October 11, 2015

図書館通い

今日も、図書館にてめぼしいものをちらほら。

QGIS入門 第2版
QGIS入門 第2版今木 洋大

古今書院 2015-09-04
売り上げランキング : 14715


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
AIによる大規模データ処理入門
AIによる大規模データ処理入門小高 知宏

オーム社 2013-08-10
売り上げランキング : 642181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
マグロ学 一生泳ぎ続ける理由とそれを可能にする体の仕組み
マグロ学 一生泳ぎ続ける理由とそれを可能にする体の仕組み中村 泉

講談社 2011-06-25
売り上げランキング : 311157


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
200海里体制下の漁業経済―研究の軌跡と焦点
200海里体制下の漁業経済―研究の軌跡と焦点小野 征一郎

農林統計協会 1999-03
売り上げランキング : 1742606


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来: 最後に残った天然食料資源と養殖漁業への提言
鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来: 最後に残った天然食料資源と養殖漁業への提言ポール グリーンバーグ Paul Greenberg

地人書館 2013-11-14
売り上げランキング : 503690


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
黒潮の文化誌
黒潮の文化誌日高 旺

南方新社 2005-01-25
売り上げランキング : 889715


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キラーリーディング 驚異の読書法
キラーリーディング 驚異の読書法中島孝志

ATパブリケーション 2012-11-27
売り上げランキング : 567044


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
脳の中の「私」はなぜ見つからないのか? ~ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史
脳の中の「私」はなぜ見つからないのか? ~ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史前野 隆司

技術評論社 2007-08-01
売り上げランキング : 178716


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by money at 8:15 PM | Comments (0) | TrackBack

October 6, 2015

エクサスケールの衝撃

これはね、コンピュータ・サイエンスをかじった人間にとっての、壮大な夢なんだよ。

エクサスケールの衝撃
エクサスケールの衝撃齊藤 元章

PHP研究所 2014-12-18
売り上げランキング : 4743


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日話を聞いてきた、WIRED AI 2015 TOKYO Singularity Summit #1 での、(僕個人的な評価として)ヘッドライナーだった、斎藤先生ご自身の著書。

カンファレンスでの講演は、(会そのものの性格に合わせて)技術的な話を盛り込みつつ、こうやって、人類70億人分の脳みそに相当するCPUを6リットルのサイズに納めた次世代スーパーコンピュータを実現するんだよ、めどはついた、あとは実装するだけ、という話題だった。

本書は、エンジニアではない読者を相当に意識し(おそらく、予算、助成金執行を握る文系の役人を念頭に置いたんだと思う)、技術的な「どうやって実装する」という話はほとんどなく、そんな莫大な能力を備えた超スーパーコンピュータを作って、何に使うの?という話と、それが実現できたら、我々人類は、どのような世の中を迎えることができるのか、シミュレーションしておくことによって、今からココロの準備をしておこう。これは、国家間の戦争だ。こんな偉大なパワーを好戦的な他国なんかに先を越されると人類は不幸になる。この偉業は日本が世界に先んじて実現するべきなのである、という話で終始している。つまり、夢しか語っていないし、とっても楽観的だし、とても性善説に満ちあふれていて、読んでいてとても幸せになれます。でも、この楽観視、性善説なのは、この著者が育ちがよくて、とても幸せな人生を送ってきたからなんだと思う。世の中、先生が思うほど、みんな創造的ではないし、論理的じゃないし、自分が幸せになることより、人の足を引っ張って、抜けがけさせないことにパワーを費やす人が多いんだけどなぁ、と、いろいろ見てきた僕は思うわけです。

あと、このCPUがが実現できた。なるほど、確かに、 計算パワーは、恐ろしいまでのパワーが得られるだろう。でも、著者が本書で描く世界を実現しようとすると、いったい、どれだけのソフトウェアを書かないといけないのか?ということをソフトウェア工学屋の僕は思ってしまうわけで、結局、ソフトウェアがボトルネックとなって、著者の考えるタイムスケールでの、シンギュラリティの実現に対して足を引っ張ってしまうんじゃないか、と心配しているわけです。なんせ、なんちゃってプログラマーしか作って来なかった我が国ですからねぇ。どこかで微力ながら斎藤先生のプロジェクトの片隅で何かに貢献できるような機会があるといいんですが。

Posted by money at 12:16 AM | Comments (0) | TrackBack
Powerd by FC2.com
since 2/Feb/2004