July 24, 2007

人材育成?

経産省と文科省が足並みを揃え、IT業界の人材育成に本腰:ITpro

なんか、とても違和感ありまくり。

なんか、何でもできて自分たちの思い通りに動くスーパーエンジニアを大量生産する、という夢想のような気がしてならない。

こういう会議の中で発言してる人の中で、本当にソフトウェアエンジニア出身で、自らも「スーパーエンジニア」として鳴らしたこともある、という経歴の持ち主はどれぐらいいるんだろう?IT産業からもエライ人が参加してるみたいだけど、エンジニア出身者はあまりいなさそうだし。

たとえば、仮に、今日本のプロ野球が低迷してる、とする。そのときに、その低迷理由を、「イチロークラスの選手がいないからだ。」という結論を出すのは簡単でも、イチロークラスの選手をそう簡単に産み出せないというのは理解されるので、こういう結論は出てこない。

USのシリコンバレーも、別に、IT業界の人材育成に力を入れた結果が出ているわけではなく、そういう人材を世界からひきつけているだけ。つまり、オールスター選抜を知らず知らずに作ってるってわけ。

官僚の天下りを全面否定するような話が出てくると、必ず出てくる話題に、「それじゃ、優秀な人材が確保できない」というものがある。
つまり、人材育成プログラムなんか必要なのではなくて、本当に必要なのは、優秀な人材を惹きつけるだけの「旨み」を用意することだ。

エンジニアも大金持ちになっていい、あるいは、大金持ちになれる可能性がある、ということはほりえもんが立証してくれた。 

日本という国は、何か失敗したり、失言したりすると、全人格が否定されたり、それまでの功績もすべて否定するような傾向があるけど、上記の意味でのほりえもんの功績はとても大きいと思うし、その点はエンジニアのキャリアパスの一例として評価されてもいいと思う。(その後の粉飾決算が悪かったんだろうけど、そういう意味で言ったら、日興コーディアル証券の方が額的には大きいし、正直、よくわからない。派手にいろいろやりすぎたので、ねたみ、やっかみの対象になったことは、この国の国民性からとても理解できるんだけど、そういった感情は認めたらダメでしょう。)

ってなわけで、エンジニアの皆さん、がんがれ(自分も含めて)。


Posted by money at July 24, 2007 12:35 PM | TrackBack
Similarly Feeds
Comments
Post a comment









Remember personal info?






Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004