2013年03月29日

[Eating] マルちゃん やきそば弁当 中華風醤油味 を喰らう

また北海道に出張に来たので、また「やきそば弁当」でございます。今回は中華風醤油味。オイスターソースを利かせた醤油味。香ばしいいりごまのふりかけ付き!です。もちろん中華スープ付き。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130329%20131539.jpg

やきそば弁当中華風醤油味に中華スープってのは組み合わせとしてはピッタリな気がするけど、そうすると普通のやきそば弁当には中華スープよりもっとピッタリなスープがあるんじゃなかろうか?でも、そういえば普段やきそば食べる時ってスープは一緒に食べないような気もする。つーか、家でやきそば食べる時って、味噌汁じゃね?

と、結論が出たところで蓋を開けると、中には、液体ソース、かやく、スープの素とふりかけ。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130329%20131602.jpg

構成は普通のやきそば弁当とほぼ同じです。かやくは見た目からして違います。
液体ソース、スープの素、ふりかけは、普通のやきそば弁当とデザイン同じですが、カラーリングが違いますな。

前回は、スープを作る際に麺のもどし湯を使うメリットについて考えながら3分待った後、麺の湯切りの際にスープことをコロッと忘れて、もどし湯じゃなくてポットのお湯でスープを作る大失態を演じたので、今回は「もどし湯でスープ」と唱えながら3分待つことにします。

「もどし湯でスープ、もどし湯でスープ、もどし湯でスープ、もどし湯でスープ…」

あ!タイマーセットするの忘れた!

…というワケで、たぶん3分以上4分未満くらい経ったと思われる頃に慌ててお湯を切って、それでもちゃんともどし湯でスープ作りました。エッヘン。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130329%20131608.jpg

では、いただきます。

ふーふー、ずず…ず…ぱく…もぎゅもぎゅ…、ずず…ず…ごくり、んー。

では、感想をば。

■スープ
やきそば弁当がやきそば弁当たる所以の大事な大事なスープですが、普通のやきそば弁当と特に変わりません。心なしか胡椒少なめなような気がしますが、気のせいかも。せっかくやきそばが中華風なので、スープもトロミのある玉子スープかなんかにして欲しかったような。贅沢か。

■麺とソース
麺は普通のやきそば弁当と同じ細麺。やはり違いは、ソース。洋風ウスターソースベースのやきそばソースではなく、中華風オイスターソースベースの醤油味で油多め。中華料理店の五目やきそばを思い起こさせる味と香り。細めの麺との相性はバッチリ。

■具
具は、カニカマっぽいものと、チンゲン菜っぽいものと、キクラゲっぽいもの。色合いも良く、それぞれ食感も割としっかりしてて、視覚と味覚の両面で楽しめます。時折、ふりかけのいりごまの香りが鼻孔をくすぐるのも良いですね。

■総合
変に奇をてらった味ではなく、実際に中華料理店にありそうなやきそばの味を真面目に狙った感じで、実にマトモです。スープとの相性も良く、完成度高いですね。オススメ。

Posted by hide at 2013年03月29日 23:11 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?