April 19, 2004

ソースを読もう

もうかなり前になるが、社内のWebサイトにこんなコラムを書いた。


生涯一プログラマ


そんな当時読んでいたシリコンバレー日記が装いも新たに帰ってきた
で実は、当時のシリコンバレー日記に書かれた、某O社のデイリービルドに関する記事を元に僕は、自分のプロジェクト(当時プロジェクトは始まったばかしでまだソースコードが存在しないプロジェクトだった)にCVSを核とするソースコード管理の仕組みを導入した(新人のくせに偉そうな奴であった)。まずは、CVSを調べるところから始まった。その過程でぶつかったmozilla.orgCVSに関するドキュメント日本語訳を社内の啓蒙用として作ったことがきっかけでもじら組に係わることになった。
そのときのプロジェクトに導入したCVSを核とするデイリービルドの仕組みは未だにプロジェクト内で脈々と受け継がれており、件の某DBカーネルにはかなわないが、社内史上最大規模のソフトウェア(某キャリア向け大規模ネットワーク管理システム)の構成管理、リリースエンジニアリングをささえるインフラとして定着した。
つまり、今の僕があるのは、シリコンバレー日記のおかげである、と言っても過言ではない。そんな氏の手による日記が再び読めるようになった。かつて嬉々として読んでいたコラムを再び読み返して感じたことは、「ソースを読まなきゃ。」であった。


Posted by money at April 19, 2004 4:35 AM | TrackBack
Similarly Feeds
Comments
Post a comment









Remember personal info?






Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004