2010年01月19日

[News] 「紙くず同然」ってどゆこと?

NHKニュース 日航株・マイル・優待券は?

「東京証券取引所」は、日本航空が会社更生法の適用を申請し、再建計画で100%の減資が盛り込まれた場合、日本航空の株式を上場廃止にする方針で、日本航空の株式は紙くず同然となります。

「株券は電子化されてるから紙くずにもならないだろ」云々の議論はどうでも良いです。
「…同然」てことは「…と同じような物・価値」、つまり「紙くずと同程度に価値が小さい」って意味なのはわかりますから。

むしろ、本当に知りたいのは、

「紙くずと同程度」ってことは、「完全に無価値ではない」「紙くず同然の価値は残る」ってことだよね?
それってどゆこと?

ってことなんじゃないかと(※)。

昨今の報道からそういう情報が出てきてないように思いました。
正確な説明が省略され、「同然」みたいなイメージだけの情報が流され、危機だけが煽られ、結局どういう意味なのかは知らされない。
(あるいは報道する側もよくわかっていない?)

「紙くず同然」という表現に、今の報道の有り様が象徴されてるようにも感じました。

Posted by hide at 2010年01月19日 07:14 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?