September 29, 2003

中央線トラブルとプロジェクト管理

中央線が大変だったみたいです。確かに、土曜夜の三鷹駅は駅員総出+警察からの応援でごった返してました。だって、電車が到着するたびに、「振り替えバスをご利用の方はこっちでーす」って叫んでるんだもん。

で、大変なのは実はこのあと、翌朝だったようで、予定通りに作業が終わらず、昼過ぎまで止まってたそうな。まぁ、思いがけない故障が発生した、とかいろいろ理由はあるだろうし、JR側の謝罪の際にも「見通しが甘かったと言われれば言い返す言葉もない」と認めているようではありますが、ここに昨今のプロジェクトマネジメントの甘さが露呈しているのではないだろうか。

さて、「見通しが甘かったと言われれば返す言葉もない」と言っているが、ではこの見通しって何だ?

まず考えられるのは、作業量の見積もり精度が甘く、予想外に時間がかかった、というもの。次は、思いがけないトラブルは発生したことに予想外に時間がかかった、というもの。そして、そもそもプロジェクトとして技術的な理解が浅く、起こるべくして起こったもの。
今回の中央線のトラブルについては、2つめのようではあるが、配線ミスという情報もあるように、最後の可能性も捨てきれない。
で、これと同じようなことは、ソフトウェアの世界では日常茶飯事なのであるが、技術的理解が追いついていないことが原因で起こっているものが圧倒的に多いと感じるのは小生だけだろうか?
そもそもソフトウェアが分かってるマネージャがまれであり、その分かってないマネージャが分かったような気になって、全体を指揮し、分かってないのに分かったような気になってる技術者が現場で作業している、というのが実情ではないだろうか?
もちろん、そんなことはない、とおっしゃる恵まれた環境で開発をされている方も多数いらっしゃるかと思いますが、少なくとも、人月の神話がはびこる世界でまだ悪戦苦闘する私としては、そう考えずにはいられないのである。この理解の浅はかさが、システムを不安定なものにし、トラブルを絶え間なく招き、また根本的な解決をせず、表面的に解決した気になっててさらに次のトラブルを招く、という悪循環。産業の空洞化という言葉があるが、知的ノウハウも空洞化してるのではないだろうか?システムが複雑になりすぎている、危険だ、と警鐘が鳴らされることもよくある話ではあるが、一番危険なのは、システムが複雑すぎることではなく、システムを理解せずに作っている、今必要とされている技術の本質を理解できるだけの優れたエンジニアが絶対的に不足している、いや、育てていないということである。

Posted by money at 5:50 PM | Comments (0) | TrackBack

September 28, 2003

GNU Archチュートリアル

先日からしこしこと遅々としながらも続けてきたGNU archに関するチュートリアル和訳ですが、拙作よりも優れた和訳を見つけてしまいました。
ARCH チュートリアル

また、日本語オリジナルなチュートリアルについてもこちらに、用意されています。つーことで、私の和訳作業はここで止めますた。

Posted by money at 7:27 PM | Comments (0) | TrackBack

アクセスログ

いまさら、ではありますが、自分のアクセスログを見る方法を知りました。つらつらと眺めてると、いろんなキーワードで検索かけて、その結果として我がサイトにお越しいただいてることがわかり、またキーワードもばらばらでこれがなかなか面白い。せっかくなので、サマリを作ってみました。
アクセスログサマリ
自動化はできてないので、いつまで続けられるかわかりませんが、この程度のアクセス量であればなんとかなるでしょう。

Posted by money at 7:05 PM | Comments (0) | TrackBack

September 25, 2003

GNU Arch(10)

Project Tree Inventories

ちょこっと進みました。

Posted by money at 2:00 AM | Comments (0) | TrackBack

BOSS

月刊BOSS
小沢一郎特集につられて購入。
キングメーカーだ、闇将軍だと何かと世間の評価が低い小沢さんですが、この人ほど日本の将来について明確なビジョンを持ってる政治家っていないと思ってます。本特集での焦点は、今日締結された民主党、自由党の合併話ですが、この人の論点は、10年前の著書、日本改造計画で訴えてたこととちっとも変わらない。もっとも、日本は10年前から何も進歩してない、ってことにもなりますが、「失われた10年」とも申しますし。

小沢は言い切った。「この日本に二大政党制、真の議会制民主政治を実現させる。僕はレールが敷ければ後は、囲碁でもやってのんびりします。」と。

やっぱりこの人は縁の下の力持ちこそが似合う人であって、決して表舞台に出てくるべき人じゃない。人には持ち場というものがある。自由党が失敗したのは、影武者として優秀な人材を看板にしてしまったこと。これからは、官直人という看板を手に入れた小沢一郎の本領発揮に期待したい。

なんて、Hide氏の真似して政治ネタでした。

Posted by money at 1:07 AM | Comments (0) | TrackBack

September 13, 2003

Vacation

さて、いまさらという気がしないではないが、今月第1週は夏休みを取ってました。今年は、去年とは違ってリゾートでのんびり、というテーマを設定し、日本人のためのリゾート地、グアム。同僚のご夫人が某旅行会社にお勤め、ということで前もって参考意見を伺った上で、そこのツアーに乗っかりました。月曜(9/1)か火曜(9/2)出発で4日間ということでプランを考えた結果、ツアーの空き状況の都合により、2日朝出発、5日(金曜日)夜帰国という週の平日をフルに利用するタイプに。金曜夜発とか、週末を絡めるより安上がりなので、結果的にワンランク上のホテルだったのでは?という気がしてます。ちなみに、空いた月曜は、出社するような野暮なことはせず、ジュラシックパークインスティチュートツアーへ行きました。これは、あの映画の中の研究所が原宿にできた、という設定で、映画の中のように、その研究所を見学できる、というアトラクションでございます。夏休み企画ということで、秋までしかやってませんので、夏休みが終わった今が一番の見頃ではないでしょうか?さすがに9月入ってからの平日なだけあって、比較的空いてました。内容は...ここでは申しますまい。まぁ、十分チケット代に見合うだけの内容である、と言っておきましょう。スタッフも結構、気合入ってました。あ、研究所の施設として、いろいろコンピュータも置いてあった(要はパソコン。デルが多かった。スポンサーしてるのかな?)けど、目に見えるところに置いてあるキーボードはすべて、なぜかHHKの黒だった。スタッフに変なのが混ざってる模様。

2日(火曜日)
さて、初日。成田発9:45だったので、ツアーとしての集合時間は、2時間前の7:45。今回は、車で成田へ行くことにしました。渡航中は、近くのUSAパーキングというところを使ってみました。結局4日間の保管、最終日前日に無料洗車(機械式)、エアポートまでのバス送迎つきで2000円ちょい、だからまぁリーズナブルなんではないでしょうか?ちなみに、帰国時の車受け取りの際に、ドアにライトを当てて、「傷ついてるぞー。どうしてくれる?」と係員に詰め寄ってる馬鹿もいましたが、そんなに気にするんならこういうところ、使うなよ、と思います。ちなみに、我が愛車は、いまさら小さい傷を探すまもなく、よく目立つ傷があるので気になりません。
3時間のフライト後、そこは常夏の島...の前に、ツアー全員の点呼と、巡回バスへの振り分けを経てホテルで落としてくれます。この辺の手際の悪さはどうにかならんか?とも思いますが、まぁこれがあるからこそ安い料金なのでしょう。
初日は、ホテルチェックイン後、少しだけ、ホテル内のプールとビーチにて水につかりました。ここでびっくりしたのは、ひざぐらいまでの遠浅のビーチで、足元で泳ぐ熱帯魚を見たことでしょうか。これを体験すると、日本の海で泳げなくなる、という某友人の言葉に信憑性が増します。

3日(水曜)
翌日は、日本から予約していたオプションによる、海のアクティビティで遊ぶ1日。ジェットスキー、バナナボート、パラセイリングを楽しみました。遠浅のビーチから離れて、パラセイリングの空から眺める海の青さは格別。でも、ここのビーチは、水が濁ってて魚は皆無なので、一通り楽しんだ後は、ホテルのビーチにて魚見物。

4日(木曜)
唯一海に入らなかった日。
朝から、HAMAMOTO Tropical Fruit Worldという果樹園のツアー。園内ツアーと、フルーツ試食、ヤシの実加工の実演等。
夕方戻ってきて、観光客向けの実弾射撃。38口径、44口径マグナム、ライフルを撃ちました。元々突発的な音に弱い相方が、途中でギブアップしてしまったので、悪いことしたな、と少し反省。(「ギブアップしたんじゃない。6発中、2発を命中させ、首を撃ち抜いたから嫌になりました。銃規制推進者になります。書き直せ。」とは相方の弁。)

夜は、Sand Castleという、ディナーショーにて、食事とショー(なぜか、このサイト、日本語)。本場ブロードウェー(だったか、ラスベガスだったか)仕込みという触れ込みで期待してましたが、まぁ、それなりに楽しめました。男性ダンサー陣の体の動きにキレがなかった、というのは、相方との共通した見解。

5日(金曜)
最終日は、前日海に入れなかったので、朝から海。早朝は雨(スコール?シャワー?)に降られましたが、スグにやみました。で、昼前にチェックアウト、お土産購入等を経て岐路へ。

結論:
1:グアムは、日本だ。
2: 少なくともアメリカらしくはない。
3: こういうところへの旅行は、ホテルの質で決まる。(今回利用した、GUAM REEF HOTELはビーチへもホテルのプールからそのまま行けるし、当たりだったと思います。アウトリガーウェスティンホテルに挟まれ見劣りする点もありますが、一応、ホテル街の一等地、海岸沿いに位置し、全室オーシャンビューではずれなしという点も評価ポイントかと。)
4: 確かに日本の海では泳げなくなる。
5:でも、何度も来ようとは思わない。
6: これ以上日程が長いと、(多分)飽きる。
7: ネットはつながらない、と思え。(そんなとこ行ってまでつなぐな、という話もありますが。)
8: やはり、ああいうところでは、大阪弁は目立つし、耳障りだ。
9: 腕時計の防水つき、という言葉は過度に信じないこと。(そのまま海に入って、見事に溺死しました。)

ってとこでしょうか。

Posted by money at 3:47 AM | Comments (0) | TrackBack

September 11, 2003

JavaScript 対応 Web ダウンローダー

Continuing the discussion...
TrackBack URL for this entry:
http://andore.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/161

Listed below are links to weblogs that reference 'JavaScript 対応 Web ダウンローダー' from klog.

昔からWebクロウラっていろいろあるけど、いまいち用途がわからないのよねぇ。確かに昔だと回線が細いからまとめて落としてきて後で読む、って使い方ができるとは思ったこともあるんだが、ぶらぶらあちこちのリンクをたどることで新しい発見があると思ってるので、特定サイトをまとめて落とす、という行為にメリットが見出せないでいた。
よろしかったら、利用例のようなものをご教授ください。

Posted by money at 1:47 AM | Comments (2) | TrackBack

四季 春

四季 春 森博嗣
著者のデビュー作、すべてがFになるで強烈な印象を残した天才科学者 真賀田四季の幼少期に迫る物語。その他にも森ミステリィお約束の複線とも言える登場人物にも出会える。S&Mシリーズを読んだ人であれば必読もの。
ちなみに、僕は、S&Mシリーズは読破できてなかったりするんだが。どっちかというと、森さんの書くフィクションよりも日記とかノンフィクションの方が好みだったりするんだが、ひょっとして少数派?

Posted by money at 1:37 AM | Comments (2) | TrackBack

落札

ヤフオクにて。FOSTEX 10W150を落札。前回、こんなテーブルを落として以来か。
定価7200円のところ、2発で3900円也。さて、これで、スピーカーを作るのである。最初は、こんな感じに、センター用25cm口径2発のサブウーファーでも、と考えたが、それでは、うちのアンプだとパワーが追いつかないようで、師匠からの助言により、ツイーターを追加し、2本の2wayバスレフ型に決定。追加するツイーターは、FOSTEX FT17Hあたりを想定。これをホーンツイータとして利用する。もちろん、ホーンは自作の予定。さて、どうなることやら。あ、ちなみに、これは、業務用(PA用)のウーファーである。目指す音は、”低音にパンチのあるハードロック専用”であることは言うまでもない。でも、ツイーターとのクロスオーバー帯域あたりが弱くなるようで心配。

Posted by money at 1:24 AM | Comments (0) | TrackBack

September 9, 2003

プラネタリウムを作りました。

プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星
大平 貴之 (著)

きっかけは小学生の時に夜光塗料を塗った紙を小さく切って部屋にオリオン座の形に貼り付けたことから始まった。
この物語は、私と同じ年の、自分の部屋で星空を眺めたいと思った少年が20年もの歳月をかけ、ついに世界一のプラネタリウムを個人の手で生み出すに至った半生を自分の手で綴った壮大なプロジェクトXである。
著者曰く、「僕はエンジニアだ。そしてプロだ。エンジニアとは、プロとは何だろう。技術を持っていることだろうか。いくら高度な知識や技術を持っていても、人の役に立てないようではただの独りよがりにすぎない。プロとは、与えられた条件の下で最善の結果を出せる者のことだ。自分の持つものを、いかに世の中が期待する形で提供できるか。それこそが重要なのだ。」
♪風の中のスバル〜  砂の中の銀河〜♪

理系離れが叫ばれる中、将来の技術立国を担う小中学生に読ませたい一冊。

エンジニア諸君、買ってよし。

Posted by money at 1:01 AM | Comments (0) | TrackBack

会社はこれからどうなるのか

会社はこれからどうなるのか 岩井 克人 (著)
日本がわが世の春を謳歌している80年代、アメリカは不況にあえいでいた。ジャパン・アズ・ナンバーワンとのたまい、浮かれている間、アメリカは必死に日本の企業を研究し、自らの構造改革を進めていた。そのアメリカが不況から脱出し、史上に類を見ない大好況を謳歌した90年代、日本は未曾有のバブル後にあえぎトンネルの出口を見つけられないでいた。そうして21世紀になり、日本は未だに見つけられないトンネルの出口を捜し求めている。一方、アメリカはエンロン、ワールドコム事件を筆頭に企業統治のあり方を再考しつつある。(うちの会社は、世の中に遅れること10年、ようやくバブルが崩壊した模様。)
さて、日本型企業と米国型企業、会社とはどうあるべきか?そもそも会社は誰のものか?いや、会社ってなんぞや?という疑問に答えてくれる好著。日本企業の構造を往年の資本主義に最適化された組織構造と位置付け、現在のポスト資本主義には向かない組織構造であることを指摘し、ポスト資本主義の現在、会社とはどういう存在であるべきかを述べる。
曰く、
人間が創意と工夫を必要とする仕事を内発的に行うためには、中央集権的な階層組織ではなく、自由で独立した環境が不可欠です。(中略)具体的には、仕事の内容を自主管理に任せるとか、指揮系統を水平的にするとか、自由裁量的に使える予算をつけるとか、外部の人間との知的交流を促すとか、勤務時間をフレキシブルにするとか、オフィスを居心地の良いものにするとかといった、いわゆるソフトなインセンティブが重要になってきます。(言い換えれば、会社をアメリカやイギリスの大学のような組織にするということにほかなりません。(中略))
うちの管理職諸君、全員、スグに買って読め。

Posted by money at 12:43 AM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004