出てくるのかと思いきや、全くそんなことはなくて、非常に読みやすかったです。

隅から隅まで興味深い話ばかりだったのですが、強く印象に残った点を幾つか。

・組織(企業)は社会に貢献するために存在する。
・組織で働く者がすべき仕事は成果をあげることである。
・(知識労働者が)成果をあげるには生産性を高めなければならない。
・成果をあげるのに特別な能力は要らない。普通の能力でよい。
・必要なのは、普通の能力を生かして成果をあげることを習慣化する力である。

生産性を高め、成果をあげるために留意すべき点は、
・目的を考え抜く。
・自分の強みを生かす。
・時間を管理する。
・重要なことのみに集中する。
など。このへんは最近流行りの自己啓発本とかライフハック本でもよく出てくる話。

もっといろいろ書いてありますが、今回はまずこれくらいを意識することに。
機を見てまた再読しようと思ってます。

Posted by hide at 2009年02月13日 12:48 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?