2013年06月12日

[Eating] おかめ納豆 完熟トマトソース風味 を喰らう

たまにはパンやラーメンじゃなく違うものも取り上げてみよう、と思って近所のスーパーをうろうろしてたら納豆コーナーで珍しいものを発見、したワケじゃなくて、先日ご飯のお供に何かないかなーと冷蔵庫を開けたらたまたまそこに入ってただけだったりするのが、今回取り上げる「おかめ納豆 完熟トマトソース風味」でございます。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130609%20122810.jpg

「なっとう」という字よりもはるかにでっかく「完熟トマトソース」と書いてあって、右上のおかめキャラが描かれてなければ一瞬「え、何これ?」なパッケージ。でもって左下には小さい字で「超極小粒」その上には更に小さい字で「とても小さい」とシツコイ断り書き。「極小粒」でも小さそうなのに、その前に「超」がつくとなると、これは未だかつてないレベルで小さいに違いない!とワクワクしながらフタを開けます。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130609%20122812.jpg

フタを開けると中身はフツーの納豆と同じく、納豆とタレ。期待したほど「超」小さくはないけど、まあまあ小さい納豆と、最大の特徴であるところの「完熟トマトソース風味」のタレ…だと思うんだけど、タレ袋には「Cookなっとうのたれ」としか書いてない。むむむ。

気を取り直してタレをかけて混ぜて混ぜて混ぜまくってご飯に載せてみました。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130609%20122815.jpg

こうして見ると豆の大きさが米粒に近いようにも見えて、まあ極小粒なのは認めてやろう、という気持ちに。でも「超」はなあ。

そんなことはさておきいただきます。

そそ…ねとーー…はぐ…もぎゅもぎゅ…んぐ、んまー。

「完熟」と謳うだけあってトマトの酸味はかなり抑えられてるので、そんなにトマトトマトしいしつこさはないですが、確かにトマト風味です。つか、「トマトトマトしい」とか勝手に形容詞つくるなって。

普段食べる納豆のタレは鰹節または昆布だしに醤油やみりん等を加えたもの(たぶん)なのですが、この「完熟トマトソース風味」タレもなかなか美味しいです。トマトのグルタミン酸がだし効果を発揮してるのかも。違うかも。

こうなると、もっとひねった納豆(というかタレ)が出てきてもよさそうですな。

残念ながら納豆そのものは売ってなかったけど、「おかめちゃんの納豆レシピ」なる本を発見したので貼っときます。

Posted by hide at 01:13 | Comments (0) | TrackBack

2013年06月10日

[Eating] 山岡家 醤油ラーメン を喰らう

…と言っても、山岡家に行ったわけじゃありません。近所のドラッグストアで「サッポロ一番 山岡家 醤油ラーメン」なるカップ麺を見つけたので、試してみた、というわけ。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130602%20143603.jpg

こんなパッケージです。今現在「全国131店舗も展開」してたら「伝説」じゃないだろ、という気はしますが、約20年前に通ってた山岡家1号店の牛久店は伝説と呼んでも差し支えないんじゃなかろうか、とか思ったり。

「インパクトのある香りの濃厚豚骨スープに…」のあたりにムズムズしますね。はっきり「臭い」と書いてしまえ!とか思ったり。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130602%20143609.jpg

フタを開けると中身はこんな感じ。かやく、海苔、粉末スープ、液体スープ。海苔がついてるあたりはサンヨー食品さんよくわかってらっしゃる。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130602%20143613.jpg

かやくを麺にのせてお湯入れてフタして5分後にスープ入れてかき混ぜて海苔をのせたところ。かき混ぜた麺と混ざっちゃったほうれん草をかき集めてチャーシューも上に置き直してそれっぽく盛りつけてみました。

では、いただきます。

ふーふー、ずず…あちっ…ひー、ふーふー…ず…もぎゅもぎゅ…んぐ、ずず…あちっ…ず…んぐ、ふー。

では、感想をば。

■麺
ノンフライの太麺。ホンモノほど極太ではありませんが、しっかり食べ応えのある麺です。山岡家のややクドいスープには太麺が合いますな。量はちょっと少なめな印象。もっと食べたい感が残りました。

■具
具は、ネギ、ほうれん草、チャーシュー、海苔。ほうれん草とのりが山岡家っぽいです。さすがにチャーシューは薄いのでホンモノほどの味わいと食感には届きません。あと、細かいけど、山岡家なら海苔は3枚じゃないと!

■スープ
山岡家最大の特徴の匂いの強い(≒臭い)豚骨ベースのスープとその表面をガッチリコーティングする油が再現されてます。油で保温されてるのでスープが熱々でうっかり啜るとやけどしそうになるところもホンモノっぽい。

■総合
スープはなかなか山岡家です。麺がもうちょい太くて固まりチャーシューが入ってれば更に山岡家になれそう。シツコイけど海苔は3枚じゃないと!

お好みで細長く切った白ネギとかおろしにんにくとか豆板醤を加えても良いでしょう。ちなみにワタシの定番はネギ味噌なので味噌バージョンが欲しいところ。

#ちなみにホンモノはこちら

http://www.yamaokaya.com/

Posted by hide at 23:41 | Comments (0) | TrackBack

2013年06月01日

[Book] 5月の読書メーターまとめ

5月の実績は3冊でした。残念。

約5週のうち、1週は連休、1週は海外出張、1週は国内出張、だったせいでうまく時間をコントロールできなかった、ってところか。

ちなみに、3冊のうち2冊は図書館。1冊はKinoppyでした。
http://k-kinoppy.jp/

同じタイトルでもKindleの方が微妙に安かったりするんだけど、iPod touchやiPadから使う場合には、購入と読むのが同じアプリに一体化されてる点で、Kinoppyの方が使いやすい。

iPadにはAmazonショーケースという専用アプリがあるんだけど、Kindleコンテンツはカタログ閲覧しかできなくて、購入するにはSafari等でAmazonのページを開いてKindle版を購入する必要あり。で、読むには、今度はKindleアプリ開いて…、と面倒。

だったらKindle専用デバイス買いなさい、というプレッシャーなのかもしれないけどね。

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:640ページ
ナイス数:21ナイス

サイケ (集英社文庫)サイケ (集英社文庫)感想
自分とはちょっと世代違うけど少しわかる部分もあり、でもやはり一つ昔の話な印象。周防くん面白いけど怖いわ。
読了日:5月28日 著者:姫野 カオルコ
このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれこのムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ感想
ついこないだまで偽悪者で生きてきたつもりがいつの間にか偽善者になりつつあるような気が。もっと大人げない大人にならなきゃ!とはいえ、実力もないのに書かれてることを表面的に真似るだけじゃダメだわね。
読了日:5月28日 著者:成毛 眞
人生のプロジェクト (Sanctuary books)人生のプロジェクト (Sanctuary books)感想
内容は他の自己啓発書の類と大差ないけど、写真や言葉の使い方が非常にうまいので、他の、例えば、著者の経験をクドクド説明したり、外国の研究者の実験結果を引用したり、社会や宗教に拠り所を求めたり、といったスタイルの本よりも、自然にスッと入りこんでくる。
読了日:5月26日 著者:山崎 拓巳

読書メーター

Posted by hide at 09:48 | Comments (0) | TrackBack