September 27, 2004

JSF-Spring 1.0 released.

SpringとJSFを統合するJSF-Springというライブラリがリリースされた。とあるところにあった説明によると、、、



バージョン1.1.よりSpringでは、基本的なJSFの基本機能がサポートされているが
このSpringによるJSFサポートと、JSF-Spring、両者のアプローチの違いは以下のようなものだ。


Spring:JSFとSpringとの間をリンクする


Springでは、JSFのVariableResolverのSpringによって管理されたビーンを意識した実装が含まれていて、JSF表現で、ビーン名を参照することでビーンへのアクセスができる。したがってこれが基本的に行うことは、JSFにSpringビーンへのリンクを提供することだ。このソリューションで十分な場合がほとんどだろう。


JSF-Spring: 両フレームワークの統合


JSF-SpringはSpringに対してJSFで管理するビーンを含んだWebApplicationContextを用意し、Springのコンテキスト階層に取り込んでいる。したがってSpringビーンをJSFビーンにすることもできるし、JSFビーンをSpringに組み込むこともでき、より包括的な(双方向の)統合がなされていて、Springの機能をJSFビーンで使うことも可能なのだ。さらに、JSFビーンのスコープを設定するのと同じ方法でSpringビーンのスコープを設定することができ、セッションの追加、リクエストのスコープ設定が可能になる。


ということらしい。

Posted by money at 3:38 PM | Comments (0) | TrackBack

Working with music

で、早速昨日iPodのセットアップをした。付属のCDから家のデスクトップにソフト、ドライバをインストール。iTunesはすでに、CD同梱のものよりも新しいものが入ってるので省略。
で、一通りインストールが終わると、iPodを繋げと催促される。で、ドックをUSBでPCと繋いでドックにiPod本体をセット。いきなり、iPod本体のセッティングが始まる。iTunesからは本体のシリアルNoが背面に刻印されてるからそれを入れろ、と。へぇ、こんなのでiPod本体の認識をしてるわけか。買い替えとかって結構めんどくさくね?
そうこうしてると、PC側のiTunesに登録してあるライブラリ(多くのMP3だち)が全部iPodの方へ転送される。へぇ、速い!1曲あたり、約2,3秒?ほんまかいな。確かに1時間かそこらで1300曲あまりの転送が完了。しかも転送と同時にUSB経由で充電してる。すげぇー。

なんて感じで一通り使えるようにして、早速聴きながら仕事をしてるわけだが、いくらシャッフル演奏とはいえ、I Wishの曲の後にSlayerを持ってくるなんてどうかと思うぞ。
#はい、そこ。「何でお前がI Wishなんか聴いてるんだ?似合わん。」という突っ込みはしないの。これも諸般の事情のため。ちなみに、なぜか娘。の曲もいろいろ入ってたりするのだ。当然、スキップなのだが。ちなみに、栄えある1曲目は、Children of Botoms,で2曲めはTOEIC用ヒヤリングトラックだったりするのもこれまた内緒。

さて、曲の整理しなきゃわけわからんな。(って、整理しないのが、iPod流?)

Posted by money at 2:42 PM | Comments (1) | TrackBack

噂のお誘いメール2

そういえば、こんなのも来てました(当然ながらSPAMフィルタの餌食)。参考まで。



初めまして!土屋由美子といいます。
セックスフレンド募集されてましたよね?
もし、まだ相手が決まってないのならと
思ってメールしています。
自己紹介しますね。
土屋由美子、26歳のおばはんです。
ルックスも自信ないです。ダンゴッ鼻ですし、
肌もメラニンまくりだし。
(以下自主規制につき略)


「26歳のおははんです。」と言ってる時点で、ワタシに関するリサーチができてないのでダメすぎです。
(いや、リサーチされまくってても怖いものがありますが。)

Posted by money at 2:22 AM | Comments (0) | TrackBack

初めての林檎マーク

iPod

誕生日プレゼントに買ってもらいました。生まれて初めてのアップル製品です。アップルのサイトから通販すると、背面にメッセージが刻印できる、とのことで、しっかり入ってます。
さて、使い道考えなきゃな。(通勤は、徒歩10分なので。40GBも容量はいらないのです。フロッピーで十分?)

今のところは英語の教材として使う可能性が高いです。

Posted by money at 2:17 AM | Comments (2) | TrackBack

F1上海GP

佐藤琢磨、アジアに凱旋!
なんてキャッチコピーがはびこる、史上初の中国開催の上海GPでございます。
琢磨は、表彰台まであと2台!なんてテロップが出てますが、現地レポータの芸能人、うざい。
でも、近藤真彦は、芸能人?専門家?結構ビミョー。
ってな感じで見てたら、なにやらコマーシャル直後の番組宣伝コーナーみたいなところでかかってたのは、「Dream Fanfasy」のイントロ。
音効さん、結構マニアだねぇ。個人的にはとても好きな曲だけど、ラウドネス知っててもなかなか「Dream Fantasy」は出てこないでしょう。

音効さん、このサイトにたどり着いたらご連絡ください。今度飲みに行きましょう。(などと言ってみる)

Posted by money at 1:55 AM | Comments (0) | TrackBack

September 21, 2004

富士通のHDD

HDD不良品の無償交換で富士通の負担は100億円超す

最近、噂によく聞く、「最近の富士通のハードディスクってすぐに逝ってしまうので、避けるべし。」というアレですか?
Posted by money at 9:09 AM | Comments (0) | TrackBack

噂のお誘いメール

巷で話題の出会い系サイトのサクラさんからのお誘いメールが来た。
メールはこんな感じ。



黒川ですけど、
何も書いてないメールくださいましたよね?
念のために返信しますが、どちらさまでしょうか?
知人のいたずらですか?


もちろん、Fromヘッダもチマタの情報と同じく、「黒川恭子」さんだし、メールアドレスもYahooco.jpドメイン。もちろん、Receivedヘッダを見れば、「どこがヤフーだって?」って感じのルートを経由。

もちろん、SPAMフィルタに引っかかってジャンクボックスに入ってたので直接被害はないんだが、延々メールのやり取りをした挙句、出会い系サイトに登録させられる、というお話なので、返信してみたくてウズウズしてたりする。

これだけあちこちでおちょくられてるんだから、少しは文面を変えればいいのに。

Posted by money at 8:52 AM | Comments (2) | TrackBack

September 19, 2004

書評にモダンリビングの考え方?

後悔しないための読書†ビジネス書レビュー
僕がいつも参考にさせてもらってるビジネス書専門の書評サイトなんだが、今日アクセスしたら扉の写真に目が釘付け。 これ、イームズの椅子とル・コルビジェのテーブルの組み合わせ、いいですねぇ。以前に、大塚家具だかどっかで、このテーブルを初めて見てからずっと気になっている一品なのです。
Posted by money at 5:01 AM | Comments (0) | TrackBack

コア技術討論会

Jun's 写真NIKKI:討論会
部署ごとにやってることが全く違うといううちの会社の利点を生かし、全く違う分野のエンジニアというか、各部署のキーパーソンを集め、毎回各部署持ち回りのテーマを決めて議論しあう、というこの企画。本来は、そういった軸足を異にするエンジニアがお互いの持ち弾をぶつけ合い、そのシナジー効果を生み出すことを狙いとしているはず(なんでしょ?)。でもねぇ、その本来の効果を得るにはそれぞれのマインドが変わらなきゃだめでしょう。それに、参加メンバも厳選して選ばなきゃ、しゃべれない奴を何人集めても時間のムダだし、自分が軸足置いている分野以外のことにもそれなりに議論に参加できるだけの素養(予備知識?問題意識?)がないと、それこそ、自分、そして自分の部署がやってることの正当性を擁護するだけの発言しか出てこない。これじゃいくら時間かけてもシナジー効果は得られないでしょう。まぁ、諸悪の根源は、あくまでも針金屋さん(ネットワークを張ることを生業にしている方々)のスタンスでしかビジネスを語れない事業本部長か。 今回参加してみて、「俺ってけっこう、引き出し多いじゃないの? あ、だから整理し切れなくて机の周りがぐちゃぐちゃなのか。」と思った次第。とりあえず、「枯れ木も山の賑わい」だろうと思っていろいろしゃべったけど、私一人しゃべったところで発展しないんだから、もっと議論できる奴を集めてよ。>主催者
Posted by money at 1:43 AM | Comments (0) | TrackBack

September 18, 2004

本棚

moneyの本棚
登録してみた。 こうしてみると、けっこう平凡だな。
Posted by money at 5:24 AM | Comments (1) | TrackBack

September 16, 2004

カンパニーマン

カンパニーマンを見た。
スパイものだが、2重スパイなので、これがまたややこしい。監督が同じということもあり、映画全体の雰囲気は、「CUBE」そのもの(って言いすぎ?)、いや映像的にも「CUBE」風なシーンがあちこち。
なかなか映像としても優れているのではないでしょうか?見て損はないです。でも、最後がどうもいまいちなんだよなぁ。もっかい見なきゃ。
あー、ショートカットのルーシー・リュウがかわいいです。

Posted by money at 8:37 PM | Comments (0) | TrackBack

レアル@欧州CL%めざましテレビ

欧州チャンピョンズリーグのレアルマドリードの試合のビデオを流してます。もちろん(?)、ナレーションはあやパン。で、そのビデオのBGMは、Aces High/Iron Maiden でございました。最近、フジテレビって我々と同世代のメタル野郎が音効チームに混ざってませんか?
そんな彼(音効さん)へのメッセージです。

「この道はいつか来た道...REBOOTED」はそんなあなたを応援しています。

Posted by money at 8:17 AM | Comments (0) | TrackBack

September 14, 2004

Googleテスト

オレンジニュース(2004-09-13) Google人材募集の問題「10, 9, 60, 90, 70, 66 と来たら次の数字は?」
普通に思いつくものとしては、 ten(3文字)、nine(4文字)、sixty(5文字)、ninety(6文字)、seventy(7文字)、sixtysix(8文字)と続いてるんだから、その次は?というと、9文字の数で、例えば、ninetysixとか? うーん、これぐらいなら誰でも思いつくからまさかねぇ。
Posted by money at 3:23 AM | Comments (0) | TrackBack

September 12, 2004

F1イタリアGP

今、F1イタリアGPの放送してます。
琢磨の予選のビデオのBGMは、ラウドネスのソルジャーオブフォーチュンでした。ここまでラウドネスの曲、しかもマイクヴェセーラ時代を多用するのって、好きじゃなきゃできないでしょー。がんばれ、音効さん。 (って、F1を見る視点が間違ってる。)

Posted by money at 2:54 AM | Comments (0) | TrackBack

September 11, 2004

アジャイルを実践するには

はてなダイアリー - 今日の役に立たない一言 † Today’s Trifle! †

アジャイル関係の本って、アジャイルに興味を持ったプロジェクトマネージャみたいな人が読んでくれない限り、アジャイルが採用されるっことは無いだろうけど、

アジャイルのような開発プロセスな話というのは、技術サイドがどうこう言ってどうにかなる問題ではなく、やっぱりマネージャ陣や、お客さんとの関係、それに政治的な話が必ずついて回る。特にうちのようなウォータフォールモデル前提でしか話のできないところだと特に。
このままでは、いつまでたってもアジャイルはできないので、僕の場合は、コードを書くことを捨て、プロジェクトを立ち上げる側に回ることで、アジャイルの導入にこぎつけた。うまくいくかどうかは今後次第とも言える。まぁ、どう転ぼうが、楽しい実験の日々がまもなく始まる。知見が得られれば、そのうちここに書くこともあるでしょう。

Posted by money at 5:01 AM | Comments (0) | TrackBack

September 8, 2004

人事評価

今日、人事部主催の「目標設定研修」とやらを受講した。これは、うちの会社が成果主義を標榜し、それを目指し、人事評価の枠組み、考え方を整理し、人事制度を昨年度変更したことによる。本来は、全社員が去年受講しているはずなのだが、なぜか受けてなかったので受けて来い、とご指名を受けたわけである。その研修の冒頭、成果主義の説明として、「成果=業績+行動」とし、業績面と行動面から評価を行うという説明があり、以下のような例示が出た。



Aさん、Bさんという二人の車のセールスマンがいる。二人とも100台売ったとする。でも、Aさんは、席に座って電話をかけてるだけ。それに対し、Bさんは、顧客リストを作ったり、いろいろやったと。こういった場合、Bさんの行動を評価し、Bさんの方が評価する。



この例を聞いたときに「へ?」と思ったのだ。いろいろ策を講じてる奴が、電話かけてるだけの奴と同じ数しか売れないの?だったら、評価は逆なんでは?と。
当然、「その評価、変でしょ?」と質問したのだが、その質問に他する答えは、「会社はそういう考え方をする」というものだった。

やっぱり、私、この会社には向いてない?

だいぶ以前の話だが、TVで坂東英二とか落合とかがしゃべった、「一番偉いのは、練習さぼって、本番でホームラン打つ奴で、その次が練習をまじめにやって本番に結果を出す奴。一番ダメなのが、練習まじめにやって、本番結果出せない奴だ」という話を聞いたときに、すごく納得したのが、こういう考えに結びついてるような気もするんだが。

何も、過程は評価するな、結果だけを評価対象にせよ、というわけではないんだけど(これでもいいんだけど)、あくまで結果があって、それを補足するのが過程に対する評価にすべきなんじゃなかろうか?会社の理屈からすると、Bさんが90台しか売れなかったとしても100台売ったAさんより評価が高くなる可能性がある(これがどうなるのか、質問したかったんだが、できなかった)。これじゃ、公正な評価も何もあったもんじゃない。

なんて思うんだが、やっぱり、私って、この会社向いてないんでしょうか?

Posted by money at 7:47 AM | Comments (5) | TrackBack

フェラーリなPC

Yahoo!ニュース - コンピュータ - ITmediaピーシーアップデート

個人的には、JPSロータスなPCがほしい。あ、ThinkPadベースで自前で作ればいいのか。。。

Posted by money at 5:30 AM | Comments (0) | TrackBack

Spring Framework 1.1(Final) was released!

しばらく、副業(SE、技術営業、プロマネ、コンサル、手配師稼業)の忙しさと暑さにかまけて、本業(翻訳業)がおろそかになってましたが、そうこうしているうちに、
Spring Framework 1.1(Final)がリリースされました。(私の頭の中ではRCの期間はすっぽり抜けちゃいました。)取り急ぎ1.1リリースのニュースアナウンスを試訳しました。ご賞味ください。これにて本業再開。

Anouncement: 我々は、Spirng Framework 1.1(final)をリリースしたことをアナウンスできることをうれしく思います。1.1 RC2以降、いくつかのAPIの説明を行い、多くのバグをフィクスしました。他にもいろんな新機能があります:

  • BeanWrapperImplのプロパティで指定されたカスタムエディタのハンドリングを初期化していないサブパスでも登録できるように変更した。
  • 既存のビーンインスタンスを抱えられるように"applyBeanPropertyValue"メソッドをAutowireCapableBeanFactoryに追加した
  • XMLビーン定義の"abstruct"属性用に "(abstruct)"マーカーを追加
  • ストアドプロシージャから独自の型を返せるSqlReturnTypeインタフェースのサポートを追加
  • JDBCのパラメータ用にjava.util.Dataとjava.util.Calendarからjava.sql.Data/Time/Timestampへの自動変換を追加
  • WebSphereNativeJdbcExtractorにWebSphere 4のサポートとWebSphere 5と4の自動認識を追加
  • WebLogic 7.0でWebLogicJtaTransactionManagerと一緒に使うためのWebLogicServerTransactionManagerFactoryBeanを追加
  • Springトランザクション同期化の代用としてAbstractLobTypeにダイレクトJTA同期化のサポートを追加
  • 頻繁なフラッシュ用に、HibernateOperations/HibernateTemplateとJdoOperations/JdoTemplateにflushメソッドを追加
  • OJBのPersistenceBrokerOperationsとPersistenceBrokerTemplateにgetReportQueryIteratorByQueryメソッドを追加
  • AbstructJndiLocatorベースクラスに反対し、新しくJndiObjectLocatorベースクラスを選び、明示的な「lookup」メソッドを追加
  • 呼び出すたびに新しいJNDIルックアップを行うJndiObjectTargetSourceを追加し、JNDIをホット再デプロイできるようにした
  • JndiDestinationResolverに「cache」フラグを追加し、JNDIからデスティネーションオブジェクトのキャッシュを止められるようにした
  • SimpleMessageConverterにObjectMessageのサポートを追加して、SerializableオブジェクトとObjectMessage間の変換を行うようにした
  • RemoteConnectFailureExceptionとRemoteLookupFailureExceptionをRemoteAccessExceptionのサブクラスとして追加
  • JndiRmiServiceExporter,JndiRmiClientInterceptor,JndiRmiProxyFactoryBeanを追加(CORBA準拠RMI-IIOP用)
  • 「lookupStubObStartup」、「cacheStub」、「refreshStubObConnectFailure」フラグをRmiClientInterceptorに追加
  • 「lookupHomeOnStartup」と「refreshHomeOnConnectFailure」フラグをAbstructRemoteSlsbInvokerINterceptorに追加
  • 生のMIMEデータからMimeMessageを生成する「createMimeMessage(InputStream)」メソッドをJavaMailSenderに追加
  • Outlook Expressに互換性のあるインラインメッセージつきのメールを作るために、MimeMessageHelperで「multipart/related」を生成するようにした
  • 「validateAddresses」プロパティをMimeMessageHelperに追加(デフォルトはOFF)。JavaMail 1.3の「validate」にデリゲートしてある
  • HTTP 1.1のステータスコード303を302の代わりに送るのを止めるために「http10Compatible」フラグをRedirectViewに追加。
  • 著者のようなメタフィールドをiText PDFドキュメントに追加するため、「buildPdfMetadata」コールバックをAbstractPdfViewに追加。
  • LookupDispatchActionsがなければActionSupportに似せてLookupDispatchActionSupportクラスをStrutsサポートに追加

いつものように、詳細はchangelogを見てほしい。1.1のコードベースには後方互換性のない小さな変更がいくつかのSPIに含まれていることに注意してほしい。でも、基本的にアプリケーションで用いるAPIは可能な限り100%の互換性がある。

ダウンロードはSourceForgeのプロジェクトページからできる。[2004-09-05]

Posted by money at 3:45 AM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004