2010年01月08日

[Book] 12月の読書メーターまとめ

てなわけで12月はぐっとペースダウン。10月〜11月の半分くらいでした。

最近また梅田望夫ブーム到来。
ワタシの仕事自体は未だネットのこちら側がメインなのですが、あちら側への見方や生き方には刺激を受けてます。

さ、1月はまた10冊を目指すぞ。

12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1298ページ

「知の衰退」からいかに脱出するか?「知の衰退」からいかに脱出するか?
読了日:12月31日 著者:大前研一
ウェブ人間論 (新潮新書)ウェブ人間論 (新潮新書)
読了日:12月06日 著者:梅田 望夫,平野 啓一郎
フューチャリスト宣言 (ちくま新書)フューチャリスト宣言 (ちくま新書)
読了日:12月06日 著者:梅田 望夫,茂木 健一郎
知識経営のすすめ―ナレッジマネジメントとその時代 (ちくま新書)知識経営のすすめ―ナレッジマネジメントとその時代 (ちくま新書)
これからの経営には「知識」の活用が重要。「知識」は単なる「情報」とは異なる。暗黙知の共同、形式知への表出、形式知の結合、暗黙知への内面的のサイクルを意識する。知識から新たな価値を創造するには、様々な「場」がなければならない。日本が優位に立ってきた製造業においても、ハードだけでなくソフト(サービス、システムを含む広義の)に注力していく必要がある。
読了日:12月04日 著者:野中 郁次郎,紺野 登
ニッポニアニッポン (新潮文庫)ニッポニアニッポン (新潮文庫)
人生のレールから転落した少年鴇谷春生による逆転一発の大勝負、それはトキ襲撃作戦。春生の倒錯っぷり、妄想と憎悪は読んでて不快感満載で、どんな結末が描かれるのか期待して読み進めたが、新幹線のシーンあたりでクライマックスの展開が何となく予想できてしまい、ちょっと残念。表紙のモチーフにもなってるQUEENの曲も、少々使われ方が強引でイマイチしっくり来ない。伏線ぽく書かれた悪戯電話の謎解きもなし。微妙。
読了日:12月02日 著者:阿部 和重

読書メーター

Posted by hide at 2010年01月08日 23:40 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?