2010年07月31日

[Eating] HEDIARDでフランス産ビールに酔ったが一瞬で冷めた話

初めて見た時、「何て読むのコレ?」と謎だった「HEDIARD」。

紅茶とガレット(おかずクレープ)のお店。羽田空港に行った(着いた)時に、たまに入ります。

今日はちょうど昼時に羽田に着いたので、どこかでランチを…と思ったら、フードコートもMcDonald'sも混雑してたので、久々に「HEDIARD」へ。ここは店名の読み方がわからないせいか、食べ物がちょっと変わってるせいか、比較的席に余裕があるという印象。

で、昼間っからビールを注文。「Bier Breizh Blonde」とあります。フランス産のピルスナーらしいです。

100731_1243~0001.jpg

100731_1248~0001.jpg

飲み口はすっきりですが、アルコール6%とやや強め。塩気の強いガレットと合わせてなかなか強力なランチになりました。

満足。ほろ酔い。

さて、ガレットを食べ終わり、残りのビールを飲み干そうか、という頃。

「お済みのお皿お下げしてもよろしくですか?」と聞かれたので「はい。どうぞ」と答えたところ、食べ終わったお皿と一緒に水のグラス(空でない)まで下げられちゃって、「ええっ!?」。


一気に冷めました。


それまで楽しんでいただけになんとも残念な結末。

そこはむしろ「お冷やはいかがですか?」または「お冷や新しいのお持ちしますね」ですよ、店員くん。

食後に紅茶でも追加注文しようかと思ってたけど、それはやめてビールを飲み干し、若干後味悪く店を後にしました。

メニューとか雰囲気とかに凝ったいい店だけに、ちょっとしたミスが非常に気になってしまいました。
サービス業って難しいですね。

口直し(&気分直し)にスタバでも行くかな。

Posted by hide at 2010年07月31日 13:31 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?