November 30, 2004

メモ:Software Factories: Assembling Applications Using Models, Patterns, Frameworks and Tools

〜via kdmsnr@mixi 〜
MSDN TV

Software Factories: Assembling Applications Using Models, Patterns, Frameworks and Tools

Posted by money at 1:35 PM | Comments (0) | TrackBack

November 29, 2004

SE、プログラマー150万人大失業時代がやってくる

ウェッジ

なんとか入手できたので早速読んでみたのだが。。。
読む必要ありませんでした。つまんなさすぎ。論旨も一貫してないし、この業界知らん人が書いたんじゃないかな?と思いました。ところでハッキング力って何よ?
釣られて買っちゃって憤慨した方、ごめんなさい。>dotたん

あ、同じような感想が。。。

Posted by money at 3:07 PM | Comments (3) | TrackBack

November 25, 2004

ポスター作成(続)

poster.jpg

試しに、ポスター作ってみました。 これは、A4を8x4の32枚のもの。色は白黒。1枚1枚だと何がなんだかわからないけど、こうやって並べて張ってみると十分ポスターとして使えるクオリティになるから不思議。ぜひともカラーでやってみたいけど、プリンターインクがもったいないので恐くてできん。

Posted by money at 11:17 PM | Comments (0) | TrackBack

組織

現場からやってきたXP - LO.GS*DI.GS 主人公の刑事が「リーダーが優秀なら組織も悪くない」と語っている。文脈は少しずれるが、現場だけですべてうまくいくことはないのも事実だろう。
組織というのは、リーダが優秀であることが前提だからこそ、リーダに決定権がある。で、そのリーダは、優秀であるがゆえに、完全にどっぷり現場につからなくても現場の立場で物事を考え、現場が抱える問題点を理解し、その対策等をジャッジできてしかるべき。ところが、優秀でない奴がリーダになっちゃうことが多い。例えば、ここで例に挙がっている「踊る大走査線」というドラマの中で出てくる官僚の偉い方々もそう。あとソフトウェア開発プロジェクトなんてものは最たるもので、技術に口を挟めない奴をマネージャに仕立ててその辺の雑多なプロジェクト管理業務(要は事務処理)をやらせたりするし、最近僕もどっちかと言うとマネージメント寄りの仕事が多いけど、社内のわかってない奴なんて、「あいつはエンジニアとしてはもう終わった」みたいなことを言ってるみたいだし。でも、ソフトウェアプロジェクトが本当に必要としている人というのは、技術がわかるリーダであり「エンジニア」としてのスキルをベースに持っているマネジメントが語れる人なんだと思う。っつってもなかなかいないけどねぇ。
Posted by money at 3:08 PM | Comments (0) | TrackBack

カビラ数秘術

〜via あっちこっち〜


カバラ誕生数(自分の本当の性格と現世での使命を解読する)
◆あなたの誕生日
19**年 *月 **日生まれ **歳
◆あなたの誕生数
8 (限界を超えて昇る登山者)
◆長所
情熱、積極的、現実的、自信、大胆、統率力、支配的、実行力、信頼性、野心的
◆短所
性急、短気、攻撃的、利己的、傲慢、向こうみず、官能的、熱狂、辛辣、破壊的
◆備考
穏やかそうだが自己の信念に厚い。
カバラ姓名数(他人に与える印象を知り隠れた才能を発掘する)
◆あなたの名前
****** *******
215541 4141351 (数値化)
◆あなたの姓名数
1
◆あなたの印象
男性的でたくましい。リーダーの才能がある。哲学、物理学などに向く。
あなたの2つの願望
◆外面的願望(子音数 9)
同情したい、奉仕したい、道徳的でありたい、支配されたい
◆内面的願望(母音数 1)
認められたい、尊敬されたい、新しいものを創造したい
簡易性格判断
◆名前の最初の子音
T(やさしい性格。柔和さの持ち主)
◆名前の最初の母音
A(明るく陽気。社交上手で情熱家。やや短気)
性格や能力の傾向
◆右脳型(直観的)か左脳型(論理的)か
2 : 11 -- かなりの左脳型
◆行動型か思索型か
9 : 4 -- 行動型
◆熱中型か分散型か
8 : 5 -- やや熱中型
カバラ日霊数(自分のライフ・サイクルをつかむ)
◆あなたの今日(2004/11/25)の日霊数
7
◆今日の運勢
変動が多いが、概して幸運の日である。
◆あなたの明日(2004/11/26)の日霊数
8
◆明日の運勢
仕事は疲れるわりに効果なし。遊ぶにはよい日。

うーん、あたってるような、外れてるような。。。

Posted by money at 2:46 PM | Comments (0) | TrackBack

人探し

最近、人を探してきて、依頼のあったプロジェクトへ紹介してアサインするような仕事しかしてないような気がする。でも、要求に見合ったスペックを持った人材ってなかなかいないのよねぇ。ってことで、われこそは、と思う方(派遣会社に登録済みとか、フリーな方でもOK。)がもしいらっしゃれば、簡単な職務経歴みたいなもの、持っているスキル等を明記の上、こちらまでご一報ください。

Posted by money at 2:35 PM | Comments (0) | TrackBack

November 24, 2004

ウェッジ

ウェッジという雑誌が見つからない。(正確には、WEDGE)
月曜日に出張に行った帰りの電車の中で中吊り公告を見て気になったのであちこち探しているのだが、これがまた見つからない。確かこの雑誌って、新幹線でのぞみのグリーンに乗れば、各座席においてあるようなJRマンセー雑誌だったような気がするんだが、そのJRのKIOSKでは扱っていない、という。なんで?
ってことで、入手した方、ご一報ください。なお、ワタシが気になる記事は、「SE、プログラマー150万人 大失業時代がやってくる」という見出しの記事です。

どうやら、相方が入手できたらしい。 目的の記事に対して、「つまらん」とのことだったが。
でも、なぜこの雑誌は、特定のKIOSKでないと扱ってないのだ? 不便でたまらん。それに、置いてあるはずの本屋でも「扱ってません」と言われるし。

Posted by money at 6:52 PM | Comments (3) | TrackBack

November 22, 2004

メモ:ポスター作成

〜via 安藤日記
The Rasterbator

すげー。でも、ギャラリーで時々あるような高精彩なポスターにするにはどうすりゃいいんやろ?

Posted by money at 3:51 AM | Comments (0) | TrackBack

November 21, 2004

シャルトリューズ

chartreuse.jpg

130種類もの薬草を蒸留酒に漬け込んだフランスの修道院で醸造されたリキュールであるシャルトリューズのこれは、ヴェールの方。昔、どっかで薦められてちょろっと飲んだのを思い出しました。そのままストレート、あるいはロックでもいいですが、伊藤園のおーいお茶で割ってみたら、これが結構いけました。シャルトリューズの持つ甘味もあり、飲みやすい1品になっております。これ、ワタシのオリジナルカクテル。新メニューにいかがでしょう?>某BAR

Posted by money at 10:46 PM | Comments (0) | TrackBack

November 17, 2004

J6SE

〜via オレンジニュース

Editor's Daily Blog: Download J2SE 6.0

えー、もう出たの?はやすぎ。J5SEがまだこれからだってぇのに。。。

Posted by money at 2:03 PM | Comments (0) | TrackBack

メモ: A lightweight nonintrusive EJB testing framework

〜via marsのメモ
A lightweight nonintrusive EJB testing framework[by Java World]

Posted by money at 11:27 AM | Comments (0) | TrackBack

メモ:TestCaseTool

〜via Mimori's Algorithms tDiary

TestCaseTool〜テスト仕様書ドリブンなWebアプリケーション機能テスト用テストツール〜

Posted by money at 10:43 AM | Comments (0) | TrackBack

November 16, 2004

金は天下の回りもの

発行以来、半月にしてようやく、手元に新札が巡ってきた(但し、まだ野口博士のみ)。金は天下の回り物とはいうものの、私は、その天下の一番隅で生息しているのかもしれない。

Posted by money at 3:54 PM | Comments (1) | TrackBack

November 15, 2004

Firefox1.0(続)

なんか、これまでのRCとかそれ以前に比べても、1.0ってクオリティが低いような気がするのは気のせいですか? 動作が安定しない、というか、マウスのクリックイベント拾えないというか。なんか、動作が変なんだよねぇ。HTMLのレンダリングのパフォーマンスがすばらしいものに仕上がってるだけにもったいない。残念!

Posted by money at 5:26 PM | Comments (0) | TrackBack

Spring Framework 1.1.2 was available.

Spring Frameworkの1.1.2がリリースされました。今回はバグフィクスとマイナーな機能追加だそうです。本リリースに取り込まれた新規機能は以下のとおり。(いつものように、意訳の試訳の超訳です。)
・BeaWrapperImplにて多次元コレクションのサポートを追加(例:"map[myKey][0]","map[myKey][0].name")。
・getBean()メソッドが返すオブジェクトの型をチェックする"getType(name)"メソッドをBeanFactoryインタフェースに追加
・"getBeansOfType(type)"メソッドをListableBeanFactoryインタフェースに追加
・ターゲットビーンのプロパティパスを評価しその結果をエクスポーズできるようにPropertyPathFactoryBeanを追加
・XMLビーン定義で"bean+"ではなく"bean*"、つまりファイル中にビーン定義がない(インポートのみ)のを許可。
・AbstractApplicationContextが自動的にResources配列用のコンテキストに依存したResourceArrayPropertyEditorを登録する。
・任意の定義フォーマット(単一の内部BeanFactory経由で)が利用可能なGenericApplicationContextクラスを追加
・ResourceBundleMessageSourceとReloadableResourceBundleMessageSourceの実装を改善
・同じメールでの代替テキスト用に"setText(plainText, htmlText)"メソッドをMimeMessageHelperに追加
・"objectResult(collection, type)"と"intResult"/"longResult(collection)"メソッドをDataAccessUtilsに追加
・JTAやTransactionManagerLookupを使ったプリバウンドセッション(例えば、OpenSessionInViewFilter/Interceptor)のサポートを追加
・HibernateOperationsとHibernateTemplateに"load(entity, id)"メソッドを追加
・"initialize"メソッドと"closeIterator"メソッドをHibernateOperations/Templateに追加
・問い合わせで用いられるキャッシュのリージョンを指定する"queryCacheRegion"プロパティをHibernateTemplateに追加
・想定外のWARファイルでも含まれるweb appにある適合するリソースを探すServletContecxtResourcePatternResolverを追加
・エラー表示用HTTPステータスコードを指定する"defaultStatusCode"プロパティをSimpleMappingExceptionResolverに追加
・特定のなビュー名へのリダイレクト用に、UrlBasedViewResolverで"redirect:"プレフィクスをサポート
・Velocity用"springMessage"/"springMessageText"マクロ、FreeMarker用"message"/"message/Text"マクロを追加

変更内容の詳細は、changelogを参照のこと

Posted by money at 3:58 PM | Comments (0) | TrackBack

November 14, 2004

タンカレー

tanqueray.jpg

ふらっと立ち寄った近くの酒屋にて。ドライジンの中ではゴードンと2大双璧をなすこのタンカレー。ロンドンドライジンの代名詞にもなっている。ロンドン郊外の湧水を利用し、4回の蒸留を繰り返すことによってこのキレのいい味になる、らしい。酒が強くない僕にとっては、ゴードンよりもこっちの方が飲みやすい。そういえば、ボンベイサファイヤというジンが安売りしてました。が、まだ飲んだことありません。

Posted by money at 10:48 PM | Comments (2) | TrackBack

November 12, 2004

自分が少数派になるだろう項目

友人のサイトにあったお題目を考えてみた(順不同)。
(1) 2度死にかけたことがある(交通事故)。
(2) 新卒で入社する前に、自分が入る会社の平均年齢に到達した。
(3) 同じ会社に二度入社した。
(4) 6弦ベースを持っている。フレットレスベースも持っている。
(5) 雑誌に記事を書いたことがある。
(6) 山形浩生さんと共訳させていただいたことがある
(7) ボランティアで翻訳をしている

あー、10個も思いつかなかった。。。
ってことで、あまり希少価値のないありふれた人間である、と。ちゃんちゃん。

Posted by money at 2:43 PM | Comments (2) | TrackBack

November 11, 2004

ソフトウェア開発支援ツール

今日、仕事の関係で、とあるソフトウェア開発支援ツールに関する営業を受けた。まぁ、早い話が、これを使うと工数が削減できます。プログラムのクオリティが向上します。。。。

まぁ、そのツールそのものの話は、置いといて。

ソフトウェア開発支援ツールと言った場合、主に2通りあると思う。それは、
(1)敏腕プログラマが使うことによって、彼の生産性を向上させるもの
(2)ヘッポコプログラマに強制的に使わせることによって、エンバグの機会を減らし、できるだけ機械的に開発ができるようにするもの

本来必要なのは、当然(1)で、使いこなすのが難しかろうが、それを理解するのにいろんな背景となる知識なりを要求しても構わない。但しこれがあれば、本来はヘッポコプログラマを10人使って四苦八苦しながらコード書いてたのが、その10人を使ってる奴一人で、その10人分の仕事ができるようになるもの。(例えば、の話。もちろん実現できるかどうかは別)

でも、よくあるのって、例えば、難しい内部の仕組みをブラックボックス化して、「なんか知らんけど、こうやって使えば、クオリティの高いソースコードが自動生成できる」というものなんだよね。これだと、万が一の時に自動生成されたソースコードを追いかけることもできない(本来追いかけるべきではないとは思うが、そうとも言ってられん事情が現場のプロジェクトでは起きたりする。)し、そのコードを作ってる本人が、そのコードがわからない、なんてこともよくある話。「なんか知らんけど、できました」ってのが、僕はソフトウェア開発をやってて一番怖いと思っている。これだと、なぜ動いているかがわからないから必要以上にソースコードをいじることに恐怖心を抱く。下手にいじって動かなくなったら動くようにできるかどうかわからないからだ。 プログラマ/エンジニアの地位向上のためにも、ヘッポコプログラマは、壊滅させなければならない。例えば、開発そのものに携わるプログラマとは別に、彼らプログラマのお手伝いとか手足となっていろいろ作業をしてくれるような人(他の業界で言う、医者と看護士のような関係かな?もちろん、上下関係ではなく、業務に必要な知識量が違うんだから同次元で考えるべきではないのだ。)を総称するようないい名前がないかなぁ、と思う今日この頃です。

Posted by money at 7:32 PM | Comments (2) | TrackBack

メモ:EJB Design Pattern

EJB Design Pattern

PDFが無料でダウンロード可能。
Posted by money at 7:11 PM | Comments (0) | TrackBack

GMailがPOP3インタフェースを提供

GmailがPOP3サポート、ウイルス対策も提供へ GoogleはPOP3サポートに加え、ウイルススキャンもGmailに追加する準備を進めている。JavaScirpt未搭載のブラウザでも利用可能にする計画もある。(IDG)
いや、欲しいのはそうじゃなくって、POP3 over HTTP、SMTP over HTTPなんですけど。。。 ただのPOP3だったら、社内からアクセスできんから意味ないでしょうが。。。
Posted by money at 3:51 PM | Comments (0) | TrackBack

ほぼ日手帳

hobonichiTechou.jpg
届きました。なかなかいい感じ。
使えば使うほどいい感じのアメ色になる、写真のような革カバーと、濃紺のナイロンカバーです。流行の黒革は避けました。あまり面白くないので。赤の革にも惹かれたんだけど。
ちなみに、この革カバーであれば、文庫本用ブックカバーとしてもいいと思います。

Posted by money at 12:23 AM | Comments (2) | TrackBack

November 10, 2004

FireFox1.0

Mozilla Firefox Start Page

↑ は、FireFox1.0のデフォルトホームページ。
さて、1.0が予告どおりでました。
が、 1.0RC1,RC2と比べてもHTMLのレンダリングが速くなってるような気がするのは気のせいですか?

昨日から、使ってますが、
とりあえず、GoogleBarが使えなくなったのが痛い。あと、クリックが効かない。何で?(右クリック→新しいタブで開く だとOK)
それと、終了してもプロセスが残ってしまうので、再起動すると、プロファイルのロックに引っかかる。
いまいち。。。

Posted by money at 12:13 AM | Comments (0) | TrackBack

November 8, 2004

ガギグゲゴ


怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか

土曜の夜、テレビを見てたら、この本の著者さんさんが出てて、芸人相手に講義をしてた。その中でこの本の紹介があり、早速夜遅くまであいてる近くの本屋に走るも見つからなかったのがこの本。今日、昼休みにもう少し在庫の豊富な本屋で捕獲してきました。当然ながら、まだ読んでませんが。。。

Posted by money at 4:10 PM | Comments (3) | TrackBack

November 5, 2004

素数に憑かれた人たち〜リーマン予想への挑戦〜


素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~

その昔、今や東海大学の教授をされている秋山仁先生のプロフィールを読んで、若いころに4色問題を解くことに情熱を燃やしておられたことを知った。数年後、世紀の難問と呼ばれたフェルマーの最終定理が解かれたことが新聞でも報道されているのを知った。そして今、数学界でホットな難問といえば、リーマン予想と呼ばれるものである、という程度は知っている。でも、リーマン予想って何?って聞かれると何も応えられない、という人は僕も含めて一般人にはとても多いはず。
そんな人の疑問を解消してくれる(に違いない)ものがこの1冊。著者の前書き曰く、「これはリーマン予想を世界で最も簡単に(つまり、初歩的な数学の知識だけを使って)解説したものである。これを読んでリーマン予想が理解できなければ、あなたは二度とリーマン予想を理解できないだろう」と。
といっても、高校数学〜大学数学初歩レベルを要する(微分積分を使わないで説明することにチャレンジしたが、それはあきらめたらしい)とのことなので、理系出身で、数学から遠ざかってるあなた、おひとついかが?

Posted by money at 5:03 PM | Comments (0) | TrackBack

November 4, 2004

高校生がPCクラスタ

広島県立広島国泰寺高等学校・科学部物理班

高校生が学校のPCを使ってクラスタシステムを組んじゃったらしい。
果たして、我が社のエンジニアたち(自分も含めて)は、この高校生と比べて、対価を得るだけの付加価値を提供できているのだろうか。


Posted by money at 4:52 PM | Comments (1) | TrackBack

November 2, 2004

メモ:Pragmatic Project Automation

200410_automation.pdf (application/pdf Object)

Posted by money at 3:12 PM | Comments (0) | TrackBack

メモ:創作のための意識改革術

創作のための意識改革術

Posted by money at 3:11 PM | Comments (1) | TrackBack

November 1, 2004

誰も知らない(Nobody Knows)

見てきました。
15年ほど前に実際に起こった事件をベースに脚色を施した切なくも哀しい日常を淡々と描いたもの。
無責任な親達を責めるのは簡単だが、子供たちの強く逞しく生きていこうとする姿こそが監督が描きたかったものだ(と思う)。母親も結局逃げたとはいえ、それぞれ父親の異なる子供達4人を安易におろすことを選ばず、育ててきた(子供が勝手に育ったとも言える)ことは紛れもない事実であり、せめてもの救いなんではないだろうか。

ちなみに、エンディング直前で一度だけ流れる挿入歌を歌ってるタテタカコさん。本編にもコンビニ店員として登場されていますが、彼女が最初に画面に出てきた、シーンで、「ん?TMR西川がチョイ役?」と思った私はあかんたれです。ごめんなさい。

Posted by money at 5:31 AM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004