2013年02月03日

[Book] 1月の読書メーターまとめ

1月はゼロでした。以上。

…じゃあんまりなので、もう少しちゃんと書くと、実はこれ1冊だけ読みました。
(もう一回読み直そう、と思って、読書メーター上で「読了」にしてなかった)

曰く、「最高を目指す競争」は利益を生まない悪循環であり、そこに陥らないためにこそ「戦略」を考えるべき。競争優位性は単に技術や価格などの単要素で語られるものではなく、他社とは異なる市場の設定、その市場から最大の利益を得るための体制と活動によって決まる、と。

「最高を目指す競争」は、実は何も考えなくても良いので目標設定自体は簡単(あらゆるスペックで他社を凌駕!かつ価格は他社より安く!…みたいな)だけど、それをやってたら利益が出なくなって競争の参加者はみんな滅びますよ、という教えが繰り返し出てきます。

といって、他社より先に「ブルーオーシャン」な市場を探せば良いのかと言うと、それだけでは容易に他社に模倣され、結局またそこで「最高を目指す競争」が始まるのは必至。有望市場を見つけ、一つや二つの差別化要素だけで戦っても、他社の模倣を免れるのは困難。

真の差別化とは、いかに自社内外のバリューチェーンをその市場に最適化していくか、だが、それは一朝一夕でできるものではないし、永久不変のゴールがあるわけでもない。したがって、そこに必要なのは根底となる「戦略」である。

もちろん、どんな「戦略」が良いのかは、自分で考えるんですよー。

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:0冊
読んだページ数:0ページ
ナイス数:16ナイス


読書メーター

Posted by hide at 12:35 | Comments (0) | TrackBack

2013年02月01日

[Eating] ランチパック ビーフシチュー (赤ワイン入り) を喰らう

さて久々のランチパックはビーフシチュー(赤ワイン入り)です。

「赤ワインを入れて、じっくりと煮込んだビーフシチューをサンドしました。」とのこと。具としてはそんなに意外性があるワケではありませんが、パッケージの「立教大学」がちょっと気になります。なになに、立教大学経営学部の学生との共同企画製品です、とな。

130201_1215~01.jpg

ちなみに、裏返すと、「佐々木ゼミの愉快な仲間たち」の似顔絵が。ま、当然ながら一人も知らないので「似顔絵」かどうかはわかりませんが。

130201_1215~02.jpg

中身を半分に割ってみました。ビーフシチューっぽいです。ちょっと赤っぽいです。

130201_1217~01.jpg

では、いただきます。

もぎゅもぎゅ…ふむ、あーなるほど、ええ。
確かにおしゃれで上品な味わい。もうちょっとガツガツした感じでも良いような気もするけどそれだと立教ぽくないのかも(何を言ってるのか自分でも意味不明)。

ところで、なんで立教大学?と思ったら、こういう企画のようですな。

『キャンパスランチパック』4品を新発売 〜 早稲田大学、明治大学、法政大学、立教大学の学生と共同企画 〜 (山崎製パン(株)ニュースリリース)

●早稲田大学の学生との共同企画製品 「ランチパック(メンチカツ&たまご)」は、同大学に毎年1万人の新入生が入学していることから、受験生の皆さんに試験に勝ってほしいという願いを込めて「カツ」を使用しました。

●明治大学の学生との共同企画製品
「ランチパック(オムレツハヤシ風)」は、同大学駿河台キャンパスの食堂の人気メニューであるオムレツハヤシをイメージしました。

●法政大学の学生との共同企画製品
「ランチパック(焙煎キーマカレー)」は、校名にちなんで"HOっとなSEI春!"をテーマとして、心も体もホットになってもらいたいという思いで、少し辛めのキーマカレーをサンドしました。

●立教大学の学生との共同企画製品
「ランチパック(ビーフシチュー)赤ワイン入り」は、赤ワインを使用したビーフシチューで同大学のおしゃれなレンガ校舎をイメージしました。

法政大学のムリヤリなこじつけに好感が持てるので次は是非「焙煎キーマカレー」を食べてみたいところ。

Posted by hide at 22:36 | Comments (0) | TrackBack