2014年04月01日

[Book] 3月の読書メーターまとめ

2冊…orz

3ヶ月で22冊なので7冊/月にペースダウン。うむむ。

2冊とも、子どもネタ。それも「子どもを『未熟な大人』とか『矯正・教育しなければならない対象』と見るのではなく、子どもの好奇心やものの見方を見守ろう」といったスタンスの本。我が家の子供達との接し方をちょっと見直そうかな、というきっかけになったり。

五味太郎さんの絵本も好きですが、大人向けに書かれた「子供の本」も良いですね。

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:312ページ
ナイス数:11ナイス

じょうぶな頭とかしこい体になるためにじょうぶな頭とかしこい体になるために感想
子どもたちは「かしこい頭とじょうぶな体」であるべき、と思い込んでる気の毒な大人たちの社会へのアンチテーゼ。時に痛いところを突かれたり、時に激しく同意したり。
読了日:3月8日 著者:五味太郎
子どもは小さな哲学者子どもは小さな哲学者感想
子供の思考を大人のそれより低レベルなものと位置づける従来研究に対して、子供の素朴な疑問に潜む本質的な問いや、子供が意図して行う思考の遊びとしての議論に注目し、その哲学性を分析している。適当にあしらったり大人の常識で押し潰したら勿体ないよね。
読了日:3月1日 著者:ガレス・B・マシューズ

読書メーター

Posted by hide at 2014年04月01日 23:36 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?