2009年07月29日

[Book] 部下を定時に帰す仕事術 〜「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵〜

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~

WAVE出版 2009-02-17
売り上げランキング : 2901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者は、自閉症の長男を始め、3人の子を持つ。妻は、病気入院を繰り返す中、うつ病も併発し、自殺未遂も何度か。
全ての家事・育児に加えて妻の看病もこなすには、仕事の効率を極限まで高め、毎日定時で退社する必要があった。

…という著者の経験を元にまとめられた、仕事術の本。

「部下を定時で帰す」という「上司」の視点で書かれていますが、「部下」の立場で読んでも非常に有益です。

手法・考え方自体は、他の自己啓発本や仕事術本と共通するものも多いですが、圧倒的に凄いのは、
・著者は、これら全てを実践(しようと)してきた。
・仕事においても数々の事業を成功させ、同期トップで取締役に就任するという実績を残している。
という点。

振り返って、自分はどう?

2人の子は元気に保育所に通っている。妻はバリバリ働いてて、家事・育児は分担。

ぬるい。ぬるいよ、スレッガーさん。

Posted by hide at 22:50 | Comments (0) | TrackBack

2009年07月23日

[Book] なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術

なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術

日本能率協会マネジメントセンター 2008-12-24
売り上げランキング : 2540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトル長っ。

ワークライフバランス(WLB)とは、「仕事はほどほどにして、家事や余暇を楽しみましょう」ではなく、仕事とそれ以外の時間を「共に」「より」充実させるための考え方、というのが筆者の主張の根幹です。

第1部は、WLBの観点から、個人の業務効率を上げるだけではなく、チームとしての働き方を見直す必要がある、という趣旨説明。

第2部が本編の「6時に帰る(帰す)」ための仕組み・ツール群。他の仕事術本と似た部分もありますが、WLBの基本思想から生まれた体系的なものである点が特徴。

巻末の「周囲を納得させる18のQ&A」は、WLBの理解や啓蒙に役立ちます。

本としてのデザイン・構成もよくできてます。小口を見るだけで構成がわかるように、章ごとに位置を変えてマークが縁ギリギリまで印刷されていたり、ほぼ全ての仕組み・ツールの説明にそれぞれ図や様式が載っていたり、フォントサイズ・文字太さの選び方も絶妙だったり。

さて、こういう啓発本に対しては、決まって

「そうは言っても、ウチの場合はそうもいかない」

なんて声が、外から(あるいは自分の内からも)聞こえそうですが、

「ホントにそう?」

と一度よく考え直してみるべき。

また、「6時に帰る」を除いて「チーム術」としても十分に参考になる良書だと思いました。

余談ですが、表紙に著者の小室さんの笑顔の写真が載ってて、おっさんには書店だと微妙に買いにくいかも、と感じました。
というわけで(もないんですが)、アマゾンで買いました、とさ。

Posted by hide at 23:59 | Comments (0) | TrackBack

[Book] ブルックスの知能ロボット論―なぜMITのロボットは前進し続けるのか?

ブルックスの知能ロボット論―なぜMITのロボットは前進し続けるのか?ブルックスの知能ロボット論―なぜMITのロボットは前進し続けるのか?
Rodney Allen Brooks 五味 隆志

オーム社 2006-01
売り上げランキング : 104210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者のロドニー・ブルックスは、MIT人工知能研究所の所長でiRobot社の設立者でもある、ロボット界(?)では有名な人。

科学技術・産業の歴史から現状のロボット技術、そしてその未来に渡って、ブルックス独特の「ロボット観」が語られています。

約380頁とやや厚いですが、大まかな内容については、研究者・技術者でなくても理解できるレベルだと思います。

簡単に言うと、彼が目指す「ロボット」は「人工的な知的生物」。
(日本では「アトム派」と「ガンダム派」なんて宗派(?)があったりしますが、彼の考えではガンダムはそもそもロボットではない、ということになりそう)

更に、彼が作る「ロボット」には、以下の2つの原則が共通して備わっているとのこと。

"situatedness" 実世界に組み込まれていて、センサを通して触れる世界の現実の状況の影響を受けて行動する。
"embodiment" 物理的な身体を持ち、外界からの影響をその身体に直接受け、経験することができる。

うーん。わかるような、わからないような。
iRobot社の掃除ロボットは、もちろん上記2原則を満たすことになるんでしょうが、自動販売機や全自動洗濯機はどうなんだろ?あるいは乗用車のプリクラッシュセーフティは?

このへんの表現は、できれば原著を読んでそのココロを確認したいところ。

彼は、ロボット技術の発展により、「ロボット=人工的な生物(機械)」と「身体を改造した人間(生体)」との境界はやがて消滅するだろう、と予言します。

それこそが本書の主題であり、その意味では原題の「Flesh and Machines」の方が内容に忠実ですね。

Posted by hide at 23:13 | Comments (0) | TrackBack

2009年07月20日

[Book] 読書メーター始めました & 6月の読書メーターまとめ

■読書メーター始めました

読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理

以前から、読書履歴と感想を記録する良い方法ないかなー、といろいろ試行錯誤してたんですが、コレは割と良さげなサービスなので、ここ2ヶ月くらい使ってみてます。

今までは、(A)このブログに記録したり、(B)CLIE(上でcsvファイル)でタイトルと読了日を記録してみたり、(C)Amazonの「ほしい物リスト」を使ったりしてたんですが、どれも一長一短でした。

(A)ブログに記録するのは面倒ですな。気が向いたときはレビュー書いてましたが、読んだの全部は書けませんでした。

(B)CLIEで入力する方法は、いつでもどこでも手軽に記録、という点では比較的良かったのですが、タイトルや著者、出版社などの情報を入力するのが面倒でした。あと、最近はCLIE自体を使わなくなってしまったので続けるのが難しくなってました。

(C)Amazonのほしい物リストは使い勝手が今ひとつでした。携帯からだと使える機能が限られてますし。

そんな中見つけたのが、この記事。

[ウェブサービスレビュー]読書量をグラフで見やすく表示!「読書メーター」:レビュー - CNET Japan

これは良いかも、と思って登録し、使ってみました。

で、今まで続いてます。
良いと思ったポイントは以下の通り。

(1)書籍情報を検索できる。
(2)読んだ/読んでる/積読/読みたい、の4つのカテゴリで管理できる。
(3)コメントをメモしておける。
(4)読書ペースをグラフで可視化できる。
(5)基本機能は全て携帯からでも利用可能。

ちなみに、(4)が効いてるのか、読書ペースが上がった気がします。一時的なものかもしれませんが。


■6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1616ページ

理系バカと文系バカ (PHP新書)理系バカと文系バカ (PHP新書)
基本的な主張は、「理文両道のススメ」。ですが、「(理系じゃないから)なんとなく文系」に分類される世の多くの人たちに対して、理系的思考を身につけよう、という啓蒙色が強い内容。理系(のつもり)の自分には、示唆に富んだ興味深い内容だったが、「なんとなく文系」の人たちに受け入れられるかどうかは微妙だなー、と思ったり。
読了日:06月30日 著者:竹内 薫
金融工学、こんなに面白い (文春新書)金融工学、こんなに面白い (文春新書)
金融工学は、怪しげな金儲けのテクニックではなく、経済的リスクをコントロールするために考え出された仕組み(技術)の体系である、という立場から、具体例として、先物取引やオプションの目的、適正価格の理論的導出方法などが丁寧に説明される。筆者の主張は、負の面(の誇大喧伝)だけにとらわれず、現代の経済活動を支える大きな要素として、金融工学を正しく学び(教え)、有効活用していく必要がある、というもの。説明は難しい箇所もあったが、本書の主張には納得。
読了日:06月24日 著者:野口 悠紀雄
スケッチは3分 (光文社新書)スケッチは3分 (光文社新書)
「3〜5分で描けるようなスケッチ」の方法が、素材や視点の選び方、線の引き方、省略画法などの基本的技法と、小物から風景から人物まで様々な対象をスケッチした実例で説明されてます。本格的に絵を描きたいわけじゃないけど、仕事や日常生活の中でちょっとした絵をサラサラっと上手く描けると良いなあ、と思ってる人には良い教本。
読了日:06月21日 著者:山田 雅夫
学問のすすめ (岩波文庫)学問のすすめ (岩波文庫)
福沢の文章はまるで雄弁な演説をそのまま文字に記録したような調子で、読んでいて痛快。
読了日:06月20日 著者:福沢 諭吉
ロボットにつけるクスリ―誤解だらけのコンピュータサイエンスロボットにつけるクスリ―誤解だらけのコンピュータサイエンス
世間的に言われているコンピュータやロボット、AIに関する誤解が、具体例を挙げて理論的に解かれていく。が、それだけでなく、コンピュータサイエンスの可能性についても、著者自身の考えや読者(特に若い世代)への期待がちりばめられており、良い刺激になった。
読了日:06月12日 著者:星野 力
[オーディオブックCD] 方丈記(CD1枚)[オーディオブックCD] 方丈記(CD1枚)
都では、災害で人が死に、建物は焼け、憂いが多い。自分は都を離れ、静かに隠遁生活を送ることにした。…という話。表現は比較的平易なので大体理解できた。
読了日:06月10日 著者:鴨長明
[オーディオブックCD] 陳舜臣 著 「ものがたり史記」(CD6枚)[オーディオブックCD] 陳舜臣 著 「ものがたり史記」(CD6枚)
面白かったけど、やっぱ中国の地名や人名は字を見ないとわかりにくい。あらためて書籍版を読みたくなった。
読了日:06月10日 著者:陳舜臣
死んだ金魚をトイレに流すな―「いのちの体験」の共有 (集英社新書)死んだ金魚をトイレに流すな―「いのちの体験」の共有 (集英社新書)
読了日:06月05日 著者:近藤 卓
思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書)思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書)
読了日:06月05日 著者:郷原 信郎

読書メーター

Posted by hide at 12:36 | Comments (0) | TrackBack

2009年07月16日

[Book] 自助論

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
Samuel Smiles 竹内 均

三笠書房 2002-03
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「天は自ら助くる者を助く」という言葉に象徴される「自助の尊さ」を、過去の偉人達の逸話を豊富に交えて説いた啓蒙の書。

本書は竹内均による現代語訳版ですが、明治初期に中村正直によって日本語訳されたのが「西国立志編」とか。
あー、日本史で出てきた出てきた。名前だけ覚えてる。

神や国家(政治)の助けに依らず、一人一人の人間が勤勉・努力を旨とし、自分自身の助けによって身を立てるべし、それがひいては国家の繁栄にも繋がる、という主張は、同時期に発表された福沢諭吉の「学問のすゝめ」と通じるものがあります。

明治維新から間もない当時この2冊がベストセラーになった、というのは納得。
むしろ、この本が19世紀半ば、当時世界一の強国だったイギリスで書かれた、というのが興味深いです。

日本は、その後(この本のおかげもあってか)一時は欧米列強と肩を並べるまでに成長しました。
第二次世界大戦で敗北してどん底も味わいましたが、そこからまた復活して経済大国にのし上がった背景には、福沢やスマイルズの思想が影響しているのかもしれませんね。

が、一方のイギリスは次第に勢いを失い、今ではその地位をアメリカに明け渡してしまった、というのはちょっと皮肉な感じ。

…なーんて、よその国のことをどうこう言う前に、現在の日本の停滞感を変えるには、もっと自助の精神が必要だなー、と思いましたよ。

Posted by hide at 01:18 | Comments (2) | TrackBack

2009年07月12日

[Book] ビジネスマンのための「数字力」養成講座

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮 一慶

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-02-27
売り上げランキング : 2927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニュース等では目にするが今までピンと来てなかった様々な数の意味や関係に気づかされ、「なるほど」の連続でした。

例えば、

・日本のGDPはいくら?
・つーか、GDPってなに?
・付加価値って?
・じゃあ労働分配率は?
・てことは平均年収は?

といったように、順を追って説明されるので、よく頭に入ります。

読者が、流し読みせず、ちゃんと考えながら読み進めるように誘導する文章・構成になっているのも特徴。

そうは言っても、この本を読み終わっただけでは不十分。

経済指標や財務諸表を継続的に観察し、変化を感じ、自分なりの分析・仮説を持つことを実践してこそ、この本を読んだ価値があるというもの。

じゃ、まずは勤務先の財務諸表でも眺めてみますか。
(ここでは紹介できませんが)

Posted by hide at 21:18 | Comments (2) | TrackBack

2009年07月10日

[Book] 朝10時までに仕事は片づける―モーニング・マネジメントのすすめ

朝10時までに仕事は片づける ポケット版―モーニング・マネジメントのすすめ朝10時までに仕事は片づける ポケット版―モーニング・マネジメントのすすめ
高井 伸夫

かんき出版 2009-05-25
売り上げランキング : 65529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現代を生きるビジネスパーソンに必要な心構えについて、著者の経験を踏まえて語られ、行動指針や新たな気づきを与えてくれる本。

…なんですが、肝心の「朝10時までに片付ける」とか「モーニングマネジメント」に関しては、方法論、具体策ともやや物足りない印象が残ったのがちょっと残念。

「早起き」ノウハウ本として読むと肩すかしを喰らうかも。

広義の自己啓発本としては悪くないと思いますが、個人的には内容的に目新しい部分はそんなに多くありませんでした。
(自己啓発本ブーム?の昨今、これに限らずどれ読んでもそうかもしれませんが)

Posted by hide at 23:08 | Comments (0) | TrackBack

2009年07月09日

[Book] 「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解く新しいアプローチ

「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解く新しいアプローチ (ブルーバックス)「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解く新しいアプローチ (ブルーバックス)
増田 直紀

講談社 2006-02
売り上げランキング : 15284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここでいう「ネットワーク」とは、コンピュータの世界だけの話でなく、「繋がり」「伝播」の意味での広義のネットワークの意。

・ネットワークとグラフ理論の研究の歴史。
・ネットワークの「スモールワールド」「スケールフリー」といった特徴・性質の解説。
・実例として、伝染病や脳の情報処理、通信、社会、ビジネス等におけるネットワークの構成と性質。

について、図を多用してわかりやすく説明されてます。

例えば、「平均6人くらいを仲介すれば世界中の誰とも繋がっている」って話は、よく耳にしますね。

これは「ネットワーク内の任意の2点間の平均距離は小さい」ことを示す例の一つで、人間関係だけでなく、多くのネットワークが同様の性質を持つとか。これがスモールワールド性の特徴の一つ。

具体例として、「ベーコン数」というゲーム(?)が紹介されてます。
ベーコン数とは、任意の俳優とケビン・ベーコンとの間の共演関係距離が何人か、という値。

↓下記サイトで試すことが出来ます。

The Oracle of Bacon
http://oracleofbacon.org/

日本の俳優(映画に出たことがある人)のデータもかなり入ってます。
例えば、森光子は3、森繁久弥も3、八名信夫も3、タモリも3、デーモン小暮閣下も3でした。近い!
(全体平均は2.95くらいだそうです)

スケールフリー性ってのはやや難しいので復習のため説明。違ってるかも(正しくは本読んでください)。

「N(x) = 友達がx人いる人の数」

とすると、N(x)は、x=4くらいの時に最大となり、xが大きくなるにつれて小さくなっていく。
が、例えばx=100とかx=1000のように大きくなっても、N(x)は指数関数的には減少しない。

つまり、xが極端に大きい時にもN(x)は一定数だけ存在する、という場合がある。

これをベキ分布と呼ぶ。Amazonのビジネスモデルがよく引き合いに出される「ロングテール」も同様の性質。

感染症の拡散の仕方を考える場合に、人間関係をネットワークとして捉え、スケールフリー性やスモールワールド性を考慮すると、その広がり方や、有効な対策が見えてくる、という話は(奇しくも新型インフルエンザの拡散が世界的な問題になっている今)興味深い内容でした。

Posted by hide at 22:39 | Comments (0) | TrackBack

2009年07月04日

[Book] 理系のための研究生活ガイド

理系のための研究生活ガイド―テーマの選び方から留学の手続きまで (ブルーバックス)理系のための研究生活ガイド―テーマの選び方から留学の手続きまで (ブルーバックス)
坪田 一男

講談社 1997-09
売り上げランキング : 56994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の経験を踏まえ、「研究を生業とする」ために必要な心構えやノウハウが紹介されている本。

著者は医学分野の研究者で大学に属する立場ですが、他の分野の研究者にとっても参考になる内容です。

研究テーマの選び方や論文の出し方、学会発表のコツ、留学に必要な手続き、といった純粋?な研究生活ガイドだけでなく、マスコミの利用方法、研究費の集め方などの泥臭い面も含めて「研究生活」全般について書かれており、非常に興味深いです。

「研究内容を(専門家だけでなく)一般の人にも広く伝える努力をすべき」「研究成果のパテント化が重要」などの指摘は、「わかっちゃいるけどなかなか…」と思う研究者が案外多いのではないでしょうか?

私の場合、工学系で企業の研究部門に属しているので実際の立場は異なりますが、「仮に大学で研究している立場だとすると…」などと想像してみることで、今の研究生活を見直す良いきっかけになりそうです。

Posted by hide at 23:53 | Comments (0) | TrackBack

2009年07月02日

[Record Review] CANTA / きらきら

きらきらきらきら
CANTA MCU ルーク篁

VAP,INC(VAP)(D) 2008-09-26
売り上げランキング : 53259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. オルタナ
2. SHINE
3. 108 -2008 ver.-
4. Hello!
5. Monster
6. In My Room
7. THE WORLD IS MINE? -2008 ver.
8. 悲しき絆創膏
9. GOOD MORNING,WILD TIMES! -2008 ver.-
10. DRY & HEAVY BLUES -2008 ver.
11. Fly! -きらきらver.
12. Adieu!
13. Tonight3
14. 1400km/h(feat.MCU)
15. HAPPY BIRTHDAY TO YOU! -2008 ver.-
16. 春の嵐

ルーク篁率いるCANTAのベスト盤「ノリの良い曲だらけ」仕様。

新曲1を含む16曲もの楽曲が1枚に収まっているのは非常にお買い得。
だって、どれもこれも名曲揃いですもの。

ハード&ヘヴィな曲から、軽快なロックンロールまで、とにかくきらきらです。

現在入手困難な1st、2ndの曲が"2008 ver."として収録されているのもポイント高いです。
CANTAのレベル(特にルークの歌)が初期の頃よりグッと上がってる今、このニューバージョンは非常に嬉しい。

その他、最新アルバムのオープニング曲の14がMCUのラップ入りにマイナーバージョンアップされてるのも聴きどころ。

「CANTA?あー、ルークがやってるバンドね。聴いたこと無いけど」
…な信者(&元信者)の皆さんに是非聴いてほしい作品。


最近一人でドライブするときは全曲通して歌いまくってます。声枯れまくってます。
でも良いんです。

ありがとうルーク、雷電、MASAKI。

Posted by hide at 23:57 | Comments (0) | TrackBack