2011年06月16日

[moblog] コカ・コーラ ゼロ には何も入っていない、ワケではない

最近コカ・コーラやらペプシやらドクターペッパーやら炭酸飲料をよく飲みます。

あまりに毎日飲んでると、さすがに
「糖分やカロリー摂りすぎかなあ」
と、ちょっと気になりますね。

てことで、たまにはコカ・コーラ ゼロなんてのを飲んだりもするワケです。そしてつまり今も飲んでたりするワケです。

このコカ・コーラ ゼロ、名前に「ゼロ」なんて謳うだけあって、栄養成分表示には

エネルギー 0kcal
たんぱく質、脂質、炭水化物 0g
ナトリウム 7mg
糖類 0mg
(全て100mlあたり)

…と書かれています。

これだけアレもコレも0ですよ!と言われると、

「でもコレって色が黒くて甘い味がしてシュワーっとする飲み物だよね?てことはただの水じゃなくて何か入ってるってことだよね?ソレって何なのよ?つーか何か怪しくないソレ?」

…と思いたくなるのが人情というもの。

ま、色と炭酸はフツーのコカ・コーラでもゼロでも同じだろうから、最大の違いは甘味の素ということになりますな。

…という長い前フリで、いよいよ食品添加物の闇に迫る時が来たぜ!

…と思ったんですが、もうコカ・コーラ ゼロ飲み終わっちゃったので、ペットボトルをポイして今日はオシマイ。

Posted by hide23 at 2011年06月16日 21:01 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?