2010年05月28日

[Gadget] バッファローのiPod用FMトランスミッタが2個続けて壊れた…

お茶の間にヘヴィメタルを: バッファローのiPod用FMトランスミッタ買ってみた

今年の初め、相方のiPod nano(2nd)を車で聴けるようにしてあげようか、と思い立ち、高嶋政伸の店に行って、バッファローのFMトランスミッタ(BSFM04BK)を買いました。

バッファローコクヨサプライ BUFFALO iPod用FMトランスミッタ フレキシブルアーム 低ノイズ ブラック BSFM04BKバッファローコクヨサプライ BUFFALO iPod用FMトランスミッタ フレキシブルアーム 低ノイズ ブラック BSFM04BK

バッファローコクヨサプライ 2009-11-05
売り上げランキング : 5722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しばらくはMJを聴いて楽しんでたんですが、2〜3ヶ月くらい?で調子悪くなりました。

具体的には、シガーソケットに挿しても電源LEDすら点かない状態。もちろんiPodの音声をFM波で飛ばしてる様子は皆無。調子悪いというか壊れたというか。つーか、間違いなく壊れてます。

うーむ。

値段も値段だし、修理するって手は無いだろうから、仕方ない、違うのを買うか、と思い立ち、中村俊輔の店に行って、またバッファローのFMトランスミッタ(BSFM03BK)を買いました。

バッファローコクヨサプライ BUFFALO iPod用 FMトランスミッター スイッチ式 低ノイズ設計 ブラック BSFM03BKバッファローコクヨサプライ BUFFALO iPod用 FMトランスミッター スイッチ式 低ノイズ設計 ブラック BSFM03BK

バッファローコクヨサプライ 2008-09-05
売り上げランキング : 1031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しばらくはMJを聴いて楽しんでたんですが、1〜2週間くらい?で調子悪くなりました。

具体的には、シガーソケットに挿しても電源LEDすら点かない状態。もちろんiPodの音声をFM波で飛ばしてる様子は皆無。調子悪いというか壊れたというか。つーか、間違いなく壊れてます。

うーむ。

値段も値段だし、修理するって手は無いだろうから、仕方ない、違うのを…いや、待て待て。また同じ過ちを繰り返すかもしれんぞ。よーく考えよう。お金は大事だよー。

・相方の運転が荒くてガツガツ振動したせいで壊れたのか?
 → んなーこたーない。

・ウチの車(ホンダのモビリオスパイク)のシガーソケットがおかしいのか?
 → 未確認だけど12V以上の電圧かかるとは考えにくい。

・ワタシがYマダ電機で買ったバッファローのFMトランスミッタがたまたま2個ともヤワだったのか?
 → (この中では最も)ありそう。


てことで、次回は、ドリフターズの店に行って、バッファロー以外のFMトランスミッタを買おうかと考え中。

Posted by hide at 23:44 | Comments (0) | TrackBack

2010年05月06日

[Eating] ノンアルコールビールテイスト炭酸飲料飲み比べ

まだ連休継続中なので、昼間っからドイツ産のホルステンノンアルコールビールと国産のキリンフリーを飲み比べました。

ホルステンはやや荒っぽく苦味が強い印象。
一方のキリンフリーは後味すっきりだけどやや軽すぎる気も。

アルコール度数は、ホルステンの0.03%に対し、フリーは0.00%と、「ノンアルコール度」ではフリーが上。

でも、350ml缶1本の0.03%ってことは0.105ml。100缶飲んでようやく3%の弱いビール1缶と同等のアルコール摂取が可能、というレベル。

もはやどっちでも良い感じ。

興味深いのはホルステンの缶の成分表記が英仏独西葡エストニアの各言語に対応してること。
世界的にもノンアルコールビールの需要は高いんでしょうか。

キリン(ほか日本メーカー)も世界で活躍して欲しいですね。


ホルステンノンアルコール・ビール(缶・ケースのみ)


キリン フリー350缶(350ml)1ケース24本入

Posted by hide23 at 16:20 | Comments (0) | TrackBack

2010年05月05日

[Hobby] HG ガンダム Ver.G30th 製作記(2)

ガンダム製作つづき。

実家滞在中なので完全素組みです。ニッパーも一般工作用を使っているため、ランナーからの切り出し部の処理も適当です。

てことで、雑にやってる分、サクサク作ってあっという間に本体まで組み上がりました。


さすがにスタイル良いですね。

可動部も多く、長座もできます。

ここまででも「ガンダム大地に立つ」までは再現できますが(ザクがいれば)、サスガにちょっと寂しいので、時間あったら武器も作ります。

Posted by hide23 at 13:23 | Comments (0) | TrackBack

2010年05月04日

[Hobby] HG ガンダム Ver.G30th 製作記(1)

長崎新地の花火屋さん「錦昌號」で花火とガンプラ買いました。

半年前にHG イナクト アグリッサ型作って以来、しばらくガンプラ作ってなかったのですが、去年と同じくGWで実家にいる間に1体作ろうかと思いまして。

ちなみに去年のGWはGN-X III作りました。
お茶の間にヘヴィメタルを: HG GN-X III(連邦軍型)製作記(1)
お茶の間にヘヴィメタルを: HG GN-X III(連邦軍型)製作記(2)
お茶の間にヘヴィメタルを: HG GN-X III(連邦軍型)製作記(3)

さて、今回買ったのはHG RX-78-2 「ガンダム」 Ver.G30th。
名前は長いですが、つまり1/144ガンダム。定価1200円。

30年前の最初の1/144ガンダムが定価300円だったので価格比は4倍ですが、プロポーションといい可動部の多さや可動範囲の広さといい、中身はそれ以上に進化してると言っていいでしょう。
更にビームライフルだけでなくハイパーバズーカからガンダムハンマーまで装備がイロイロついてくるのでお買い得。

で、一日目は胴体と頭まで作りました。無塗装でここまでできるとは。
昔のキットだとここまでで部品数10個もなかっただろうけど、HGだとポリキャップも合わせて20個以上あるかな。

ただ、ランドセルにビームサーベルの柄を固定する部分が少しゆるいのが気になります。僕のはめ込みが甘いせい?

つづきはまた明日。

Posted by hide23 at 20:31 | Comments (0) | TrackBack

2010年05月03日

[Eating] 長崎新地中華街の江山楼(新館)に来ました(つづき)

この中華セットはお子様ランチです。なんと豪華な。下手な大人用のランチより本格的ですな。

「ちょっとちょーだい」
と娘のを少しいただきました。子供用なので辛味は抑えてありますが、良い味です。

さて、肝心の大人のコース料理の写真は無し。写真撮る間もなく取り分けて食べちゃいました。はは。

それだけでは何なので、後半のプチとんぽうろうだけ撮りました。甘辛い角煮を饅頭に挟んで食べます。ふふ。

ちなみに、デザートの「ワンちゃんぼうる」は中華胡麻団子(写真撮り忘れ)。基本は中にこしあんが入ってるんですが、1個だけカスタードクリーム入りの「当たり」が混じっているという趣向。当たった人はプレゼントが貰えるみたい。
(次回割引券かなんか?自分が当たらなかったので詳細不明)


レンジで簡単、便利な専用レンジパック付。プチとんぽうろう(10個セット)

Posted by hide23 at 21:15 | Comments (0) | TrackBack

[Eating] 長崎新地中華街の江山楼(新館)に来ました

長崎新地中華街の美味しい長崎ちゃんぽん|中国菜館江山楼

連休中ということもあり、中華街は大賑わい。江山楼も待ち客多し。

予約してて正解。大人5人子供2人
飛び込みで来てなかなか入れない観光客の皆さんごめんなさい。
(ま、ワタシ達も観光客みたいなもんですが)

お品書きでございます。
デザートの「ワンちゃんぼうる」が気になりますね。


王さんのちゃんぽん(2食入)

Posted by hide23 at 19:33 | Comments (0) | TrackBack

2010年05月02日

[Eating] 長崎バイオパークでインカ帝国に思いを馳せる

長崎バイオパーク ZOOっと近くにふれあえる動物園&植物園

長崎バイオパーク内のレストラン「ケーナ」で昼食中。

南米セットを注文したところ、「インカコーラ」なるものがついてきました。
黄金文明の帝国インカにちなんだコーラで、アメリカで大人気、とのこと。怪しい(笑)。
「原産国:アメリカ」と書いてある。ますます怪しい(笑)(笑)。

コップに注いでみると確かに黄金(笑)(笑)(笑)。

ではいただきます。

(ゴクリ)

…ゲータレードですな(笑)(笑)(笑)(笑)。


さて、楽天で調べてみました。


インカコーラINCA KOLA 355ml×24

上記商品リンク先の説明によると、「インカコーラはペルーのコーラなのだが、ペルーには『缶』を生産する技術がないので、缶入りのインカコーラはアメリカで生産している」らしいです。

ほほう。まじですか。

Posted by hide23 at 14:02 | Comments (0) | TrackBack

[Book] 頂きはどこにある?

頂きはどこにある?頂きはどこにある?
門田 美鈴

扶桑社 2009-09-08
売り上げランキング : 5908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「物語」の登場人物が「成功している老人と悩める若者」なのが「仕事は楽しいかね?」を連想させます。

前作「チーズはどこへ消えた?」の方が良かったと思う点二つ。
(1)「物語」が童話っぽくてより印象に残った。
(2)「物語」を聞いた後のディスカッションがより具体的で様々な読者の問題に応用しやすそうだった。

教え自体が目新しいものではない分、演出・構成にもう一工夫が欲しかったところ。

Posted by hide at 10:38 | Comments (0) | TrackBack

2010年05月01日

[moblog] 長崎に来ています

(写真は特に意味なし)

毎回思うのですが、長崎はタクシーの運転手さんが親切です。言葉も丁寧だし、荷物もすすんで持ってくれます。個人的な経験上ですが。

どこと比較してそう思うかというと、茨城。

特に県南の駅前で、無愛想だったり気が利かない運転手さんに当たったことが何度かあります。
(もちろん、たまたまめぐり合わせが悪かっただけかもしれませんが)

また、タクシー乗り場での客待ち中の態度が見てて気持ち良くない運転手さんも茨城(県南)に多い気がします。

そういうトコロ改善されたらもっと利用客増えるんじゃないかなー、と。増えたら良いなー、と。

なんて、長崎から茨城にちょっと複雑な思いを馳せたりなんかした初日。

Posted by hide23 at 23:21 | Comments (0) | TrackBack

[Book] 4月の読書メーターまとめ

今月は29冊。先月のまとめで予想した通り、V字回復しました。

惜しい。あと1冊で1冊/日ペースだったのに。

ジャンル別に見ると、

【経営】
■ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
■ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
■もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
■バカ社長論 (日経プレミアシリーズ 5)
■組織に染みついた「呪縛」のはがし方
■餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

【社会】
■7割は課長にさえなれません (PHP新書)
■会社で心を病むということ
■格差の壁をぶっ壊す! (宝島社新書 311)
■実録事業仕分け

【教育】
■絶望からの出発―私の実感的教育論 (講談社文庫 そ 1-8)
■ 頭のいい子が育つパパの習慣 (PHP文庫)
■頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫)

【自己啓発】
■なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 4.0
■「一勝九敗」の成功法則 (知的生きかた文庫)
■超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
■残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
■勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
■大人げない大人になれ!

【お金】
■ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか?―「お金タイプ」でわかるマネー術
■年収200万円からの貯金生活宣言
■ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
■不況を生き抜く!お金の常識

てな感じかな。
先月は歴史モノを読まなかったなー。今月は読むぞ。

4月の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:7161ページ

格差の壁をぶっ壊す! (宝島社新書 311)格差の壁をぶっ壊す! (宝島社新書 311)
格差の壁は心の壁、考え方を変えればそんなものはぶっ壊せる、という主張の本。著者の指摘にはなるほどと思える点も多いが、「考え方を変える」ことこそが一番難しいことなんだよなー、とも思った。格差の壁もまたバカの壁の一つなのかもしれない。
読了日:04月30日 著者:堀江 貴文
大人げない大人になれ!大人げない大人になれ!
ビルゲイツの逸話は面白い。「神話をつくろう」「子供のように読書をしよう」は取り入れたい。模型も再開しようかな。「目標持つな」「期限ぎりぎり」「英会話いらない」はまあそういう場合もあるかな、と。
読了日:04月29日 著者:成毛 眞
ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか?―「お金タイプ」でわかるマネー術ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか?―「お金タイプ」でわかるマネー術
お金に対する考え方を6つのタイプに分け、それぞれのタイプ毎にお金との付き合い方がアドバイスされる。タイプ分けチャートがシンプル過ぎるように思うが、結果にはある程度納得。自分はカメ7+リス2+ウサギ1くらいかな〜と。
読了日:04月28日 著者:ジョーダン グッドマン
実録事業仕分け実録事業仕分け
09年11月に行われた事業仕分けでのやり取りの実録、関係者の声、天下り先法人の実態など、旬な内容が盛り込まれている。仕分けチームの構成や実際のやり取りから、門外漢の議員が単に金額だけ見て廃止・削減指示しているわけではない、ということはわかった。「一番か二番か」で話題になった「スパコン」に関しても、表面的な報道では見えなかった議論の要点が明らかにされている。
読了日:04月28日 著者:若林 亜紀
北野大vsビートたけしの新環境文化論 もったいないねこのバチ当たりめ!北野大vsビートたけしの新環境文化論 もったいないねこのバチ当たりめ!
「専門家」兄まさると「教養ある市民」弟たけしとの「環境」をテーマにした対談。二人の立場の違いが議論の幅を広げており、読み物としては面白い。東京の下町育ちで貧乏生活してた二人に共通する価値観は、母親の教え。それが「もったいないね」「このバチ当たりめ!」という本書タイトル。物質的な意味にとどまらず、大事な教え。
読了日:04月28日 著者:北野 大,ビートたけし
年収200万円からの貯金生活宣言年収200万円からの貯金生活宣言
貯金生活、何となくイメージできるけど、実践テキストとしてはちょっと物足りないかも。借金の解決法について、自己破産以外にも幾つか打つ手がある、という話が個人的には新しかった。
読了日:04月27日 著者:横山 光昭
ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
マネーにまつわる世間の闇を童話を通してやさしく語る。これ読んで目からウロコが落ちまくったお友達は要注意。第二弾出ないかな。
読了日:04月26日 著者:マネー・ヘッタ・チャン
不況を生き抜く!お金の常識不況を生き抜く!お金の常識
内容はマネー雑誌やビジネス雑誌に載ってそうな「お金の常識」度クイズ。利回りから税金まで幅広い項目が一冊69問にまとまってるのが特徴。図書館で借りて読むくらいでちょうど良かった。
読了日:04月25日 著者:泉 正人
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
女性向けに書かれているが、男性も二つの視点で興味深く読める。一つは性差はさておき想定読者としての視点で読むこと。もう一つはこの本で書かれている「いい男」と自分とを比較して読むこと。以下自分向けリマインダ:じょうぶな心(1)愚痴を言わない(2)笑う笑う笑う(3)姿勢を整える
読了日:04月24日 著者:勝間 和代
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
著者が実際に見た「残念な」例と「残念でない」例が具体的に対比されていたのは良かった。もっとたくさんの「残念な」例が挙げられていたら更に良かった。
読了日:04月23日 著者:山崎将志
超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
「行動科学」については「すごい実行力」の方がより詳しく書かれている。主題の「整理術」については、行動科学というよりは著者流のやり方の紹介が多いように感じたのがやや残念。「ピンポイント行動」を意識するのは重要だと思った。
読了日:04月22日 著者:石田 淳
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
ドラッカーの「マネジメント」に誘導するための本としては、非常によくできてる。小説としては文章は拙いし、展開もお約束というかそれはズルイというか、ツッコミどころは満載だが、そんなことは本書の狙いではない、というのも読めばわかる。理論だけ書かれてもイマイチ自分の仕事や置かれている環境に当てはめて考えられない頭悪い自分には、作り話とはいえこういう具体例で適用方法が示されるのは非常にありがたい。「ザ・ゴール」に近い方法論な気がするが、女子高生を主役にもってくるあたりが日本独特かも。
読了日:04月21日 著者:岩崎 夏海
「一勝九敗」の成功法則 (知的生きかた文庫)「一勝九敗」の成功法則 (知的生きかた文庫)
言いたいことは頭では納得するんだけど、「○○はこう言った」とか「△△人の格言で…」みたいな引用がひたすら続く構成(洋書に多いパターン)は、今一つ心に響かない。
読了日:04月21日 著者:ジョン・C・マクスウェル
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセスザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
前作は生産管理の話だったが、本作はビジネス全体を対象とした思考プロセスの話。実践するツールとして、〈**ツリー〉がたくさん出てきた。一読しただけではそれぞれの目的や作り方は飲み込めてないが、TOCの考え方を学んでみようかな、という気にはなった。小説形式で、危機的状況→問題分析→解決策立案→成功、というプロセスを一通り俯瞰できる点で良い入門書。
読了日:04月20日 著者:エリヤフ ゴールドラット
「農」をシゴトにしよう! 農業入門―週末農業から高収益経営まで「農」をシゴトにしよう! 農業入門―週末農業から高収益経営まで
ゼロから農業を始めようと考えている人に向けた「農業の始め方」指南書。作物選定、農地取得から販売方法まで、ちゃんと考えてから始めよう、という趣旨は、正にビジネス書。理論だけでなく実例が多く紹介されているので読み物としても面白い。農協や農業政策の様々な問題点も明らかにされており、勉強になった。
読了日:04月16日 著者:週刊ダイヤモンド
頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫)頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫)
前作「頭のいい子が育つパパの習慣」の続き。続けて二冊ざっと読んでみたが、内容は前作とほぼ同じ。違いは、「父と子の会話」「子供への言葉のかけ方」という切り口でまとめ直されてる点。なので、どっちか一冊でも十分。
読了日:04月15日 著者:清水 克彦
頭のいい子が育つパパの習慣 (PHP文庫)頭のいい子が育つパパの習慣 (PHP文庫)
自分の事をちゃんと語り、子供の話をちゃんと聞き、一緒に考え、一緒に動く…「頭のいい子」の父親になるための在り方が色んな具体例で示される。自分が普段から意識してやってる(言ってる)ことも多く含まれていた。「頭のいい子」か否かの比較用に参照されるデータが、学校の成績の良し悪しや中学受験での難関校合格、な点はちょっと片寄ってるような気もする。
読了日:04月15日 著者:清水 克彦
絶望からの出発―私の実感的教育論 (講談社文庫 そ 1-8)絶望からの出発―私の実感的教育論 (講談社文庫 そ 1-8)
1975年頃に雑誌連載された「教育」をテーマとしたエッセイをまとめたもの。当時の教育や学校における問題(不登校や家庭内暴力)を背景としている部分もあるが、子供の「教育」「躾」に関する著者の考え方は(全てに賛同するわけではないが)現代においても通用する普遍性を持つ。何より「教育する側」の親(だけでなく大人全般)が、自らを省み、自らを教育することが求められている。
読了日:04月14日 著者:曾野 綾子
組織に染みついた「呪縛」のはがし方組織に染みついた「呪縛」のはがし方
「呪縛」をはがすには知識や手法だけでなく、感情が大事。考えるだけでなく行動する。「意識改革」とだけ言っても意識は変わらない。行動によって意識が変わってくる。著者のコンサル経験に基づくドキュメンタリー調なので、普通のhow-to本よりも読者の「感情」に訴えるものがある。それに感染しちゃうのも手かなー。
読了日:04月13日 著者:加藤 丈博
会社で心を病むということ会社で心を病むということ
社員のうつ予防には、会社としての取り組みが必要。管理職は特に影響力が大きいので注意。下手に職場復帰を急ぐと逆効果。むしろ適切な復帰プログラムの整備を。自分自身、以前に原因不明の頭痛・めまいを発症した経験があるが、心気症だったのかもなー。幸いそれ以上はヒドくならなかったが。
読了日:04月12日 著者:松崎 一葉
国際宇宙ステーションとはなにか (ブルーバックス)国際宇宙ステーションとはなにか (ブルーバックス)
宇宙開発が身近に感じられる一冊。ISSに滞在する宇宙飛行士は英語だけでなくロシア語も必須ってのが面白い。「必要十分が肝心。より良い、は敵」という技術開発に対する考え方が印象に残った。
読了日:04月12日 著者:若田 光一
図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術
整理術としては基本的な内容だが、図を多用してわかりやすくまとめられている。入社間もない新人の教育用に良さそう。新人でない自分にとっても幾つか参考になるネタあり。
読了日:04月12日 著者:
iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)
2007年のiPhone発表直後(日本発売未定の頃)に書かれた本。前半で、Web2.0は技術でなく現象であり収益モデルは特に新しいものではない、と論じられるが、対してiPhoneのビジネスモデルはどう(だと主張しているの)か?が今一つ読み取れなかった。(著者曰く)ユビキタス挫折の一要因であるUI混乱問題に対しても、結論としてはiPhoneには解決の可能性がある、という程度。全体的に脇道が多くて主旨が曖昧になっている気がする。ただ、脇道自体は面白いので読み物としては良い。
読了日:04月12日 著者:岡嶋 裕史
バカ社長論 (日経プレミアシリーズ 5)バカ社長論 (日経プレミアシリーズ 5)
期待したよりは「バカ社長」ネタが少なく、「ちゃんとした社長ならこうすべし」な話が多かった。内容的にはためになると思うが、もっと「バカ社長」が際立つような構成だったら更に面白かったのに、と思った。
読了日:04月12日 著者:山田 咲道
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
小説形式で会計が学べる、という本。トリッキー(というか今風)なタイトルから予想した雰囲気とはちょっと違ってた。本文と図の対応がややわかりにくかったのと、小説としての面白さがもう一つだったのが残念。
読了日:04月11日 著者:林 總
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 4.0なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 4.0
やっぱ『すぐやる』に尽きるなあ。こういう本は定期的に読み返してチェックしないと、今までの習慣はなかなか変えられないもの。といって、この本をオフィスのデスクに置いておくのもこっぱずかしい。ムムム。
読了日:04月08日 著者:ケリー・グリーソン
イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
連作短編5本一気に読んだ。神経科医伊良部の常識破りな診療(?)にぐいぐい引き込まれ、「早く次も読みたい!」な感じに。この作品自体に中毒性あり。現代人のストレスを鋭くコミカルに描く手法は素晴らしく、自分も伊良部の診療を受けたような爽快な読後感。カート・コバーンに読んで欲しかった…。
読了日:04月04日 著者:奥田 英朗
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
まず、組織の目的を明確化(=金を儲けること)。優先して取り組むべきことは経費節減よりまずスループットを上げること。そのためにはボトルネック(制約条件)を見つけ、改善案を策定し、導入すること。部分最適化ではなく、全体最適化を目指すTOCの考え方が小説形式で書かれている。本編は生産管理が対象だが、終盤はマネジメントへの適用の可能性が示唆される。個人の仕事・生活にも応用してみると面白そう。
読了日:04月03日 著者:エリヤフ ゴールドラット
7割は課長にさえなれません (PHP新書)7割は課長にさえなれません (PHP新書)
年功序列廃止、同一労働同一賃金化、キャリア多様化…により労働市場の流動化を実現しなければ、雇用問題・労働者間格差問題は解消されない、という話。タイトルは「課長にさえなれません」だが、趣旨は「みんなが課長になれる」システムへの回帰ではなく、「課長にならなくても仕事次第でそれ以上の報酬が得られる(勿論逆もあり得る)」システムへの移行を提言する内容。既得権益者任せではシステムは変わらない。その意味では改革は若年層の自己責任でもある。
読了日:04月02日 著者:城 繁幸

読書メーター

Posted by hide at 08:25 | Comments (0) | TrackBack