October 30, 2008

システムエンジニアとか

記事全体で著者が言わんとしている、現状のIT業界における業界構造をどげんかせんといかん、というテーマについては、同意できるんだけど。

昔、コンピュータを買う、ということは、IBM等の大型機、汎用機といわれるコンピュータを導入する、ということだった。当然ながら、当時のコンピュータは、今のようなGUIはないし、そもそもでかいし、空調とかがしっかりした部屋に鎮座させないといけないし、それこそ、腫れ物を触るように接する必要があった。とすると、これも当然ながら、ユーザがコンピュータを買ったところで、使いこなせなきゃ意味がないが、使いこなせるわけがない。となると、使いこなせる人を調達する必要がある。で、どうしたか。IBMは大型コンピュータを売る一方で、その売ったシステムを使いこなす要員を一緒にセット販売したのである。そのセット販売された要員たちの職業をシステムエンジニアと言った。

つまり、コンピュータを買う、ということは当時、使いこなす要員を含めた、年間使用量の複数年契約だったわけ。

で、逆に、システムエンジニアさんたち自身からすると、IBMから送り込まれたので、IBMの社員ではあるんだけど、コンピュータを買った客先に常駐し、客が望むことを自社の売った製品である、コンピュータ上で実現することを生業とする。業務分析とか、設計、実装、テスト、リリースといった一連の流れで仕事をしていたことが想像できる(もちろん、開発プロセスとして確立されてたとは思わないが、似たようなことはやってたはず)。

今でいうと、情報システム部門の一括請負アウトソーシングみたいなものか。

そうすっと、今巷で言われている「システムエンジニア」という職業とそれほど、乖離していないということがわかる。

でも、当時のシステムエンジニアには、いまでいう、要件定義等を行う上流SE,あるいはその客先専用のアプリケーションを作る、アプリケーションプログラマ、運用、保守エンジニア、テスター、全てが含まれていた。じゃ、当時、プログラマは何をしてたか、というと、おそらく、IBMの社内で、OSとかコンパイラとか、リンカ、ローダ、あるいはデバイスドライバ、エディタ、といった、上述のアプリケーションプログラマ(当時のSE)が利用する基盤となるソフトウェアを作ってたはず。

そう考えると、システムエンジニアよりプログラマの方が偉いのは当たり前。そりゃそうだ。コンピュータサイエンスの高等教育を受けていないとできない仕事だから。

アメリカでなぜプログラマが偉いのか? 専門教育を受けた(つまり、育成にコストがかかっている)専門家だから。あるいは、そういう専門教育を受けていないとできない職業である、とみなされているから。

これは、グーグルがエンジニアを募集する際に、コンピュータサイエンスの修士号以上を保持するものに限定していたことからもあきらか。

翻って、日本。

SEは設計をする人、PGがコード書く人というのが一般的な解釈になってるし、現にそう理解している人も多いみたい。でも、PG書けない奴(書かない奴とは違う)が設計できないし、設計を理解しないで、プログラムが書けるわけがないのは明らかで、なんでそういう分類になったかというと、これはもう、企業内におけるキャリアパスの設計上のミスなんじゃなかろうか。日本の古いホワイトカラーなキャリアパスモデルになんとか、このコンピュータ系エンジニアを当てはめようとすると、こうなっちゃうのは仕方ないよね、とも思う。あとは、そういったエンジニア群を率いるのが、エンジニアを経験したことがなかったりすると、もうどうしようもない。

医者の世界で、医療事務のエキスパートたる事務局長のようなポジションの人が、いきなり医局のトップに降りてきて部下たる医者に指図したり、っていう光景はありえないはずなんだけど、コンピュータエンジニアの世界ではそれが当たり前になっている。

そういう組織なもんだから、コンピュータサイエンスの専門家を専門家として処遇するような会社は少ないし、今のIT業界でサラリーマンとして生きていくことを考えたら、コンピュータサイエンスの高等教育を受けたことによるメリットは、おそらくない。(実質的に、エンジニアとして活躍できるか、という観点ではなく、SEという職業について、食いっぱくれなく処世していけるか?という観点で。)

どっかの記事に、情報系学部に進学する学生が減っている、という記事があったけど、そりゃそうだ。メリットがみえないもん。技術系企業側も新卒採用の際には、文系学部卒でも、立派なSEやってますからあなたでも大丈夫、なんて誘い文句がそれほど腐るほどあるし。

たとえば、経済学部、経営学部のようなところに行って、大学時代は理系より楽、就職活動でも、あわよくば、金融系の高年収職業に、だめでもSEなら、って青写真が描けるのであれば、コンピュータサイエンス系学部に進んで、PG,SEに絞られている、という状況の方が選択肢が少なくリスクが大きいと考えてしかるべきだろう。

なので、情報系学部に進学する学生を増やしたいのであれば、コンピュータサイエンスの高等教育を受けた人材が活躍できる場をもっと作らないといけないし、コンピュータの勉強をしてたから成功できた、という成功事例を作んなきゃいけない。 ってことで、成功事例目指して頑張ってください。>誰か。僕も頑張ってますから。

Posted by money at 1:23 PM | Comments (0) | TrackBack

October 23, 2008

第1回XMLサミット

NeoCoreという、ネイティブXMLデータベースのベンダである、サイバーテックという会社が主催するプライベートセミナーに行ってきた。

個人的には「ネイティブXMLデータベース」のネイティブの意味がよくわからんのだが。

さて、このセミナーは、早い話、NeoCoreというXMLデータベースの販売促進の一環であることは重々承知なのだが、「第1回 XMLサミット 〜第一人者が語る、XMLは本当に使えるのか?」なんてタイトルを冠したセッションが用意されていると知り、ほぼ世界初のXMLデータベースである、エクセロンがリリースされるよりも前に、生オブジェクトストアに、DOMツリーを格納してみたり、XMLでODBスキーマを自動生成するようなトランスレータを「遊びで」作ったことはあっても、XMLDBを使った本格的な業務システムの開発をしたことがない立場としては、自分が思いもよらない適用事例とか、XMLDBに対する考え方が聞けるかなぁ、と半分期待して行ったのだが。。。。

まぁ、往年の「XML開発者の日」というイベントの盛り上がりを知ってるものとしては、とても味気ないというか、あの当時と比べてもいまいち進展が感じられなかった、というか、要するに期待はずれだった。

パネルディスカッションは、インフォテリアの平野さん、東証の人、マイクロソフトの人、元サイボウズの小川さん、と言ったメンバーで、個人的には、東証の人に個人的にももっといろいろと話を聞いてみたかったのだが。

とは言っても、こういったイベントがテクノロジー色が後退し、ビジネス色が強くなった、というのは、やはりXMLがキャズムを超えて普及したから、という意味では、歓迎すべきなんだろうとは思う。
東証の人が出てきて、XBRLによる財務情報配信の話をするイベントと、ジャストの人が出てきて、一太郎Arcの内部アーキテクチャとか開発の苦労話をするイベントを一緒にしちゃいかんか。結局、アーリーアダプタと、レイトマジョリティの温度差と考えると、いたし方ない。

パネルディスカッション後の後半のセッションでは、ユーザ事例として、2件の事例紹介があったのだが、その事例がともに、コンテンツマネジメントシステムだった、というのは残念。
HTMLのコンテンツをDBに入れる→HTMLということはXHTMLだから、XMLとみなしてそのまま入れてしまいましょう、的な、
「えー、HTMLとXHTML、区別しないのー?そりゃ、無茶やろ(システム的に)。」
という発言には目をつぶるとして(ユーザさんの望むシステムが作れたらその時点で勝ちだしね)、XMLDBの適用範囲の広さを示す意味でも、もっと毛色の違った事例を紹介して欲しかった、というのが正直なところ。

まぁ、いろいろと考えるきっかけをもらった、という意味では、サイバーテックさんに感謝。


Posted by money at 2:27 AM | Comments (0) | TrackBack

October 20, 2008

サンタフェ

我々の世代で、「サンタフェ」というとまず思い出すのが、これ

こればっかりは、当時の反響の大きさから言っても仕方がない。

が、本エントリで紹介したいのは、こっちの方。

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)
複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)M.ミッチェル ワールドロップ

新潮社 2000-05
売り上げランキング : 38374

おすすめ平均 star
starはじまりは期待されていなかった
starHistory of Sciences of Complexity
star当時は感心したが...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学際的な研究テーマを扱う、非営利研究所として有名なサンタフェ研究所の立ち上がりと、その設立に際し、研究テーマを持ち寄った各研究者の苦悩や喜び等が臨場感たっぷりに書かれたドキュメンタリ。

本書で触れられている研究テーマは、これまでの需要供給曲線に代表される、理想的な状況を前提に構築されたこれまでの経済学ではなく、あくまで現実世界の、様々な因子が絡む複雑なリアル経済をモデル化しようとする「収穫逓増」の話とか、カオス、人工生命、遺伝的アルゴリズムなど、現在でも研究が盛んに進められているテーマばかり。それらの研究分野が一人の研究者の発想からどのように、研究テーマとして成長してきたのかがわかりやすく書かれた本。

内容そのものも然ることながら、よくもまぁ、これだけ、複雑で難しいテーマを、それも、すでに、確固たる理論が確立されている分野ではなく、あくまで研究テーマそのものの立ち上がりが現在進行形という不安定な内容であるにも関わらず、第一線の研究者からのインタビュー等により、これだけのライブ感たっぷりなドキュメンタリに仕上げたものだ、とそっちの方にびっくり。

世の中にある、通常のソフトウェアプロジェクト(つまり、最初にやりたいことがあって、それに基づいて、仕様が決まり、設計、開発、テスト、リリースと流れる、よくある開発プロジェクト)ではなく、たとえば、Linusが最初のLinuxカーネルを作る過程だとか、あるいは、まつもとさんがRubyの開発に着手して以降、初めて世の中に公開するまで、とか、直近だと、ひがさんが、seasar1の開発に着手して、その後、S2を作って、といったスモールスタートなソフトウェア開発プロジェクトをドキュメンタリータッチで書くと、この本のようなテイストの、いい本になるんじゃないかな、と思った。誰か書かないかな。

実は、このエントリを書く前に、この本に対するすばらしい書評を誰かが書いてるだろう、と思って探してみたんだが、実はあんまり見当たらなかったのには意外。見つかった、と思ったら、万人にはお勧めできないとか書いてあるし。

意外だったのは、真っ先に読んで書評ってるであろうと思われたyomoyomo氏が読んでなかったこと。彼の評文を読んで見たかったのだが。

というわけで、万人にお勧めできるような一般的な本ではないのは確かなんだけど、読んで損はないかと。上記のyomoyomo氏のエントリにもあるように、「あなたのマインドを広げる五冊の偉大な科学書」にも選ばれているし。

ちなみに、サンタフェ研究所に招聘され、複雑系の分野の研究者でないにも関わらず、サンタフェで講演を行った日本人が実在するのってご存知?(本書には、その話題は出てきません。)

Santa Fe 宮沢りえ
Santa Fe 宮沢りえ篠山 紀信

朝日出版社 1991-11
売り上げランキング : 4534

おすすめ平均 star
star第2弾も出版してほしいです!
star体を張った「賭け」
star一つの時代を作った?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by money at 9:39 PM | Comments (0) | TrackBack

October 6, 2008

October 1, 2008

[メモ] Ant foreachタスクの使い方

典型的なタスクの使用例のメモ。


○別途プロパティファイル

modules.list=真木よう子,大橋未歩,瀬戸朝香,黒木瞳,小西真奈美

○build.xml






........XXXXターゲットの処理本体......


]]>
大橋未歩は女優じゃない!という突っ込みはなしで。
あと、本当に、リストに多バイト文字列が入ったときに、ちゃんと動くのかどうかは未確認。

Posted by money at 5:27 PM | Comments (0) | TrackBack

Amazonのリコメンド機能

「この商品を買った他の人は、こんなん買ってます。」
「過去に、こんな商品を買った人に、こんなん、いかがでしょう?」

ってな感じで、手を替え、品を替え、物欲を刺激するアマゾンのリコメンデーションですが、意外にも精度がそれほどよろしくないことがわかった。

というのも、

つい先日、10/1発売のOASISの新譜をお勧めするメールが届いた。まぁ、それはいい。で、普通は、そこで、すかさずアマゾンへ行って、「ポチッとな」する。これで、予約完了。

で、その商品が昨日発送された、とのメールが届く。

さらに、本日、商品が届く。

その間、何度も、同じCDをリコメンドするメールが届いている。今日も届いた。
いくらなんでも、アマゾンでの購買履歴、注文状況をフィードバックした上でのリコメンドだと思っていたのだが、どうもそうではないらしい。

サイト上のマイストアには、注文状況等に応じてランキングをいじったり、いろいろ凝ったことをしてるみたいだけど、メール配信によるリコメンドは、とにかく、「過去***を買った奴全部!」みたいなクエリーで、引っかかったメールアドレス全部にまとめて同報配信してるみたいね。日々綿々とリコメンドアルゴリズムを練り続けていると思っていたアマゾンだったけど、意外としょぼかった。

といいつつ、しっかりアサマシエイトする。

ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)
ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)オアシス

SMJ(SME)(M) 2008-10-01
売り上げランキング : 3

おすすめ平均 star
star一聴しただけの感想ですが。
starすげぇ…
starファンなら買うべしー!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by money at 1:29 PM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004