2006年09月30日

[News] 「美しい国」について「美しい日本語」で説明せよ(10000字以内)

【安倍くんの回答例】
第165回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説

【評価】
カタカナ延べ109回、わかりにくいの声も…首相演説 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

【赤ペン先生からのコメント】


NIKKEI NET:主要ニュース

伊吹文明文部科学相は(中略)「美しい日本語が話せず書けないのに、外国語を教えてもだめ。必要は全くない」との考えを明らかにした。

池坊保子副大臣も(中略)「英語は必要だが、話すべき内容を持っていないといけない」と指摘。

もっと頑張りましょう。

Posted by hide at 13:14 | Comments (0) | TrackBack

2006年09月29日

[Book] 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

ISBN4-04-411101-4.jpg機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
結城 恭介

角川書店 1989-10
売り上げランキング : 105922
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一年戦争末期、平和な(筈の)中立コロニーで起こった小さな戦争を描いた作品。
同名のOVA作品を小説化したもの。

そこにはイデオロギーも人類の革新論も親の敵討ちもなく、ニュータイプとかヒットラーの尻尾とか軟弱者とかは出てきません。
ごく普通の民間人の少年がふとしたきっかけで若いジオン兵と出会い、小さな戦争に巻き込まれて(首を突っ込んで)いきます。

初めは戦争という冒険に胸躍らせていた少年が、次第に戦争の非情さや人の死に触れ、なぜ戦うのか?自分は今何をなすべきか?を考えるようになる、という成長の物語。
ラストで少年が目の当たりにするモビルスーツ戦の悲劇的な結末は、他のガンダム作品にはないものです。

話が話だけにモビルスーツ戦のシーンが少なく、OVA版ではガンダムの映像作品としては物足りなく感じる部分もありましたが、小説版では気になりません。
むしろ余計なシーンが無いことで人間ドラマが濃縮され、物語の芯がより強固になった印象を受けました。

ただし、先にOVA版を見てから読むべし。

エピローグの中の主人公の両親の会話に出てくる一言がOVA版と小説版の最大の違い。
賛否両論はあるだろう、と著者も書いてますが、僕はコレはコレでアリ、と思いました。

つーか、泣きました。

Posted by hide at 22:21 | Comments (0) | TrackBack

2006年09月23日

[Living] SKI兄さんがやってきた part2

私の友人であるところのSKI氏が自慢の新車を見せびらかしにで遠路はるばるやってきました。

前回やってきてウチで娘と焼そば食べて以来、半年ぶり。遠い割には出現率高し。

さて今日は家族+SKIで某大学某研究室主催のBBQ大会に参加。
肉食べたり焼きそば食べたり投石に興じて上腕二等筋を痛めたりと、充実した時間?を過ごしました。

BlogSKI: BBQ

さて、BBQも終わり、帰宅。
ちょうど夕食時だったので近所の焼肉屋に行ってまた肉を食べました。
(なんかSKIが来る時って肉と焼きそばばっかりですな)

お腹も膨れたところで(食べる前から膨れてたヨ、ってのはここだけのヒミツ)、SKI兄さんは自慢の新車で帰途につくことに。

以前にあんなコトや、こんなコトがあったので、今回も何かやってくれるかな?と期待心配してましたが、今日は無事に帰れそうですな。

「じゃ、また。気をつけて」
「おう、また。…あれ?」
「ん?」
「ドア開かない」

どうやら自慢の新車のキーレスエントリが利かない模様。何かイヤーな予感。

「鍵挿せば?」
「あ、開いた」

ほっ。

「じゃ、また」
「じゃ。…あれ?」
「ん?」
「エンジンかかんない」

予感的中。

どうやら自慢の新車のバッテリが上がってる模様。

「やー、なんかランプ点いてたみたい」
「…」

全くもって期待を裏切らない男です。

仕方がないので自慢の新車の干上がったバッテリをウチの車のバッテリとつないで何とかエンジン始動。

(ちなみにこのブースターケーブルはこれまた友人であるところのkaz氏から以前譲り受けた車についてたものだったりします。Thanx>kaz)

今回も最後の最後まで楽しませてもらいました。
ありがとう、SKI。
次回もサプライズよろしく。

Posted by hide23 at 23:54 | Comments (3) | TrackBack

2006年09月19日

[Gadget] 無印良品の名刺入れをT9ケースにしてみた

こないだ買ったDSC-T9のケースどうしようかなー、と考えてました。

Sony StyleのDSC-T9用アクセサリに専用(or対応)ケースが幾つかあるんですが、良さげなやつは既に販売終了だったり、まだ売ってるやつはデザインが好きになれなかったりと、難航。

ググってみると、似たような悩みを抱えた人はいるようで、その中に「カードケース(名刺入れ)をケースとして使う」というアイデアが載ってました。
So-net blog:ざるはぜいたくひん:DSC-T9のケース

なるほど。名刺入れというのは良いかも。

でも僕の場合は上記サイトで紹介されていたような高級感のある本革ケースじゃなくて、もっとカジュアルな感じのが欲しかったので、鞄屋やら文具店やらをぶらついてたところ、無印良品で丁度良い大きさのを発見したので購入。

無印良品ネットストア[ポリエステル名刺ケース・マグネット付 ]

実際に入れてみるとこんな感じ。

ちょっとキツめな絶妙のピッタリ感。
予備バッテリとか予備メモリスティックDuoとかを入れとく隙間は一切なし。まあいいや。

値段が値段なので安っぽさはありますが、無造作に鞄に放り込んどく時の傷防止ケースとしては充分。
てことでしばらくコレ使ってみます。

Posted by hide23 at 22:03 | Comments (4) | TrackBack

2006年09月10日

[Gadget] デジカメ買い増した(またSONYの罠にハマりました)

今までデジカメは3年半前に買ったSONYのDSC-U20を使ってました。
気に入ってたポイントは、
・小さくてカッコイイ
・単4乾電池駆動
・スライドカバーを開ければ電源ONで起動時間が早い
など。

ですが、使ってるうちに幾つか不満も出てきました。
例えば、
・液晶画面が小さい
・光学ズームがない
・画質も物足りない
など。

てことで、そろそろ新しいのを買おうかなーと最近のデジカメをあれこれ調べた結果、SONYのDSC-T9にしました。

乾電池駆動じゃない点以外はU20の良さを受け継ぎつつ上記の不満を解消してるのが選択理由。
あとはまあ記録メディアがメモリスティックの方がVAIOで使いやすい、ってのも。
まんまとSONYの囲い込み戦略にハマってますな。

届いたばかりのトコロをケータイのカメラで撮ってみました。
マットなブラックがカッコイイ。
060827_1619~0001.jpg

面積はU20の1.5倍くらい。Yahoo!カフェカードよりちょっと大きいくらい。
060827_1646~0001.jpg

厚みはU20より控えめ。
060827_1641~0001.jpg

ちなみに、現在T9の後継機のT10が新発売だったりしますが、性能的に大差ないのと実売価格で5000円くらい安かったのでT9に。

↓一応お約束のアフィリエイト(実はAmazonで買ったんだけど今見たらなぜか値上がりしてました)。
サイバーショットTシリーズDSC-T9 即納・クレジットカードOK

Posted by hide at 23:24 | Comments (0) | TrackBack

2006年09月04日

[Record Review] NOCTURNAL RITES / NEW WORLD MESSIAH

ニュー・ワールド・メシアニュー・ワールド・メシア
ノクターナル・ライツ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.New World Messiah
2.Against the World
3.Avalon
4.Awakening
5.Egyptica
6.Break Away
7.End of Days
8.The Flame Will Never Die
9.One Nation
10.Nightmare
11.Another Storm*
12.Save Us*

*Bonus Track

スウェーデンの正統派HMバンドの6作目。2004年の作品ですが最近入手したので。
メロディ、スピード、パワーの3拍子揃った作風は前作前々作
と同じ路線。

前作までは音がややショボかったけど、本作では随分改善されてます。
そのおかげもあって、なんとなく洗練されてきた感じがします。

イントロからして「キター!」な1や9、スローな中にもパワー溢れる2や8、スピードチューン6や7など佳曲ぞろい。
ラストはアップテンポ&叙情メロの10で後味良く締めくくります。

5はHMバンドなら誰しも一度はやってみたい(たぶん)エジプト&バビロンな曲。
そんなに大曲でもないし後半カッコイイので許可。

一押しは3。キャッチーなメロスピ曲なんですが、Aメロ〜Bメロ〜サビのどこにも隙がなく、サビのコーラスも効果的。間奏部では島が海に浮かぶ情景が浮かびます。

ボーナスの11と12はどこか古さを感じさせる曲。悪くはないけど本編よりはやや劣る感じ。
まあ、ボーナスですな。

これだけ秀作を連発してるNOCTURNAL RITESはもっと認知されても良いと思うんですが、未だになんか地味。
てことでまだ聴いたことない人に是非オススメしたい。

ちなみに、ディクテーションやってみました。
使われてる単語は"time"とか"stand"とか"alive"とか"gods"とか"demon"とかHMの歌詞にありがちな比較的平易なものばかりだったんですが、案外難しかったです。
やっぱスウェーデン人の英語の発音だからかな?

Posted by hide at 23:47 | Comments (0) | TrackBack