2012年06月20日

[Book] 5月の読書メーターまとめ

もう6月も後半に入ってしまったところで今更感はあるけど、5月分の読書メーターまとめ。

月初めはマジメに渋滞学(著者:西成活裕)読んでたんですが、月も半ばになるとヤクザとかスパイ女医が教えるセックスとかグラビアアイドルとか怪しげなのを読み耽ってしまい、後半になってこれではイカンと思い直してビジネス書にシフトチェンジしました。

月末に読んだ、金出先生の「素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術」は研究者必携の一冊だと思うんだけど、PHP文庫では絶版なのよねー。PHPさん、再版してくださいよー。

素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)

5月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:3641ページ
ナイス数:24ナイス

限界突破力限界突破力
他責でなく、自責で考えよう。自ら規制概念・固定観念で壁を作っていないか。実は誰しも何かしらの限界を突破してきている。それに気付こう。そして、だから自分にはまだまだ可能性があると知ろう。後半の組織論の方は、最終的には外部コンサル受けましょうという結論な印象。
読了日:05月30日 著者:株式会社秀實社代表取締役社長 高橋秀幸
六代目山口組司忍組長と小泉純一郎首相にケンカを学ぶ六代目山口組司忍組長と小泉純一郎首相にケンカを学ぶ
ヤクザ(山口組組長)の生き方・戦い方に比べて小泉首相(当時)のそれはしょぼい、と説く。ヤクザ界の、結束した組織の作り方、組織を存続させるための現実的な戦略、などは確かに参考になる。主題から脱線気味の小泉バッシングが多くて内容がややブレてるように感じられるのが惜しい。
読了日:05月29日 著者:宮崎 学
その技術開発本当にそのまま続けますか?その技術開発本当にそのまま続けますか?
特許公報や論文などの文献に含まれるキーワードや著者(企業)名を抽出し、ツールで分析することで、特定の技術のトレンドや他の技術との関係、技術開発を行っている企業間の繋がりなどを可視化し、事業戦略に役立てよう、という内容。こんな視点で分析するとこんなことが見えてくる、という例が幾つも紹介されるが、実際にどんなツールをどう使うのか、についてはあまり具体的には書かれていないので、それは別の情報が必要。自分の専門分野を想定して再読したい。
読了日:05月28日 著者:池澤 直樹
子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)
子供の成長に合わせた接し方ができてるか見直すために再読。本書で書かれている「悪い例」の幾つかと同じことしてるのに気づいた。叱ってるつもりが怒ってたり、サポートではなくヘルプになってたり、子供の話を聴くより自分が喋り過ぎてたり。以下、気をつけるポイント:原因と結果を実感させて責任を意識させる。単にほめるより具体的に感謝する。何度言ってもダメなら黙して待つ。まず同調し、子供自身による問題解決を引き出す。You文でなく、I文で伝える。…仕事上のコーチングも共通点多し。
読了日:05月28日 著者:菅原 裕子
素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)
研究って何なのさ?何をどうすれば良い研究なのよ?…と迷った時に第1章を読み返すと吉。もちろん続けて第2章以降も読んじゃうんだが。
読了日:05月25日 著者:金出 武雄
ライフサイクル イノベーション 成熟市場+コモディティ化に効く 14のイノベーションライフサイクル イノベーション 成熟市場+コモディティ化に効く 14のイノベーション
イノベーションの結果:差別化、中立化、生産性向上、浪費。適切な目標設定がなく四つ目になりがち。これを避けるため、ビジネスアーキテクチャ(ボリュームオペレーションorコンプレックスシステム)と市場ライフサイクルに応じて適切なイノベーションタイプを選ぶ必要がある。イノベーション遂行には、経営資源をコンテキストからコアに継続的に移さねばならない。中心的な考え方は納得。具体的なイノベーションタイプの選定法やイノベーション管理法、経営資源リサイクル方法については、また読む。
読了日:05月22日 著者:ジェフリー・ムーア
土壇場を切り抜けるワルの法則(ノウハウ)土壇場を切り抜けるワルの法則(ノウハウ)
いろんな土壇場とそこを乗り切る知恵が紹介されてた。全体的に、そんなにワルではない印象。交通違反で捕まったら政治家にもみ消してもらえ、は確かにワルといえばワルだが、それ「知恵」かなあ?
読了日:05月22日 著者:門 昌央
ニッポン非合法地帯 (扶桑社文庫)ニッポン非合法地帯 (扶桑社文庫)
元刑事の著者が語る、警察とヤクザ、暴力とセックスの話の数々。ハードボイルド小説的な凄惨な描写が多く、読み進めるほど逆に現実感が薄れていく気がして、それはそれでちょっと怖かったり。
読了日:05月22日 著者:北芝 健
スパイと公安警察-ある公安警部の30年スパイと公安警察-ある公安警部の30年
スパイと渡り合った公安警察官の30年の記録。各国スパイとの駆け引きや頭と体をフルに使う捜査の数々は小説的な演出がない分だけリアルで面白い。仕事にかけては凄腕を自認する著者だが、恋愛や病気に悩む一面も。大胆かつ緻密、誠実かつ直情、豪快かつ繊細、様々な表情がめまぐるしく入れ替わる生き様が魅力的。
読了日:05月21日 著者:泉修三
実録グラビアアイドルの裏側実録グラビアアイドルの裏側
グラビアアイドル安室ララ(仮名)が「アイドル」という仕事の裏側を描いた自伝的エッセイ(風の小説)。作者が誰とかは別にどうでもいいけど、描かれているエピソードはなかなか面白い。仮名とはいえ「安室ララ、いきまーす!」はちょっとヤラレタ。
読了日:05月16日 著者:
ヤクザ的な人々に学ぶ負け知らずのススメヤクザ的な人々に学ぶ負け知らずのススメ
「他人から迷惑を受け、他人にも迷惑をかける」のがヤクザ的な人々の特徴。現代日本のカタギ的な人々は「他人から迷惑を受けず、他人に迷惑をかけない」生き方に囚われすぎて、結果的にモロくなってるのかもしれない。もっと意識的に・積極的に他人と迷惑をやりとりしても良いのではないか、と思った。もちろん、本書で紹介されているヤクザ的な人々の生き方をそのまま真似するのは(倫理的にも法的にも)オススメできないが。
読了日:05月14日 著者:小野 登志郎
毛利元就 (PHP文庫)毛利元就 (PHP文庫)
不遇な幼少期から戦いと調略に明け暮れた晩年までの毛利元就の生涯が、義母の大方様との関わりを軸に淡々と語られる。ドラマティックな描写は控えめで物語的な面白味は少ないが、文章としては読みやすい。彼が目指したのは、国人による地方自治とその保全であり、天下を統一して中央集権体制の確立を目指した信長・秀吉・家康と思想が異なる、というのが著者の説。
読了日:05月13日 著者:童門 冬二
女医が教える最高のセックス―もうワンパターンとは言わせない女医が教える最高のセックス―もうワンパターンとは言わせない
パートナーとのセックスのテクニックだけでなく、男女それぞれを対象にセルフセックスの方法あれこれも詳しく書かれてて勉強になるね。極端な例として紹介されてたイトミミズの話は結構ショッキング。
読了日:05月10日 著者:
知っておきたい日本の神話 (角川ソフィア文庫)知っておきたい日本の神話 (角川ソフィア文庫)
日本の神話に興味はあったがいきなり日本書紀やら古事記やらを読むのはハードル高そうだし〜という私にちょうど良い入門書。イザナギイザナミに始まりアマテラスにスサノオ、神武東征にヤマトタケルに応神天皇まで、物語の紹介だけでなく、それぞれの逸話が成立した背景にある歴史的・政治的な事情も解説されており、より理解が深まった。神々の中にも嫌な奴がいたり、道義的にどうよ?な行動があったり、人間臭さ満載で面白い。アマテラスの神殿に糞をバラまくとかスサノオは神(まさにそうなんだけど)。
読了日:05月09日 著者:瓜生 中
渋滞学 (新潮選書)渋滞学 (新潮選書)
これ読んだ次の日に高速道路で渋滞に遭遇したけど、本書に書いてあったように車間距離とって走ってみたら、ストップ&ゴーを頻繁に繰り返すことなく、意外と楽に通過できた。数学・理論を世の中の実際の問題解決に役立てようという姿勢と、渋滞学という一分野を切り拓いた著者の執念に感動した。要素還元主義でなく全体の性質を全体のまま明らかにしようという態度と、実際の現象をある程度表現できる適切なモデルを立ててまずは解析的にアプローチする方法論は、渋滞学に限らず今のサイエンスの標準なんだろうか。研究者として成果が出始める前の苦
読了日:05月04日 著者:西成 活裕
シゴトの渋滞、解消します! 結果がついてくる絶対法則シゴトの渋滞、解消します! 結果がついてくる絶対法則
渋滞学の開祖であるところの著者が、ビジネスの「渋滞」を渋滞学的視点で捉え、解決策を模索・提示した一冊。個人→部門→会社と、視野を広げることで、部分最適でなく全体最適を意識することを説いている。サイエンスのビジネスへの応用という意味では、ゴールドラットが物理学をベースにTOC理論を打ち立てたのと似てる。ただ、ビジネス理論としてはまだ確立されていない印象。今後に期待。
読了日:05月01日 著者:西成 活裕

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

Posted by hide at 2012年06月20日 22:29 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?