April 30, 2006

めずらしい卓球のTV中継

卓球の選手権だかをTVで中継しています。で、何にびっくりしたか、というと、CMに移る前に流れる音楽に、「Kill the King」を使ってる、ということ。

テレ東の音効さん、頑張れ。

Posted by money at 3:02 AM | Comments (1) | TrackBack

iPodでドミノ倒し

Posted by money at 12:01 AM | Comments (1) | TrackBack

April 27, 2006

Spring Frameworkのリファレンス

Spring Frameworkリファレンス

13章のMVCフレームワークの日本語が読みたい、というリクエストを頂いたので、先に訳しました。というわけで、ちょこっとだけ進みました。

Posted by money at 2:44 PM | Comments (1) | TrackBack

Swing Girls

いつも飯を食いにいってる小料理屋?で、他のお客さんと音楽の話で盛り上がった。そのお客さんはジャズが好きで、ジャズのライブの帰りに寄ったらしい。で、そのおじさんから、音楽が好きならぜひ一度見てほしい、と薦められたのがこれ。

スウィングガールズ スペシャル・エディション
スウィングガールズ スペシャル・エディション上野樹里 矢口史靖 貫地谷しほり

東宝 2005-03-25
売り上げランキング : 1,779

おすすめ平均 star
starとにかく最後の演奏がツボ
starスウィングすっつぉー
star何も考えずに楽しめる映画なのです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で薦められるままに、その店の帰りに、レンタルビデオに寄って捕獲。
個人的には、ベーシストの子の刻むリズムがとてもタイトで安定してること、ドラマーの子の成長具合に
びっくり。今までなんで見てないの?といわれそうだけど、確かにおススメされるだけあります。
やはり、最後の演奏シーンは圧巻です。

Posted by money at 2:46 AM | Comments (0) | TrackBack

April 26, 2006

ほりえもん、保釈決定

ほりえもんが、3億の保釈金で、保釈されることが決定した、らしい。
ところで、保釈金って何?と思って調べた。

〜via http://www.apari.jp/yougo/hosyakukinn.htm 〜


「保釈金」

保釈請求の際、保証金として裁判所に預けるお金。ごく普通の学生やサラリーマンで覚せい剤事犯の場合 150万円〜200万円ぐらい。保釈とは裁判前に開放してあげる代わりにお金を預りますよ、というシステムであるから裁判が終るまで逃亡しなければ、保釈金は返金される。
つまり、保釈される被告人が逃げられないような金額を設定するため、被告人の経済的な状況にあわせて金額が決定される。

へぇ。個人的には、この保釈金額を決定するのに必要とするパラメータが知りたい。

Posted by money at 11:03 PM | Comments (1) | TrackBack

April 25, 2006

Yet another グーグル本

グーグル―既存のビジネスを破壊する
グーグル―既存のビジネスを破壊する佐々木 俊尚

文芸春秋 2006-04
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本を出版するまでの過程を考えると、期せずしてたまたま似たようなネタの本が重なっただけだとは思うが、梅田さんウェブ進化論と同じく、Googleという怪物をいろんな具体例を用いて分析しくのが本書である。著者はジャーナリズムに足場を置く佐々木俊尚氏。氏は、以前に書いた朝まで生テレビのライブドアの回のときにも出ておられたジャーナリスト。
Googleという会社を分析する、という全く同じテーマでこうも違うか?と驚くほど、全く違ったまとめ方になっている両書ではあるが、どちらが優れているか、劣っているか、あるいは好き嫌い、なんてものではなく、2つの異なった視点から同じテーマを扱った本が2冊読める、という贅沢さを味わいながら、どちらも読むべし。

うーん、一回データが消えたので再度書き直したんだが、やはり、同じような文章は二度と書けない。

Posted by money at 1:08 AM | Comments (1) | TrackBack

April 20, 2006

エンジニアの視線で語る次世代メディア論

IT屋―技術力がもたらす、ほんとうのメディア革命
IT屋―技術力がもたらす、ほんとうのメディア革命棚橋 淳一

宣伝会議 2006-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

でじゃというビデオオンデマンドなさービスがある。昨今のストリーミング配信による動画サービスに異を唱え、パソコンモニタではなく、あくまでテレビで視聴することを前提とした動画配信サービスである。一介の半導体エンジニアだった本書の著者が、理想とする動画配信サービスを追い求め、サービス立ち上げまでのいきさつと、著者本人が目指そうとするメディア論、コンテンツビジネス論が、あくまでエンジニアの立場からふんだんに語られた1冊。ボリューム的には、著者が立ち上げた、この「でじゃ」というサービスそのものの宣伝的要素が高いが、既存のものや他社の動画配信サービス、一連の通信と放送との融合論に対し疑問を投げかけ、それに対する著者自身の考え、その結果として実現された「でじゃ」というサービスの紹介という流れを考えると仕方がない。私は今までこの「でじゃ」というサービスそのものの存在を知らなかったが、今後の発展がとても楽しみとなった。本書を読んでいて、著者の方はエンジニアという立場に誇りを持ちつつ、やや控えめな方のようにお見受けした。なんかぜひ一度お会いしてみたいと思った次第。

Posted by money at 6:38 PM | Comments (0) | TrackBack

スケールフリーネットワークとは

新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解くアルバート・ラズロ・バラバシ 青木 薫

NHK出版 2002-12-26
売り上げランキング : 8,251

おすすめ平均 star
starさまざまに応用可能なネットワーク理論
star牽強付会?
starリンクされると変化が起こる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近とみに話題に挙がるようになってきた、スケールフリーネットワークだとかべき法則といった言葉。そういった言葉に対する疑問を解決してくれるのが本書だ。それまでネットワークはランダムであるという前提で語られてきたが、実際はそうではない。ランダムNWであれば、ウェブサイトの各々が外部からリンクを張られる確率は全て等しい。また、研究者の評価というのは自分の論文が他者の論文にどれだけ引用されたか、で決まるのだが(これをウェブサイトの評価に応用したのがグーグルのページランクアルゴリズムであることは有名)、ランダムNWであれば、論文が引用される確率は全て等しい。しかし実際はそうではなく、特定のウェブサイトにリンクは集中するし、特定の論文だけが繰り返し引用される。こういった、それまでのネットワークという構造に関する前提を否定し、特定のノードに集中することを学問的に説明したものが、スケールフリーネットワークである。このスケールフリーネットワークについて、「世界の人々は6次の隔たりで全てつながるのはなぜか?」といった一般の人にもわかりやすい例を用いて説明してくれているのが本書である。
同じ話題で、Kogai氏のエントリでは、こちら、

「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解く新しいアプローチ
「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解く新しいアプローチ増田 直紀 今野 紀雄

講談社 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の本が紹介されているが、この本を読んだ後で、本書を読むのがいいのかも。

Posted by money at 1:38 PM | Comments (0) | TrackBack

April 19, 2006

Railsにおけるリレーションシップの不思議

例えば、こんなの。


Class User < ActiveRecord::Base
has_many :teams
has_many :joinings
end

Class Team belongs_to :user
has_many :joinings
end

Class Joining < ActiveRecord::Base
belongs_to :user
belongs_to :team
end

つまり、ユーザがいる。チームが複数ある。で、チームにはオーナである、ユーザとの関連をもつ。これをUserクラスとTeamクラス間の1対多関連で表現する。
また、各チームと、各メンバの所属関係をJoiningというクラスでモデル化する。つまり、JoiningクラスとUserクラス間に1対多、JoiningクラスとTeamクラス間に1対多の関連を設定する。
本当は、TeamとUser間で、所有という関連と、参加という関連の2種類を持ちたかったんだけど、同じテーブル間で複数の種類の関連を設定することはRailsでは想定されていないっぽい(ひょっとして可能なのかな?)ので、苦肉の策として、Joiningというモデルを導入した次第。

1. ユーザ XXXが Teamインスタンス、team1を生成する。
当然、team1インスタンスのuser_id属性には、ユーザXXXのIDが入る。
2. 次に、ユーザYYYがteam1に参加する。
  この場合、Joiningインスタンスを生成し、それぞれ、team1のIDとユーザYYYのIDをもつインスタンスとなる
3. この生成したインスタンスをDBに保存すると、なぜか、team1のユーザID(つまりオーナ)がユーザYYYに書き換えられる。

うーん、なぜ?

Posted by money at 2:50 PM | Comments (2) | TrackBack

April 15, 2006

Googleカレンダー

早速いじってますが、まだ、RSSフィードは動いてないみたい。作成したカレンダーの名前は取得できたが、中に登録されているイベント情報とか予定のエントリがRSSフィードに反映されてない、っぽい。

早く、WebサービスのAPI公開してくんないかな? ってもう公開されてます?

Posted by money at 5:56 AM | Comments (1) | TrackBack

April 12, 2006

オーロラ@ノルウェー

昨晩、いきなり、ノルウェーの女の子からスカイプでネットナンパされた。(ぃゃ、違ぅ)

で、オーロラが毎晩出てるという話だったので、「写真撮って」とお願いしたところ、今日早速送ってきてくれた。とてもきれいなので皆様にもおすそ分け。

View image (1)

View image (2)

こんなんが、毎日見られるって。。。。

Posted by money at 5:00 AM | Comments (1) | TrackBack

April 6, 2006

この樹、なんの樹?

http://mrdc.s169.xrea.com/hitachi/hitachi.html

すばらしい。。。

Posted by money at 4:08 PM | Comments (0) | TrackBack

これは正しい?

RailsのHTML生成でいまいち納得いかない点・・・

<%= check_box("AAA","bbb","onclick"="hogehoge") %>

と記述したビューのRHTMLから生成されたHTMLのコードが、

<input id="AAA_bbb" name="AAA[bbb]" onclick="hogehoge" type="checkbox" value="1" /><input name="AAA[bbb]" type="hidden" value="0" />

って正しいのかなぁ。。。
オブジェクトAAAのbbb()メソッドの値に応じて、チェック/非チェックになって欲しいのだが、なってくれん。

ちなみに、Rails1.1 っす。

Posted by money at 2:58 PM | Comments (2) | TrackBack

外部参照制約 on Rails

DBのスキーマレベルで、CONSTRAINT FOREIGN KEYを指定してると、Railsのモデルをユニットテストするのがしっちゃかめっちゃかになるのはどうしようもないんだろうか。

素直に、ODBっぽく、リレーショナルスキーマを意識せずに、リレーションシップを使いたいだけなんだが。


外部キー制約、参照整合性

外部キー制約付けない派が大多数。なるほど。確かに実務上は付けないほうがよさそうではあるのだけど。ちょっと意外ではあった。
(〜 via Csus4.net - Just example. 〜)

という説もあるけど、確かになぁ。。。

なんか、いい方法ありませんか?

Posted by money at 3:53 AM | Comments (1) | TrackBack

April 5, 2006

(続) Rails on Apache2

・ config/environment.rb

ENV['RAILS_ENV'] ||= 'production'

のコメントをはずす

・ XXXX/public/index.html にアクセスしたときに呼び出すコントローラを指定する
・ config/routers.rb
map.connect '', controller => "*******"

・httpd.conf の修正

Alias /XXXX/ "/var/www/html/*****/public/"
Alias /XXXX "/var/www/html/*****/public/"


Options ExecCGI FollowSymLinks
AllowOverride all
Order allow, deny
Allow from all

これで、ようやく動いた。

Posted by money at 4:30 PM | Comments (0) | TrackBack

April 3, 2006

[メモ] Rails on Apache2 の設定

忘れないようにメモ。(CentOSってなんでrubyが古いの?)

rubyの最新(V.1.8.4)を入れる
(略)
gemsを入れる
 (略)
・ railsを入れる
# gem install rails --include-dependencies
・入ってなかったら、httpd-devel パッケージを入れる
 (略)
FastCGI Development kit を入れる
(略)
mod_fastcgiを入れる
# tar zxvf mod_fastcgi-2.4.2.tar.gz
# cp Makefile.AP2 Makefile
# vi Makefile (<- apacheのインストールディレクトリの設定)
# make
# make install
ruby-fcgiを入れる。これは、なぜかgemではインストールできなかったのでマニュアルで。
# tar zxvf ruby-fcgi-0.8.6.tar.gz
# ruby install.rb config
# ruby install.rb setup
# ruby install.rb install
・ /etc/httpd/conf/httpd.conf に追記
LoadModule fastcgi_module modules/mod_fastcgi.so
<IfModule mod_fastcgi.c>
FastCgiIpcDir /tmp/fcgi_ipc/
AddHandler fastcgi-script .fcgi
</IfModule>
・ Apacheを再起動
# /usr/sbin/apachectl restart

Posted by money at 6:43 PM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004