August 31, 2003

買い物あれこれ

遅ればせながら夏休みに入ります。夏休み用のお買い物をちらほら。
その中でも、これまで読みたくてまだ入手できてなかった本を調達。


なお、最後の奴は、著者本人のサイトもあるし、cutの山形氏の書評とか、同じく山形氏の朝日新聞の書評等でも有名。散々探した挙句ようやく出会えた1冊(おそらく、探した本屋は10件ほど)。

Posted by money at 11:56 PM | Comments (2) | TrackBack

August 30, 2003

続GNU arch

9章あげました。

Posted by money at 2:31 PM | Comments (0) | TrackBack

あかん

Continuing the discussion...
TrackBack URL for this entry:
http://andore.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/128

Listed below are links to weblogs that reference 'オンラインプレゼンテーション例(Flash Communication Server)' from klog.

アクセスしたらブラウザが落ちる。
Opera 7.20B7 でございます。なんでかなぁ。。。

Posted by money at 1:20 AM | Comments (1) | TrackBack

August 29, 2003

GNU arch

archって実は、GNU プロジェクトだったのね。GNU関連の翻訳許可ってどうすりゃいいんだろ?

というわけで、遅々として進めてますが、ようやく第8章まで進みました。まだまだ先は長いです。

でも、BLOGのドキュメントって検索エンジンには引っかからないんじゃ?って気もしなくもない。。。

Posted by money at 2:56 AM | Comments (0) | TrackBack

「XXXは良い**だよ」と語り合った夜

え!? 12? ぼくの持っているPink Bubbles〜には11曲までしか入ってないが、落丁もの?

あ。輸入版。

ってことは、ボーナストラック?

「嫉妬と車海老」だっけか?

Posted by money at 12:03 AM | Comments (1) | TrackBack

August 27, 2003

ますたま!(濱田マリ風に)

あえて、ヘッドライナーではなくオープニングアクトを主題に持ってきたのはなぜ?

実は鱒麩羅よりも鱒玉の方がメインだった?

なんてコメントをつけてはみたが、
どうせだから、トラックバックのテストをば。
果たしてどうなるか?

Posted by money at 3:26 AM | Comments (0) | TrackBack

August 25, 2003

CVSの次!?

今、ソフトウェア開発におけるリビジョン管理システムといえばCVSを入れて、閲覧用に、cvswebというCGIスクリプトを入れてWebブラウザでリポジトリをつらつら眺めるというのが一般的だと思う。もちろん、お金のあるプロジェクトだとClearCaseのようなものを使うかもしれんけど、中身は似たようなもんでしょう。

さて、CVSは内部的にRCSを叩いてるので、所詮、RCSの複数ファイル対応したインタフェースに過ぎない。したがって変更履歴としてはもちろんファイル単位の更新差分を記録することでリビジョン管理を行っている。で、実際のプロジェクトだと、ディレクトリ構成の変更とかって結構あるんだけど、それに対応できないんで運用上あまりよろしくない。そうすると、やっぱりこの辺のまずいところをわかってる人がやっぱりいて、archという新しいリビジョン管理システムのプロジェクトを見つけました。ことの発端は、Xouvertという次世代のX Window Systemのサイトで見つけたから。で、いろいろ探したんだけど、日本語ドキュメントがまだ世の中にないので、とりあえず、マニュアルの翻訳をはじめました。訳のクオリティよりも速報性を重視してます(笑)。コメントとか誤訳とかあったら、こちらにでもなんなりとご指摘いただけると幸いです。

Posted by money at 3:51 AM | Comments (0) | TrackBack

August 24, 2003

週末起業

週末起業 ちくま新書 藤井 孝一 (著)を読了。

早い話が、


  • 終身雇用はなくなった

  • ビジネスを立ち上げろ!サラリーマン

  • でもいきなり独立開業はリスクがでかいぞ

  • そこで自分の趣味として休みを費やしても平気なネタでビジネスしなさい

  • バイトのような副業は時間、つまり人生の切り売りだから止めなさい

  • 本業を超える収入が得られるようになってからでも退職は遅くない


という感じ。
確かにそうなんだけど、ビジネスのネタが.....
文筆業って、時間の切り売りなんだろうか? 印税で入る額次第か。

Posted by money at 7:40 AM | Comments (0) | TrackBack

ますたま&ますぷら

久しぶりのライブ。場所は渋谷クアトロ。初めてだと思いきや、ブラガで来てた。
さて、中身は、、、、

このライブ以降、PINK BUBBLES...がヘビーローテーションしてます。

Posted by money at 7:33 AM | Comments (0) | TrackBack

August 19, 2003

それに引き換えホンダは.....

さすがの洗脳暦*十年の阪神ファンな私でも、この車は欲しいとは思わない。

いくら、ベース車がボクスターになっても、AMG500になってもやだ。

Posted by money at 2:33 AM | Comments (0) | TrackBack

Open Z

いいなぁ、Zのオープン仕様、FAIRLADY Z ROADSTER。
もともと新しいZは、お尻のシルエットが好きになれない(なんか、重心が高いように思える)んだけど、オープンになると、上がなくなったせいか、比較的重心が低めに見えるのがいいと思う。

Posted by money at 2:25 AM | Comments (0) | TrackBack

オープンソースと営利企業

最近、オープンソースの話題が多い。九州の某自治体が自分たちで開発したシステムをオープンソースにするとかいいながら九州以外からはライセンス料取るよ、とか言ってみたり、電子政府関連でもオープンソースをもてはやす発言がお役人から飛び出したり、と本当に話題には事欠かない。でも、なんか変。ライセンス料とっちゃオープンソースじゃないだろう? 政府がオープンソースであるかどうかの認定をしてどうするよ?やっぱりなんか理解されていないような気がする。まぁ、自分たちが関わってるプロジェクトや仕事、団体あるいは自分自身その他が得すりゃいいやと思ってる輩にはオープンソースは理解できないでしょう。また、開発工数が削れるという理由でオープンソースなソフトを採用する企業にもオープンソースに貢献する意思なんてないもんね。そういう意味でオープンソースの使い方がうまいのはIBMなんだけど、他の企業も、もっとオープンソースなプロジェクトを育てる、という視点に立ってくれると、少しはましなんじゃないかな?

政府も「国産のオープンソースソフトウェアが少ない」などとピントはずれなことを言うのではなく(オープンソースに国境はありませぬ)、例えばPublicなサーバファームを用意して自由に使わせる(図書館のように、身分証明付で認証させて会員は自由にCPUパワーを利用できるような仕組み)とか、もう一歩踏み込んだ貢献をしてくれると面白い動きが出てくるんじゃないかな。

未踏プロジェクトで稀有な才能を探し出すのもいいんだけど。

ってなことをIT Pro Java Raderなるメルマがのコラムを読んでふと思ったさ。

Posted by money at 1:54 AM | Comments (0) | TrackBack

August 18, 2003

10日間で男を上手にフル方法

確かに自分の部屋にぬいぐるみを置いたり、仕事の邪魔を平気でするような女だと男は引くわな、と思いつつ、いろいろと笑わせてくれる映画である。

エンディングへの話のまとめ方は創造の範囲内であり、どんでん返しは全くないが、他にハッピーエンドに持っていく手がなかったんだろう、と納得。
純粋に笑えるラブコメディ。

最近、流行ってる(?)ドラマ、セックスアンドシティがいける人だったら行ってよし。
でも、観客の約8割は女性であることをお伝えしておく。(まぁ、内容的には無理もない)

Posted by money at 1:38 AM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004