2012年05月31日

[Eating] 十勝ワイン ラーメン を喰らう

北海道土産もいろいろあるけど、これはちょっとどうなの?ってのにチャレンジします。

120525_1239~01.jpg

その名も「十勝ワイン ラーメン」。

ワイン…ラーメン…なぜ?どうして?誰が?何のために?

120525_1240~01.jpg

十勝ワイン「トカップ白」を麺とスープに練り込んだ洋風創作ラーメンです。

だそうです。「創作」は間違いないとして、この際「洋風」の定義は気にしないことにしましょう。なんてったってワインなんですもの。洋風に決まってます。ええ。

中を開けるとこんな感じ。

120525_1242~01.jpg

・麺(袋に入っている。丁寧です)
・特製スープ(特製です)
・レトルトの具(特製とは書いてませんが、特製かも)
・乾燥具材(特製…かも。違うかも)

特徴的なのは、「レトルトの具」です。「レトルト」「の」「具!」の強調っぷりからも力の入れ具合がわかろうというもの。

<作り方>
(1)麺を袋から出して器に入れます。
(2)乾燥具材を麺の上にのせます。
(3)熱湯を注いで蓋をします。
(4)特製スープとレトルトの具を蓋の上で温めます。

120525_1246~01.jpg
(今回は、沸かしたお湯の残りで「レトルトの具」袋を温めることにしました。この方がレトルトっぽいかな、と)

(5)4分待ちます。
(6)蓋を開け、特製スープを入れてかき混ぜます。
(7)レトルトの具をのせて、できあがり。

120525_1250~01.jpg

ちなみに、「レトルトの具」の中身は、「ちほく高原ベーコン」と「十勝産とうもろこし」です。

まずは、香りをば…(くんくん)…オヤ?

では、いただきます。

ずず…ず…もぎゅもぎゅ…ムム!

しお味のあっさりスープがよく絡む細麺をすすった時のこの香り、これは…ワイン…ですな。いや、たしかにワインぽいですよ。それも白。ええ。

「ワインだわ…」「ワインじゃん!」「ワインか〜」…とブツブツ言いながら完食。

ううむ。「洋風創作ラーメン」の名に偽りなし。面白いです。

▽お取り寄せはこちらから
照井商店:十勝ワインラーメン

Posted by hide at 2012年05月31日 22:35 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?