September 16, 2008

リーマンブラザーズ破綻で気になること

六本木ヒルズの上の方にある、リーマンの従業員専用スターバックスはどうなるの?


Posted by money at 4:51 PM | Comments (0) | TrackBack

July 29, 2008

アジャイルプロセス協議会5周年記念セミナー


http://www.agileprocess.jp/modules/eguide/

申し込みました。というのも、話す人の中に、以前にお世話になった方の名前を見たから。

ってことで、誰か行く人いますか?

Posted by money at 5:45 PM | Comments (0) | TrackBack

March 4, 2008

そろそろ東芝のHD-DVD撤退について一言言っとこか

記者会見で『ブルーレイに負けました。だからHD-DVD止めます。』って言うんじゃなくて、『弊社は、このネットワーク全盛時代にデータの入れ物の規格で争うことの愚かさに遅ればせながら気づきました。弊社はHD-DVD事業から撤退し、今後は次世代メディアはインターネットである、という信念の元、ネット配信事業にシフトします。』って言えば大喝采だったのに。残念!

元々大容量が必要となるフルHD画像を格納する器の規格争いだったんだけど、もしフルHDが現行のDVDに収めることができるようになったらどうするんだろう。

Posted by money at 12:55 PM | Comments (0) | TrackBack

July 23, 2007

「ゴールデンタイム」って実は死語?

〜 via 英国ニュースダイジェスト


ゲームに押されテレビ視聴率が低下
本誌1105号(7月19日発行)

7月の第1週、日本のテレビ業界に大きな衝撃が走った。なんと1週間の間に放送された番組の中で、ゴールデン・タイムに視聴率9%を超えたものが1つもなかったのだという。業界関係者らは、これを任天堂の人気家庭用ゲーム機Wiiの影響によるものと分析している。

フジテレビの専務取締役は「日本のテレビ視聴率は常に上下しやすいが、このように著しい低下はあまり経験がない。テレビそのものに問題があるというよりは、Wiiなどの外的な要素に左右されている可能性が高い」と話す。親達は、ゴールデン・タイムにテレビを見るより、子供達と一緒にゲームを楽しみたいと考えているのかもしれない。

7月11日付 「タイムズ」紙

きっと、こういうニュースって、日本のマスコミには載りそうにないのであえてここで言及しておく。

まぁ、特定の番組に視聴率が集中していないのは、上手く各局の番組に視聴者がばらけた結果であり、これは価値観の多様化によるもの、また各局の番組のクオリティに差がつかなくなった結果である、その証拠に東京キー局各局の視聴率をあわせると、●●%に達し、決して視聴者がテレビ離れを起こしているわけではない、みたいなコメントを出せばいいものを、「Wiiに視聴者を取られました」、じゃちょっとキー局取締役のコメントとしてどうなのよ?

ある意味、Wiiに勝てるコンテンツは作れません、と白旗揚げてるようにもとれるし。

個人的には、テレビというメディアの影響力が低下し、現行の(いろんな意味での)秩序が崩壊した世界を見てみたいので、マスコミさん、がんがれ!なんてことを言うつもりはないのですが。

あと、なぜか夜中に集中してるような気がする、「地デジへの移行を促すCM」ですが、きっと、○回もCMを流したので、周知は十分に行いました、というアリバイ作りをせっせとされていると思うのですが、このCMの視聴率ってどれぐらいなんでしょう?

やっぱり、現行地上波廃止、各家庭のテレビはすべて廃棄、ってエコ的にも、経済的にもやはり無理あると思うです。

もし、同じやり方で、NTTが「これまでのアナログ電話を廃止し、すべてIP電話に切り替えます。皆さん、IP電話対応の電話機を買ってください。」って言うと、「ふざけんな。」で終わると思うんだよね。

本音を言えば、テレビなんかよりも、年金制度をリセットしたい人多数って気も。

ところで、この「ゴールデンタイムに視聴率が取れなかった」というニュース、国内では見つけられませんでした。もし、国内マスコミで本件に絡むニュースをご存知の方、いらっしゃいましたらご一報いただけると幸いです。

Posted by money at 3:28 AM | Comments (0) | TrackBack

June 25, 2007

[メモ] 佐藤優氏の講演

言わずと知れた、ロシアを専門とする外交官、佐藤優@外務省のラスプーチン氏。

偶然、彼の講演映像を見つけたのでメモ。

January 23, 2007

業務連絡

1/29日から2/4(現地時間)のスケジュールで、サンフランシスコに滞在します。関係各位、お世話になります。

Posted by money at 2:51 AM | Comments (0) | TrackBack

August 17, 2006

我等食也虫。

ようやく、虫を食しました。(写真、無断借用、謝謝。)
普通に小エビのから揚げ食ってるのと変わらん。
というか、小さいだけに、海老を食ってるほうがグロテスクなんじゃなかろうか。

というわけで、8/15の件で日本は大騒ぎしてるけど、いたって平和な北京市内からお届けしました。

以下、本来はこのブログでは政治ネタは扱わないつもりでいたのですが。。。

まぁ、中国も韓国もおそらく知能犯的に騒いでるんだろうし、中国が歴史的に、「少数の超エリートたちが、多くの人民を支配する」のが国家である、という感覚でいることから想像すると、「国民をだまし、戦争を仕掛けた当時のいわゆるA級戦犯を参拝するのはけしからん」という解釈になってしまうのは理解でいるし、そういう国だからこそ、一般の戦没者を奉るという靖国神社のコンセプトを理解できないのも想像に難くない。

でも、いわゆる普通の政治家だと、その抗議におののいて靖国参拝反対、なんて話になってしまう。そういう意味では、ちゃんと主張、考えをもって参拝した総理大臣は、すばらしい、と思った。

アメリカにも戦没者のモニュメントはある(『Freedom is not Free』という言葉の碑があるところ)し、そこへ大統領が訪れてもニュースにならない。そういう話だと思う。

まぁ、ぶつかることを由としない日本の国民性からすると、文句言われるから、今後の関係がこじれるかもしれんから、おとなしくしとこう、という話になるんだろうけど、そもそも文化も歴史も違い、お互いの文化を理解しあうのが、外交であれば、安易にぶつかるのを避けるのではなく、あくまで国家としての主張をどんな形であれ表現することはありでしょう。

きっと小沢さんが総理でも参拝したんじゃないかな。あの人も『諸外国と対等に外交を行う普通の国家』というものを意識してるはずだから。

Posted by money at 3:40 AM | Comments (0) | TrackBack

April 6, 2006

この樹、なんの樹?

http://mrdc.s169.xrea.com/hitachi/hitachi.html

すばらしい。。。

Posted by money at 4:08 PM | Comments (0) | TrackBack

January 28, 2006

朝まで生板倉さん

ただいま朝まで生テレビ。
僕のお目当ては、板倉さん小飼弾氏
やっぱり、この二人の意見が一番聞いててしっくりくるんだよなぁ。でも、他のメンバとは完全に観点というか、問題視したい、議論したい点がずれてて議論にはならず、って感じ。

管さん、議論というよりは、ひたすら自民弾圧、民主持ち上げに終始。こんな小さな政治家だったっけかなぁ。もう、管さんには投票しないよ〜。

番組そのもののトレースきっと林さんあたりがやってくれると期待。

Posted by money at 2:27 AM | Comments (0) | TrackBack

January 26, 2006

ソフトウェア屋的解釈

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - “占い師”女性10人と集団生活 脅迫の疑いで57歳に逮捕状 警視庁


要するに、毎回毎回セッションの生成と切断を繰り返し、キープアライブせずに、ラウンドロビンをまわした、ってことか。なんてお行儀のいいクライアントコードなんだ!サーバさんも大助かり。(ぃゃ、違ぅ

あ、でも、過去のセッションが1本、メモリリーク起こしてるみたいやね。

Posted by money at 9:24 PM | Comments (0) | TrackBack

January 24, 2006

楽天カードって

楽天カードって、楽天の買い物に使えばポイント●倍とか、楽天ポイントにまつわるトラブルだとか、いろいろニュースが絶えませんが、それより気になったのが、このカード申し込む時に、職業=無職でも審査が通るって話らしいが本当なんだろうか? どこかで読んだが(場所は忘れた。おそらくネタだとは思うが)職業=狙撃兵でも審査OKという噂も。

だとしたら、与信ってどうやってるんだろう?その辺の理屈、リスクヘッジのからくりってどうなってるんでしょう?誰か試しに作ってみませんか?(特に、他のカード会社で作れなかった方。。。)




Posted by money at 10:03 PM | Comments (0) | TrackBack

January 9, 2006

go.jpネット、ようやくv6へ

今日の日経新聞によると、政府のネットワークをV6へ移行するための動きがスタートするらしい。
記事によると、
・今年3月をめどに、現状のv4からv6への移行に伴う課題を整理する。
・2006年度〜2007年度で、各省庁へのアドレス割当、移行のための計画策定
・2008年度までに順次切替を実施
というスケジュールで動く、ということらしい。なんか、今回の動きの意図として、世間がv6へ移行するのを促すために、政府として先鞭をつける、ということらしいが、なんか、のんびりしてるような。

まぁ、政治的に動く以外に、IPv6に移行する動機は(今のところ)ないので、こういう動きになってしまうのは、致し方ないとは思うが、果たして政府による政治的主導で、技術的なトレンドをコントロールできるのか?いや、できると思っているのか?というあたり、とても気になります。

ところで、今個人向けにv6での接続サービスをやってるプロバイダで、IPSecを使ったEnd-End通信とかPD払い出しとかってサポートできているサービスってあるんでしょうか?
あるいは、例えば自宅でサーバおったて系の個人がピュアなv6の機能を使ったサービスをおったてられるだけの環境って整ったのかな???

調べてみますか。

Posted by money at 7:18 PM | Comments (0) | TrackBack

December 31, 2005

年の瀬にうれしいお言葉

Sotaの日記(2005-12-29)

嬉しい言葉の数々に涙があふれてきます。
きっと妄想が肥大化した結果だとは思います。
でも、現実を知り、悲しい思いをさせないためにも、がんばらにゃぁ、と思いました。
ぜひとも来年は、コラボレートできるようなスキームを考えて実現させたいと思います。

昼間は会社に属していて、副業、あるいはプライベートでソフトウェア開発をやるようなエンジニアとか、あるいはフリーのプログラマをバーチャルに組織化したLLPが作れないかなぁ、とふと今朝のテレビを見てて思いました。

ソフトウェア職人気質にもあるように、ソフトウェアエンジニアの世界は、おっしゃるとおり、徒弟制度に近いものがあると思うし、今の世間でやってるような頭数投入ビジネスではうまくいかないことは日の目を見るより明らか。Joel on Softwareのイントロにも、


大工の一団が、ネジとは何か聞いたことこともないまま家具を作ろうとしているみたいなものだ。彼らは釘だけに頼っており、それをタップシューズで木に打ち付けているのだが、それというのも誰も彼らに金槌のことを教えてくれなかったからだ。


と書いてあるが、まさにこれが現実だろうと思う。
この現状を打破するには、彼らに金槌の存在を教えることも重要だとは思うが、それよりもまずは実際にプロジェクトをぶん回している優れたエンジニア、金槌やネジを使いこなしている一部のエンジニアに報いる必要があると思う。自ら勉強、研究をしてスキル向上することが自分にとってもメリットがある、と思わせるような環境を作ることが必要だ。
もちろん、金槌の存在を教えてやり、その場で使えるようにすることは容易い。しかし、飢えた人に魚を与えるのではなく、魚釣りのやり方を教えることが本来の教育だという話もあるように、スキルを直接与えるのではなく、自分でスキルを向上させることができるようなスキルを身につけることが必要だと思う。

と、年の瀬につらつらと考えてみました。来年はこのこともテーマとして活動していこうと思います。

Posted by money at 3:23 PM | Comments (0) | TrackBack

October 19, 2005

なんとかとハサミは.....

頭を使って探せ|悪態のプログラマ

検索テクニックを身に着けること以上に重要なことは、問題を解決するための洞察力を身に着けることではないだろうか。

このエントリを読んで、昔ナレッジマネジメントシステムを開発している友人の言葉を思い出した。
「使えんヤツに、うん千万円もするナレッジマネジメントシステムを与えるよりも、使えるヤツに、GoogleのURLを教えた方が役に立つ。」

Googleは世界中の情報を構造化することを使命としている、と公言している。そこは、知識の宝庫であり、宝の山であることは間違いない。でも、その宝の山は、万人に共通の宝の山では決してなく、それを使いこなせるかどうかは、使う側にかかっている。 
「コンピュータ、何もしなければただの箱」とは昔からよく言ったものだが、いくらCPUが速くなって使いやすくなろうと、いくら便利で賢くなろうと、使う側が積極的にコミットしなければ、役には立ってくれない、ということなんだと思う。
ITによる知的生産性の向上というのはよくビジネス書のテーマにもなっており、終わりのない永遠の課題のようでもあるけれど、これは誰にでも有効というわけではない、ということが、結局、どこの出典だったか失念したけど(山形さんのクルーグマン論文だったかな?)、結局IT使ってもホワイトカラーの生産性は向上してなかった、ってことになるんじゃないだろうか。だからってITが役にたたない、ってことではなくって、マスで見ると向上してないかもしれないが、実はミクロで見ると違ってて、向上する人と、しない人(あるいは低下する人)がいて、その格差はますます拡大の方向に向かっている、ということになるのか。つまり、これがデジタルデバイドである、と。単にインターネットリーチャブルであるか否かがデジタルデバイドを生み出すのではなく、結局は、(元のトラックバック先のエントリでいう)洞察力のようなものを持つか持たないかに過ぎない、と。ってことはやっぱり、ITであろうとなかろうと関係ない、と。(あれ?)

Posted by money at 11:03 AM | Comments (0) | TrackBack

September 8, 2005

IT用語は理解せずに使うもの!?

Japan.internet.com デイリーリサーチ - 周りが使っているから…、7割以上が「理解していない IT 用語使う」

fom 俺と100冊の成功本より

そんなぁ、一般の人だと、そりゃ仕方ないよ。プロのエンジニアでも理解せずに使ってる奴多数なのに。。。
「ん?それってどういう意味で使ってます?」なんて突っ込むとしどろみどろになるケース多数。
例えば、よくあるアルファベット3文字な「おれって、最先端技術についていってる」エンジニアには必須な用語が話に出てきたら、「ん?それって何の略だっけ?」なんて突っ込んでみる、よろし。

Posted by money at 1:53 AM | Comments (0) | TrackBack

August 7, 2005

July 29, 2005

手帳

以前ほぼ日手帳を買ったことをここに書いた。当然ながら、購入が去年の11月で2005年用なので、今年の頭(正確には、12月の年末)から使い続けてきました。半年間使い続けてくる中でどうしても使い勝手の面で我慢できないことが。。。打ち合わせ等のスケジュールを管理するには全く不満はないのですが、打ち合わせ等のメモや、何かしらアイデアを思いついたときの備忘録、あるいはToDoリストとして考えると、これが非常に使いづらい。これは、1日1ページというページ構成であることと、メモに使えるフリーページ(罫線が引いてあるだけのページ)が別冊になっていること。(皮革製カバーは気に入ってたんだけど。)また、スケジュールが1年分で製本されていることが理由。結局、ルーズリーフ形式になっている、いわゆるシステム手帳の方が自分にはしっくりくる、ということがこの半年でよく分かった。ほぼ日手帳を使う前は、ミニの6穴システム手帳を使っていたのだが、持ち運びにはいいが書き込みづらいという欠点を感じていたので、今回はやはりバイブルサイズだろ?ということで、暑いさなかの移動中の合間(というか、早い話涼み)に丸の内はオアゾにある丸善丸の内本店へ。
手帳コーナーには、当然ながら、フランクリン・コービーとか能率手帳のBindex[バインデックス]とかが並んでましたが、結局というか、定番すぎる、というか、FilofaxCross パーソナル(バイブル)のフレンチネイビーに決定。決め手は、皮の色と、手触り、手ごろなリングサイズでしょうか。これで当分は落ち着けることでしょう。
ちなみに、一時は、ノートパソコンで打ち合わせメモを取る(当然ながらMeadowです。)こともしてましたが、後から見返すときなどに不便なので、これはやめました。
自分が毎日使うツールは自分で試行錯誤せんとあかん、ってことでしょうか。

Posted by money at 6:43 AM | Comments (4) | TrackBack

July 11, 2005

橋本真也、急逝

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - プロレスラー橋本真也さんが急死、脳内出血か

びっくり!
お悔やみ申し上げます。

Posted by money at 3:04 PM | Comments (0) | TrackBack

June 23, 2005

成果主義がうまくいかないわけ

asahi.com: 変種成果主義に負けない 漂流する日本企業の制度††就職・転職

富士通が鳴り物入りで導入した成果主義がうまくいかず事実上あきらめた話から始まり、成果主義はやっぱりダメだ、って雰囲気がいろんなところでかもし出されている。うちの会社も一応成果主義ということを標榜してはいるが。。。
では、なぜ日本企業で成果主義がうまく運用できないのか?もちろん、プロ野球のように、数字で横並びで成果というかアウトプットを比較できるわけない、とか、成果を互いに比較評価できるような、同じ仕事をやってる奴が誰もいない、とか物理的な理由もあるにはあるが、やはり根本的な理由は、「評価する側の人間が、成果主義を背景にそのポジションを手に入れたわけではない」というのが大きいのだと思う。つまり、最初から成果主義で評価されていたら「上司は優秀」というあたり前の命題が成立しているのだが、そうじゃない別のモノサシで序列が出来上がってるところへ無理やり成果主義を導入しようとしてるところにあるんだと思う。かといっていまさら、優秀じゃないおじさんを平社員と机並べて仕事してもらうわけにはいかないわけで、となると、「おじさんは今までの評価基準に順ずる、でも、若いお前らは成果主義だからねぇ」みたいな、世代間不平等が表面化する。となると、おじさんが埋め尽くされているポストが空くわけではなく、仮に彼らより優秀な若い奴がいても当然そのポストは手に入らないわけで。結局、「成果主義」というのは絵に描いた餅に過ぎなくて、結局コストダウンの手段にしかなりえない。結局、古いシガラミに囚われる必要のない若い組織でないと成果主義なんてものは不可能、というのが、私個人的な結論なのである。だから、成果主義がうまく運用できていない、と若い人たちが文句を言うのは筋違いで、そういう人はやはり古い組織を飛び出すしかない、んじゃないかなぁ、と思う。

Posted by money at 1:28 AM | Comments (0) | TrackBack

June 22, 2005

フェラーリなノートPC

フェラーリ仕様のノート機、北米で発売

ThinkPadのロゴの上から貼り付ける、フェラーリのエンブレム(金属プレート製)の発売をキボンヌ。

Posted by money at 6:12 PM | Comments (1) | TrackBack

巨星、堕つ

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「半導体の父」、キルビー氏死去=IT時代に道

最近、我々の業界の父ともいうべき伝説に名を残した方々が鬼籍に入られることが増えた。ご冥福をお祈りします。

つーか、キルビーってまだ生きてたのね。そっちにびっくり。

Posted by money at 6:01 PM | Comments (0) | TrackBack

June 14, 2005

OSSを語る政治家

【自治体Linux最前線】「政府と自治体はオープンソース・ソフトウエアを積極的に利用すべき」――自民党政調会長 与謝野馨氏 : IT Pro ニュース

政治家さんがOSS推進に理解してくれることはありがたいし、Windowsだけでなくて他にも選択肢をもつべきだ、とか、結構まともなことを言ってるんだが、、、、誰なんだろう?この講演原稿書いたの。OSSの「中身をいじれる自由」なんて、こないだの日立の偉い人の講演からの借用だろうし、ミッションクリティカルな業務をやってると特に、Linuxが安定しているなんて話は普及のためのプロパガンダでしかないことは現場のエンジニアが一番よく知っている。本当に、一般ユーザのデスクトップに置いてあるクライアント端末にLinuxを載せようと本気で思ってるんだろうか?それこそ、TCOが上がるんじゃないかな?例えば、クルマで言えば、マニュアル車でないと意味のないクルマがある一方、オートマしか売れない車種ってのもある。OSも場面に合わせて使い分ければいいんじゃ、と思います。ほんと。

Posted by money at 2:51 PM | Comments (2) | TrackBack

June 3, 2005

ペットボトルよりも紙コップ?

暑い→ペットボトル必要→紙コップ用意…愛知万博 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

愛知万博って、環境にやさしいってテーマじゃなかったっけ?なのに紙コップ?

Posted by money at 6:15 PM | Comments (0) | TrackBack

May 31, 2005

iPodなテーブル

iPodlounge | iPodlounger creates iPod coffee table
欲しい!
でも、こんなテーブルがマッチする部屋って....

Posted by money at 4:44 PM | Comments (0) | TrackBack

January 28, 2005

某学長選挙

ZAKZAK
アスキー元社長・西和彦氏、会津大学学長選に立候補
「10年でビル・ゲイツを1人育てたい」

へぇ。これは、パソコン vs UNIX vs 光ネットワーク な対決ですね。トップの座がオープンで、やる気とビジョンのある奴が立候補し、あとは、選ぶ権利のある奴が選ぶ。なんてことがないようなことですが、さすが会津大学。先進的だと思う。一節には、福島県知事の佐藤栄左久氏(だっけ?漢字。元総理と名前が同じ、でも漢字は違うと記憶してるんだが)の辣腕が偉いとも言える。でも、池上さんも、NTT-ATの元社長って言われるよりも、元NTT**研究所長って言われたいなんて言い出したりしないかな?

そういや、我らがIKB先生はどうされたんでしょう?

Posted by money at 10:18 PM | Comments (0) | TrackBack

January 26, 2005

Firefoxプロジェクトのロス氏

ITmediaニュース:Firefoxの立役者は19歳の大学生

このロス氏って、ネットスケープのオープンソース化を描いたドキュメンタリ、「コードラッシュ」で出てきてたパブロフ氏のこと?
でも、「やせっぽちの15歳の子供」ってことは違うような気もするが。

Posted by money at 5:52 AM | Comments (0) | TrackBack

January 25, 2005

A3のホワイトボード

http://www.kokuyo.co.jp/stationery/wb/board/index.html

買ってみました。
人にちょっとした説明をしたり、説明を受けたりするときに、とても便利。
普段は、袖机の側面にマグネットで貼り付けておけば邪魔にもならないし、お勧めです。

Posted by money at 6:51 PM | Comments (0) | TrackBack

丸山先生レクチャーシリーズ in 東京

2004丸山先生レクチャーシリーズ第3回

当選したらしい。
うーん、いけるかなぁ。微妙。

Posted by money at 2:07 PM | Comments (0) | TrackBack

January 18, 2005

ナイトライダーもいいけど

2006年、車は“ナイトライダー”への一歩を踏み出す

ナイトライダーもいいけど、どうせなら、ペリエやめて、ロブロイの鞍上に乗せてみませんか。

Posted by money at 1:11 AM | Comments (0) | TrackBack

January 17, 2005

ETCの割引

ETCの夜間早朝割引が100km以内の利用に限ることを知りショックに。
あまりのショックなので、どうすれば安くなるか検討してみた。

ちなみに、舞子後楽園スキー場に行くことを想定する。

普通に使う場合、スキー場へ向うのは基本的に深夜なので、ETC深夜割引は有効になるものとすると、
関越練馬I.C→塩沢・石打で175.5km,4750円、ETC深夜割引で3350円
これで夜間早朝割引を適用させるには100km以内のI.C.で一旦高速を降りるとすると、練馬からだと、前橋I.C.が92.1km、2750円、これが夜間早朝割引適用により、5割引の1400円、前橋→塩沢・石打で、2700円、深夜割引適用で1900円。つまり全部で3300円。
つまり、前橋で、一旦降りると、トータル50円のお得。

うーん、微妙。あまりお得感がないなぁ。。。

Posted by money at 1:22 PM | Comments (1) | TrackBack

December 20, 2004

『電車男』の編集者さん

そうだったのか!『電車男』

編集の人、かわいい。

Posted by money at 5:20 PM | Comments (0) | TrackBack

December 18, 2004

翻訳ものをいかにやっつけるか

now wander into...

他の人のやり方はとても参考になります。ってなわけで自分のやり方をば。
・まず、翻訳対象のドキュメントを全て手元においておく。僕の場合は、HTMLベースのソースドキュメントと、HTML上のテキストベースのものを確保し、手元のCVSリポジトリに突っ込んでます。それで、過去のバージョンとの差分をcvswebで確認しています。
・翻訳作業は、全てmeadow上のsdoc-modeで。HTML生成は全てSmartDocを使っているので。SmartDocは、タグに、locale属性をつけることで、HTMLフォーマット生成時に、特定ロケールの文書のみを生成することができるのです。これを使って、ある程度の塊単位(たいていは、

タグでくくるブロックごと)で原文と翻訳文が交互になるような文書で翻訳作業そのものを行っています。(原文が更新されたときに、更新箇所を特定するのが楽になるので、原文と訳文の逐一対応は必須です。)
・あと使ってる道具としては、普通の英和辞書数種類に、英辞郎+PDIC、インフォシークの翻訳サイト、翻訳辞典、口語辞典
・その他は、関連する(原語の)MLとかで情報収集とか、完璧な訳を目指さないとか、所詮技術文書だし、通じればOKみたいな割り切りが重要かと。細部にこだわる方であれば、原文を直接参照するだろう、という期待もあったり。。。
・まぁ、アジアの中で技術情報を自国語にトランスレートするのに膨大なコストをかけてるのって、日本ぐらいだしな。

とまぁ、こんな感じです。
でも、これって、翻訳対象の電子テキストが存在する場合にしかできないので、テキストがない翻訳って大変だろうなぁ、といつも思ってます。皆さん、どうやってるんでしょ?

Posted by money at 4:41 AM | Comments (2) | TrackBack

November 29, 2004

SE、プログラマー150万人大失業時代がやってくる

ウェッジ

なんとか入手できたので早速読んでみたのだが。。。
読む必要ありませんでした。つまんなさすぎ。論旨も一貫してないし、この業界知らん人が書いたんじゃないかな?と思いました。ところでハッキング力って何よ?
釣られて買っちゃって憤慨した方、ごめんなさい。>dotたん

あ、同じような感想が。。。

Posted by money at 3:07 PM | Comments (3) | TrackBack

November 25, 2004

カビラ数秘術

〜via あっちこっち〜


カバラ誕生数(自分の本当の性格と現世での使命を解読する)
◆あなたの誕生日
19**年 *月 **日生まれ **歳
◆あなたの誕生数
8 (限界を超えて昇る登山者)
◆長所
情熱、積極的、現実的、自信、大胆、統率力、支配的、実行力、信頼性、野心的
◆短所
性急、短気、攻撃的、利己的、傲慢、向こうみず、官能的、熱狂、辛辣、破壊的
◆備考
穏やかそうだが自己の信念に厚い。
カバラ姓名数(他人に与える印象を知り隠れた才能を発掘する)
◆あなたの名前
****** *******
215541 4141351 (数値化)
◆あなたの姓名数
1
◆あなたの印象
男性的でたくましい。リーダーの才能がある。哲学、物理学などに向く。
あなたの2つの願望
◆外面的願望(子音数 9)
同情したい、奉仕したい、道徳的でありたい、支配されたい
◆内面的願望(母音数 1)
認められたい、尊敬されたい、新しいものを創造したい
簡易性格判断
◆名前の最初の子音
T(やさしい性格。柔和さの持ち主)
◆名前の最初の母音
A(明るく陽気。社交上手で情熱家。やや短気)
性格や能力の傾向
◆右脳型(直観的)か左脳型(論理的)か
2 : 11 -- かなりの左脳型
◆行動型か思索型か
9 : 4 -- 行動型
◆熱中型か分散型か
8 : 5 -- やや熱中型
カバラ日霊数(自分のライフ・サイクルをつかむ)
◆あなたの今日(2004/11/25)の日霊数
7
◆今日の運勢
変動が多いが、概して幸運の日である。
◆あなたの明日(2004/11/26)の日霊数
8
◆明日の運勢
仕事は疲れるわりに効果なし。遊ぶにはよい日。

うーん、あたってるような、外れてるような。。。

Posted by money at 2:46 PM | Comments (0) | TrackBack

November 21, 2004

シャルトリューズ

chartreuse.jpg

130種類もの薬草を蒸留酒に漬け込んだフランスの修道院で醸造されたリキュールであるシャルトリューズのこれは、ヴェールの方。昔、どっかで薦められてちょろっと飲んだのを思い出しました。そのままストレート、あるいはロックでもいいですが、伊藤園のおーいお茶で割ってみたら、これが結構いけました。シャルトリューズの持つ甘味もあり、飲みやすい1品になっております。これ、ワタシのオリジナルカクテル。新メニューにいかがでしょう?>某BAR

Posted by money at 10:46 PM | Comments (0) | TrackBack

November 12, 2004

自分が少数派になるだろう項目

友人のサイトにあったお題目を考えてみた(順不同)。
(1) 2度死にかけたことがある(交通事故)。
(2) 新卒で入社する前に、自分が入る会社の平均年齢に到達した。
(3) 同じ会社に二度入社した。
(4) 6弦ベースを持っている。フレットレスベースも持っている。
(5) 雑誌に記事を書いたことがある。
(6) 山形浩生さんと共訳させていただいたことがある
(7) ボランティアで翻訳をしている

あー、10個も思いつかなかった。。。
ってことで、あまり希少価値のないありふれた人間である、と。ちゃんちゃん。

Posted by money at 2:43 PM | Comments (2) | TrackBack

September 27, 2004

噂のお誘いメール2

そういえば、こんなのも来てました(当然ながらSPAMフィルタの餌食)。参考まで。



初めまして!土屋由美子といいます。
セックスフレンド募集されてましたよね?
もし、まだ相手が決まってないのならと
思ってメールしています。
自己紹介しますね。
土屋由美子、26歳のおばはんです。
ルックスも自信ないです。ダンゴッ鼻ですし、
肌もメラニンまくりだし。
(以下自主規制につき略)


「26歳のおははんです。」と言ってる時点で、ワタシに関するリサーチができてないのでダメすぎです。
(いや、リサーチされまくってても怖いものがありますが。)

Posted by money at 2:22 AM | Comments (0) | TrackBack

September 21, 2004

富士通のHDD

HDD不良品の無償交換で富士通の負担は100億円超す

最近、噂によく聞く、「最近の富士通のハードディスクってすぐに逝ってしまうので、避けるべし。」というアレですか?
Posted by money at 9:09 AM | Comments (0) | TrackBack

September 14, 2004

Googleテスト

オレンジニュース(2004-09-13) Google人材募集の問題「10, 9, 60, 90, 70, 66 と来たら次の数字は?」
普通に思いつくものとしては、 ten(3文字)、nine(4文字)、sixty(5文字)、ninety(6文字)、seventy(7文字)、sixtysix(8文字)と続いてるんだから、その次は?というと、9文字の数で、例えば、ninetysixとか? うーん、これぐらいなら誰でも思いつくからまさかねぇ。
Posted by money at 3:23 AM | Comments (0) | TrackBack

August 16, 2004

人の縁

以前に一緒に仕事をしてた人が、この6月末で現職を辞した。しかもエンジニアそのものを辞めて全く畑違い(生命保険会社のライフプランナー)の道に進むという。その話を聞いたときは、とても驚きを隠せなかったのが正直なところ。その彼と数ヶ月ぶりに飯を食おうと会ってきた。彼は、社内の試験を通過したらしく、「ようやく、社外でいろんな人に保険の話ができるようになりました。」と以前にも増して、はつらつとした笑顔で迎えてくれた。飯を食いながら、前職を辞める前から今の職に移ることにしたきっかけやら、入ってからどうだったとかいろんな話を聞かせてくれたが、心なしか以前よりも輝いているように見えた。彼は、一部ではとても評価の高い「プルデンシャル生命のライフプランナー」として今後の目標とか今の状況とか、意気込みを語ってくれた。おそらく前が同じ会社の同僚としての関係ではなかったことがかえってこういうつながりを継続できているのかな、と思う。これからは業界も職種も全く違うが、違うからこそ、お互いにWin-Winな関係を築いていけるのではないかと、これから楽しみでもある。
日本の生命保険に入ってる人、一度、外資生保の話を聞いてみるのもいいと思いますよ。(そんなワタクシは、日本の生保ですが。。。って、別に客寄せする気はないが。)

Posted by money at 5:51 AM | Comments (0) | TrackBack

July 10, 2004

プロ野球再編

ごたごたしてますねぇ。プロ野球。
結局、日本のプロ野球というものは、ナベツネという一人の老人によるお遊びの延長でしかないということが明らかになるだけか。
さて、そんなプロ野球を面白くするには?
1リーグでやりたいというのは、要するに、みんな巨人戦やりたいんでしょ?商売だもんね。
でも、最低10チームまで減らさないといけないんだよね。
だったら、巨人を解散しよう。 ほら10チーム。で、巨人の選手を10チームにきれいに分配しよう。もちろん、ドラフト会議やってもいい。ほら、全試合巨人戦じゃん。

そんな僕は、やっぱり、虎液が流れてます。 星野がんばれ。将来のプロ野球界はあなたと古田選手次第です。サッカー界を見てみればいい。プロサッカー界のトップ(川渕チェアマン)は、元サッカー選手の経験者です。経験者が引っ張らないでプロ野球界はよくなりません。いつまでも、パトロンを必要とせず、独り立ちしてください。サッカーにできて、野球にできないこと、ないでしょう?

Posted by money at 1:15 AM | Comments (1) | TrackBack

July 5, 2004

USR?

I ROBOT - Trailer 2 - Large
via 町山智浩アメリカ日記

この映画の予告編を見ることができる(このムービー、音がいい)んだけど、ロボット製造会社としてUSロボティクス社というのが出てくる。USRって、モデム作ってた実在の会社やんか、と思ったけど、どっかに吸収されたんだっけ? 今はないの?それにしてもいいモデムでしたね。USRのクーリエ。日本のJATE認定されていない(つまり、再接続のリミッタがかかっていない)ものを入手するために、$=80円の頃に、$504で個人輸入したりしてましたねぇ(遠い目)。

Posted by money at 3:04 AM | Comments (1) | TrackBack

June 30, 2004

ライブドアバッファローズ!?

なんか、言いにくいなぁ。
いっそのこと、ライブドアの持ってるプロダクトを前面に出して、
「オペラ・ライブドアーズ」ってどうよ?

商品名を頭につけてもいいんでしょ?「日本ハム」とか。(違)

あ、猛牛打線じゃなくなるのか。猛扉打線。

それにしても、これまでと違う業種の企業が野球チームを持つようになるのは賛成です。いつまでも、電鉄会社、食品、巨大マスコミだけのもんでもないしね。
NTTが球団を持って、全試合、フレッツでストリーミング生配信なんてどうよ?

そんなアタシは、当然ながら、「虎液」が体内に流れています。

Posted by money at 1:47 PM | Comments (0) | TrackBack

June 28, 2004

お料理占い

はてなダイアリー - koichikのひとりごと

やってみた。

あなたを料理にたとえると、・・・点心族 春巻きです。

「点心族」の特長


  • 野心的。

  • パワフル。

  • 欲張り


「春巻き」なあなたは、
「春巻き」なあなたは、「点心族」のなかでももっとも欲張りなタイプです。それは、あなたの強い向上心の表れでもあります、周囲からすると、いつも元気で才能があり向上心が強いため、「欲張り」というふうに移ってしまうのでしょう。

「春巻き」なあなたのベストパートナーは


  • スケールの大きな組み合わせ   「めん族」

  • 自分の才能を引き出せる    「軽食族」

「春巻き」なあなたのお値段は


  • 一人前 947円

今日の「春巻き」なあなたは
今まで努力してきたことが、花開く日になりそうです。また、うまくいってることでも、もう一度見直してみましょう。


うーん、微妙。。。

Posted by money at 11:22 AM | Comments (0) | TrackBack

GMailアカウント

この道はいつか来た道... REBOOTED: GMail
結構、需要があるようで、ないのでしょうか?それとも僕の周りはみんな既に持ってる、ということか。 えー、あと3人の方、ご招待できます。僕と直接面識がない方でももちろん構いません。 ご希望の方は、こちらまでご一報ください。 
Posted by money at 2:16 AM | Comments (1) | TrackBack

所得格差は悪?

NIKKEI NET:経済 ニュース

家計の所得格差が広がり続けている。


パレートの法則に従うと仮定すると、やはり、意図的に所得格差が縮小するように恣意的な操作がなされている、と考えるべきなんだろう。日経の記事を読んだ限りでは、所得格差が広がるのはよくない、みたいなことをいいたげな行間だったのだがどうなんだろう? 所得格差が広がるのが問題なのではなくって、所得格差がそのまんま社会的身分につながり、自分の属する階層から出ることが困難になることが問題なのだと思う。所得格差には何も問題はないはず。

Posted by money at 1:21 AM | Comments (0) | TrackBack

June 12, 2004

モチベーションの維持

今さらながら、モチベーションを維持しつづけることの難しさに遭遇しています。おそらく、社会人になって初めてでしょう、ここまで仕事に対するモチベーションが欠如しているのは。今はひたすら、降りてきてくれるのを待つ毎日です。そう、モチベーションがあるときって、何か、こう、魂のようなものが降りてきて、憑いてくれてるような気がするんです。彼に動かされてるようなものかな、と思います。その彼がどこかへ行っちゃったような、そんな感覚です。彼は、ターボエンジンみたいなものかもしれません。能力ないぶん、努力とターボエンジンだけが頼りです。そのターボが全く効かない。そんな中、買ってきた本が、これ。
なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?
たぶん、普段の僕だったら、手に取らなかったかもしれません。これを機会にして、モチベーションのコントロールが身につけばいいなぁ、と思ってるのですが。。。なんか、いい方法知りませんか?あなたのモチベーションを維持する方法を教えてください。

Posted by money at 2:39 AM | Comments (1) | TrackBack

June 2, 2004

もったいない

清水健太郎容疑者を逮捕 4度目、覚醒剤所持で


なんとも、個性的な役者さんの芝居が見られなくなるのがもったいない。僕が気がかりなのは「首領への道」の続きはどうなっちゃうの?ってこと。島田組3代目桜井鉄太郎がぱくられたら、跡目はどうするのよ? やっぱり、越智が組長代行を務めるんだろうか。

Posted by money at 11:42 AM | Comments (0) | TrackBack

May 22, 2004

正式名称は?

13:51

暇な方どうぞ。あんまり暇じゃない方はManiac Modeにチェックつけてプレイ!


マニアックモードが気持ちいい。

Posted by money at 8:35 PM | Comments (0) | TrackBack

May 18, 2004

適正、適職診断

福島人材派遣センター 適正・適職診断

あちこちで見かけたので、僕もやってみた。



あなたがご回答なさった際に強く顕れた一面は・・・

『統率する』

気質です。

良い精神状態の時
単刀直入・誠実・精力的・気取らない・自信がある

悪い精神状態の時
反抗的・鈍感・傲慢・自己中心的・懐疑的

性格
何事にも第一人者になろうとする自己主張タイプ。自分より弱い立場の人を守ろうという意識が強く、多くの人から頼られる存在。

注意
力の絶対性を信じ、周囲を完全に支配することを望む。自分に敵対する人たちの欠点を徹底的に攻撃する闘争的な態度をとる傾向もある。

仕事
主導権を握るのが上手なので、起業家、経営管理者、労働組合指導者、スポーツ選手などに向いています。

いかがでしたか?
己を知ることが、困難に立ち向かい、道を切り開くための第一歩とも申します。
この結果は必ずしもあなたのすべてではございませんが、あなた自身がお選びになった一つの方向でもあります。

これを機に、少々違う世界を覗いてみてはいかがでしょうか・・・。

そういえば、就職活動する前に、SPI試験をやってみた際に、「あなたは一匹狼タイプです。何も就職活動をして企業に就職することだけが人生ではありません。」という結果が出て、「これ、就職活動前のSPIの結論としてどうよ?」ということがあったことを思い出した。。。
と同時に、今の会社に入る前の就職の面接の際に、「君、自分の性格どう思う?」 「こう見えても、実は、態度は大きいですけど、気は小さいんです。」って答えたら、「そう? きみねぇ、鈍感って出てるよ?」 「え!? (汗)」なんて会話を交わしたことも思い出した。 

Posted by money at 1:28 AM | Comments (0) | TrackBack

May 4, 2004

シマンテック セキュリティ指令基地

まさに要塞、シマンテックの「セキュリティー司令基地」レポート
ネットワークの脅威に対抗する防衛最前線


さすがシマンテック。椅子が全部アーロンチェアだ。(って、見るとこが違う。)

Posted by money at 6:40 PM | Comments (0) | TrackBack

April 27, 2004

携帯番号持ち運び!?

「携帯番号持ち運び制度」ってなんだ?と思ったら、ナンバーポータビリティのことか。いや、確かに少し考えれば分かるんだけど、しっくりこないなぁ。せめて、キャリア独立番号精度とか。もっとわからんか。
Posted by money at 3:55 PM | Comments (0) | TrackBack

電子立国〜日本の自叙伝〜

見ましたねぇ、電子立国。日本の半導体メーカの工場とか、シリコンバレー発祥のフェアチャイルド社の話とか。その後、LDで全部そろえちゃったし。この以前社内Webサイト向けに書いてたコラムでもコンピュータのハードウェア向け教材としても指定したこともある。でも、二匹目のどぜうを狙ったソフトウェア編はつまらんかった。唯一記憶に残ってるのは、インタビューを受けているスティーブウォズニャックの後ろで動いていたMacの画面のスミにあったゴミ箱が、大きなゴミ袋になってたことだったりする。

Posted by money at 12:46 AM | Comments (0) | TrackBack

April 18, 2004

キルビル

笑わせていただきました。キルビルのTシャツ。ショボーンとしてる旦那さんがかわいいです。
Posted by money at 3:01 PM | Comments (0) | TrackBack

April 9, 2004

Who are you?

マークアンドリーセン? あなた、メタリカでドラム叩いてません? 
Posted by money at 12:57 PM | Comments (1) | TrackBack

March 31, 2004

ファイル交換

ファイル交換とレコード業界の売上減少は無関係†米経済学者が論文


これまでの音楽業界の主張が既得権益が侵害されている。諸悪の根源は、ファイル交換サービスだ。このままでは音楽業界はつぶれる、というものを真っ向から否定する純粋な経済学的な論文、まぁ、自分とこの業界なり、会社なり、部署なりの成績、業績が悪化したとき、外部要因を理由に挙げ、責任回避することはよくあることで(実は、景気悪化の諸悪の根源は、この外部要因に対する個々の甘えを合成したことによる誤謬が原因だったりして。)、気持ちはわからなくもない。こうなったら、音楽業界は、逆に、自分たちが売り出したい新しい音楽をプロモートするための新しい媒体としてファイル交換サービス、といったものを捉えてお互いに利用するぐらいの方が面白い展開になると思うんだが甘いのだろうか? だからといって、違法なファイル交換が認められる、という話にはならないとは思うが。でも、文化発展の足かせになってる可能性とクリエイティブコモンズという考え方も踏まえて、新しい著作権の考え方が必要になるんだと思う。がんばってくれ、法律屋さん。

Posted by money at 12:12 PM | Comments (0) | TrackBack

March 25, 2004

NTTグループのネーミングセンス

確かにねぇ。直近の話題だと、「パケホーダイ」とか? あとは「ドラグリとか、ヘア写ロンとか。その他にもシステム名とかいろいろあるけど、こんなところでは言えません。

で、こういったネーミングセンスがどうやって出てくるんだ?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、ご想像の通り、お年の召した偉い方々が会議室に一同に会し、眉間にしわ寄せてあーだこーだ議論しながら決まります、きっと。キラリと光る名前なんか出てくるわけねーべ? 

Posted by money at 1:13 PM | Comments (0) | TrackBack

March 13, 2004

パソコン使うのに、まずは勉強?

パソコンが全くダメなある女性のお話。彼女曰く、仕事でパソコンが使う必要が出てきた、そこで、まずはコンピュータの勉強を勧められたそうな。CPUとかコンピュータの仕組みとか勉強してるんだがちんぷんかんぷん。奥がとても深いことを実感してて自分にどこまでついていけるか心配だ、とのこと。
これを聞いて私の反応は、「あ、それ、間違ってます。コンピュータのエンジニアなり専門家になるわけじゃなく、単なる便利な道具としてコンピュータを使おうとしてる人が仕組みを学ぶ必要はありません。理屈はいらないからとにかく触って慣れること。分からなかったらその都度解決していけばいい。」と。
専門家、あるいはコンピュータで飯食ってる奴でも勉強しない奴、仕組みが分かってない奴がいっぱいいる、ってのに。なんか世の中間違ってる。

Posted by money at 3:29 AM | Comments (0) | TrackBack

March 9, 2004

雪山

最近、「組織とは2割の優秀な人間が8割の仕事をこなすことを実証してみよう」キャンペーン期間中、いや、「たまにはまじめに仕事に集中してみよう」キャンペーン実施中につき、ご無沙汰だった雪山に久しぶりに出かけて参りました。場所は、今シーズンの雪山初めにも使った舞子後楽園スキー場。うちからだと、そのまま北上して関越乗ってそのまま1本、しかもインター降りて2分という便利なところです。
あいにく吹雪と快晴が入り混じる微妙な天候でしたが、頭を真っ白にしてきました。舞子後楽園は、ちと易しめとは言え、中上級者コースから初心者コースまで、コースを選り好みせずにトライできるレベルにはなったような気がします(軽快に滑られる、とは言ってない)。お土産として、(1)首が回らない(人にぶつかってこられ、頭を打った際に衝撃を受けた模様。)(2)頭が痛い(たんこぶ?)(3)腕が痛い(筋肉痛)(4)右足が痛い(これも筋肉痛)(5)左足も痛い(これは、少し痛めた模様) とフルコース。
今年度内は恐らく今週末の湯沢近辺にて最後でしょう。(来年度? 雪山シーズンはまだまだ続きます。)

Posted by money at 3:24 AM | Comments (0) | TrackBack

March 6, 2004

ゴーログ

あの、下手したら(?失礼!)これからの日本の金融業界を動かす人になりそうな予感をさせてくれる、木村剛氏のブログ発見。記念にトラックバック。(ミーハー) しかも、著書やブラウン管から垣間見られる冷静沈着冷血理論派という雰囲気とは全然違ってブログ上ではとてもはしゃいでおられるご様子。ますます気に入ってしまった。そんな彼が飲み会やるぞーとサイトで公言されておりますが、木村剛氏と一緒に飲めるとなったらあなたならどうする? 僕だったら、「これからの日本金融界の進むべき方向性について熱い議論を交わしたい」と言いたいところだけど、木村氏と議論を戦わせるだけの金融業界に関する知識はないので
  • とりあえず、本にサインしてもらう。
  • あなたのIT分野のブレーンにしてくれと直談判する
が関の山か。いかん、これじゃ飲み会の場が持たない。あとは、木村氏の持論をとうとうとグラス片手に拝聴するのも贅沢かも。
Posted by money at 2:41 PM | Comments (2) | TrackBack

March 5, 2004

議論のアンチパターン

なんか、耳が痛いです。 僕がよくやらかす失敗。基本的に社内の目上、先輩に対してというのがほとんどですが、基本的なベースとなる考え方として相手にもプライドがある、自分よりもエンジニアとしての経験年数が長い、という前提に立つと、少なくともエンジニアの力量というか知識というか洞察力というかそういういわゆる能力として少なくとも自分と同等、いやそれ以上のものを持ってててあたりまえと考えてあくまで対等のエンジニアとして接します。すると、「なんでこんなこともわかんねーんだよ。何年コンピュータで飯食ってんだ?」という話になって、いつも怒られます。どうやら、新人さんのように懇切丁寧に教えてあげないと逆切れされます。部下、後輩から新人扱い、能無し扱いする方がよっぽど相手のプライドを傷つけるんじゃないかと思うんですが、どうも違うようです。こうして、私は今日も「言葉遣いかきつ過ぎる。それじゃ、ショック死する人が出てきますので、言葉は柔らかく」と怒られるのであった。 仕事を上手く進めるためには、議論が必要で、人間が複数人集まるんだから当然意見がぶつかることがあるのは当然で、ぶつかってから落としどころをどこへ持っていくかを探るのが腕の見せ所だと信じているのですが、どうやら意見がぶつかることそのものを由としない風潮が強い、と最近強く感じます。世知辛い世の中になりましたな(って、使い方違う。。。)
Posted by money at 3:25 AM | Comments (2) | TrackBack

March 4, 2004

コンピュータ内のファイル整理

実生活では、即だらしない人の烙印を押されてしまいそうなこんな整理法だが、コンピュータの中では結構有効だと思うのですがやっぱりだらしないですか? みなさんのオススメ整理法があればコメントやトラックバックどうぞ。
では、僕がいつも使ってる手を。 WindowsなんかでよくあるのはOSのインストール。さて、OSを再インストールときにMyDocumentsにあるファイルはどうしてる?まぁ、そのまんま別の記憶媒体なり別のマシンなり、ネットワークドライブなりにファイルをまとめてコピーして再インストールが終わったら同じようにMyDocumentsへ戻すというのが一般的だと思う。ここで一工夫。例えば再インストールした後に、まっさらなMyDocumentsに例えばoldなんてフォルダを作る、そしてバックアップを取っていたものは全てそこにそのまま入れちゃうんだ。毎回再インストールをする度にこれをやっていると、歴代の持ち越したファイルがMyDocuments/old/old ....という風に「OSのインストール」という単位に時間ごとにフォルダ階層が深くなっていく。あと、oldフォルダから必要なものが出てきたら、これをまず、今のMyDocumentsフォルダに直接持ってくる。すると参照しなくなったファイルほどフォルダ階層の奥底に眠る、ということになる。これも「超整理法」の一種だと思うけど、これするだけで結構すっきりするのでお勧めです。僕もこれは、本か何かでこういう方法を知ったんだけど。

でも、僕の一番の悩みは、WindowsのMyDocumentsと、cygwinの$HOMEをなんとかして統合したいんだけどいい方法が思いついていないことだったりする。

Posted by money at 4:21 PM | Comments (2) | TrackBack

February 25, 2004

成田が第2ターミナルが混雑するわけ

へぇ。でも僕は第1ターミナルしか使ったことないので、分かりません。いつも格安な路線しか使わないので。
Posted by money at 9:05 PM | Comments (0) | TrackBack

February 18, 2004

こんなところにもM&A

このため、かの一人人形劇お笑い芸人は、文字通り片腕をもぎ取られた形となり、芸暦を続行するのを断念した、という。

なんてことはない!?

今回は、ちょっぴり、H.I.D.風味にしてみましたが、いかがだったでしょうか? 

Posted by money at 11:13 AM | Comments (0) | TrackBack

February 6, 2004

WindowsPC looks like mac G5

誰もが一度はやってみたいことをやった男の顛末!? そう、G5の筐体はスタイリッシュだし、部屋のインテリアとしてもなかなかいい線いってる。あんなスタイリッシュなATXケースがあれば、、、とはPCユーザなら誰もが一度は考えることなのではないだろうか?それをやってしまったら、Macユーザから非難ゴウゴウの脅迫まがいのメールまで大量に届いたというお話。 マック信者にしてみたら、「マックを冒涜した」ということになるのかも知れないけど、結論として、将来PCケースを買う代わりに、G5のジャンク品を買ってきて中身を取っ払ってPCパーツを組み込む、という手が可能であることが判明したわけだ。あとシネマディスプレイを買ってくれば、うん完璧。あとは、Linuxインストールして、WindowManagerにAfterStepなんか入れちゃったりすれば。。。夢は広がる。やっぱり、マック風を目指すのであれば、BSDを入れるべきかな?
Posted by money at 1:16 PM | Comments (0) | TrackBack

February 4, 2004

社長になれる度チェック

●新感覚推進タイプ [Da型] 社長なれる度99%
あなたは既に何らかの形で、代表か社長またはリーダー的存在で活躍していることでしょう。一風変わった感覚を持った個性派です。自由主義で枠 にはまらず、規制されることを何より嫌います。 しかしその個性は尊重されるべきで、若い時代には多少窮屈かもしれませんが、めげずに独自の道を歩んでください。 基本的には図形的空間的センスに優れているので、芸術や都市計画・環境な どの分野で大きな視野をもち斬新な発想をもって望んでください。

[相性判断]
◇Ba、Bb、Bc型の人とコンビを組むとあなたの発想は現実味をもちます。
◇あなたをもうひと回り大きくしてくれる人はDb、Dc、Cb、Ccの人達です。

●あなたの知能領域(考えたり憶えたりする材料 )
あなたは、ものの形・位置・方角などを材料に
『図形的にとらえ』考えたり憶えたりする能力に優れています。

●あなたの知能活動(どのように頭を働かせるか)
『転換的思考型』
ひらめきが良く、逆転の発想などまったく別の角度からの視点をもって考えられるタイプ。発見・発明タイプ。


だってさ。うそくせー。僕を一回り大きくしてくれる人、っておいしいものをいっぱい食べさせてくれる人だったりして。。。

若い時代には多少窮屈かもしれませんが、めげずに独自の道を歩んでください。
そうか、若いうちは窮屈でもこのまま精進すればちゃんと痩せられる、ということか。なるほどね。
Posted by money at 2:14 AM | Comments (2) | TrackBack

February 3, 2004

ボーダレス社会への挑戦

どこまで世の中のボーダレス化を法整備で食い止められるんだろう? 今もすでに洋盤は、国内ものよりも直輸入版の方が安価であり、この大量輸入、大量販売で成長したCDショップも、バージンやタワーなどがある。国内の大手メジャーは、ボーナストラックを追加したり、日本語訳詩やライナーノーツを充実させることで差別化を図っているわけだが、今や、楽曲データのみを1曲単位で購入する時代である。大手レコード会社の思惑通りにはいかないんじゃないかな。
Posted by money at 6:57 PM | Comments (0) | TrackBack

February 1, 2004

挨拶

以前(2003/01/10)、社内のウェブサイトにこんなネタを書いた。


以前に沖縄でサミットだかがあったときの話。 時の我が総理大臣、森さんは、通訳の方から事前にこう教わったそうだ。

通訳「クリントンさんがいらっしゃったら、まずは、『How are you?』と声をおかけください。そうすると、クリントンさんが、『I'm fine,thank you.And you?』と返されます。そしたら、『Me,too!』と答えてください。その後は、我々にお任せください。」

さて、無事に対応できるのか、我らが総理。

クリントンが、森に近づいてきた。

森 「Who are you?(お前は誰だ?)』 通訳を含めて回りが凍りつく。

でもさすがはクリントン。

クリントン 「I'm ***'s husband. And you?(ヒラリーの旦那だけど。あんたは?」

森 「Me,too!(俺もだ)」

笑うに笑えない、本当のハナシ。 合掌。

なんと、デーモン小暮閣下が同じネタを自身のアルバムの中で使ってた。びっくり。

Posted by money at 8:07 PM | Comments (2) | TrackBack

牛、消える

先日、たまたま入った松屋ではメニューは既に豚丼に置き換わっていた。切り替え当日だったらしい。どこも牛対応で大変そうで。鶏の話もあるし、なんか外食産業いじめのよう。かと思えば、牛BSEの影響は外食産業だけじゃなかったようで、
意外とこんなところにもBSEの影響が...(いや、違うだろ。)
Posted by money at 2:46 AM | Comments (0) | TrackBack

January 30, 2004

エンジニアに光明

ようやくまっとうな世の中になる兆しが。
Posted by money at 8:01 PM | Comments (3) | TrackBack

January 29, 2004

アスキー改め

週刊アスキーは、週刊ハルキー にでもなるのか?
Posted by money at 11:42 PM | Comments (0) | TrackBack

12人(じゃないけど)の優しい日本人?

日本に陪審員制度があったら? というテーマを芝居にし、さらに映画化もされた表題については説明の必要はないだろう。さて、ようやく政府原案が出てきたらしいが、先日新聞の骨子を読んで気になった点として、仕事を理由に指名を断わることを認めるとのこと。
これじゃ、「もし、裁判員としての役目を果たすには、会社は年休をとって行かないといけない。つまり、わざわざ休みをつぶさないといけない。」という問題が。。。これじゃ、日本に陪審員制度は根付かないだろ。少なくともアメリカのように基本的に拒否はできない。指名されたら会社は、裁判へ行くことを認めないといけない、旨を制度の中で謳わないと、これじゃ国民の義務って言っても余計な負担が増えるだけ。なんか、少しつめが足らんのだ。

今ある、「制度上どうしても仕事を休まなければいけない」ものの例として、免許書き換えとか確定申告等がある。確定申告は、会社勤務だと比較的稀だからあまり問題にならないし、免許はもし行かなければ失効してしまい、自分が困るので、仕方がないにせよ、行くことになる。でも、裁判員としてわざわざ年休とって行くかなぁ。。。もちろん、裁判というものに興味あるし、出てみたい、というのはあるけど、わざわざ仕事休んで、自分に利害がない裁判に国民が参加するのだろうか?

Posted by money at 6:51 PM | Comments (1) | TrackBack

ガンダムが闊歩する街

ガンダムが街を闊歩する → ザクの奇襲を受ける →  アムロがマニュアルを拾う → ザクを爆発させる → 街が廃墟となる、アスファルトを傷める → 土建屋さんの需要が増す → 自然と内需拡大 → 街が潤う → 景気拡大

なるほどね。(何が?)

Posted by money at 1:09 PM | Comments (0) | TrackBack

January 26, 2004

Pen Style

ペンのようにもつ、マウス、だそうな。 写真だと、僕のように紅葉のような手をもつ者にとっては、少し太くて持ちにくそうな気がするが。 外見は、スタイリッシュでなかなかよさげ。 机上の稼動範囲を小さくできるかな?
Posted by money at 9:18 PM | Comments (0) | TrackBack

November 18, 2003

連ドラな秋

珍しく連ドラにはまる日々。
ビギナー
恋文
白い巨塔
つっても、時間どおりに見たことはありませぬ。全部DivXでエンコーディングしたもの。うまく行けばなんとかDVD1枚に1クール分収めることも可能。いい世の中になりました。VHSに撮った「振り返れば奴がいる」をせっせとダビングしながらCMカットしてた頃が懐かしい。でもさすがにPC用モニタで暗い画像を見るには耐えられませんので、ビデオカードからSケーブルと光ケーブルをAVアンプに突っ込んでます。この辺の連携がもうちとうまくできるといいんだけど。まぁもう少しの辛抱でしょうか。ダウンスキャンコンバータを買えばいい、という話もあるが。やはりPSX、買いですか?

Posted by money at 3:46 AM | Comments (0) | TrackBack

October 25, 2003

ツールの功罪

「ツール」には、創作意欲を掻き立ててくれる半面、そのツールの使い勝手や表現力に縛られる面がなきにしもあらずってことだと思います。しょせん、ツールとは頭に浮かんだアイデアを表現するためのものだから、そのアイデアを表現するのに都合のいいツールを使えばいい。だからこそ、【ツールは使いこなしてなんぼ、ツールに使われてはいけない」のだと。だから本当の意味での優秀な人というのは、その辺がわかってて、その「頭に浮かんだアイデア、考え」をうまく表現できるためにツールを選んでいる。結果、うまくツールの能力を引き出しているんだと思う。 それに引き換え、なんでもかんでもひとつのツールで済まそうとする人は多い。よくある例が、なんでもかんでもエクセルな人って周りにいません? ドキュメントを書くのもメモを書くのも何するのもエクセルって人、結構身の周りにいるんです。彼らってとてもエクセルを使いこなしてるようには見えますが、そんな人に限って、表計算ソフトとしてエクセルをつかってなかったりします。みんなドキュメント用フォーマッタ(特に、テーブルフォーマッタ)としてしか使ってない。まぁ、そんなもんです。 という僕はというと、最近、ROSEに替わるソフトウェア設計を記述するためのツールが欲しい。本当に、みんなUMLだけで満足できているのだろうか?何が足りない?といわれると困るんだけど、なんか、帯に短し、たすきに長しというか、UMLで頭の中のイメージを書いてても表現しきれていないというストレスを感じることが多い、今日この頃です。最近は、UMLって、所詮、ユーザアプリケーション(特に企業系システム)向けの分析、設計用で、もっとレイヤが低いソフトウェアとか、特定の用途向けのソフトウェア仕様を記述するのには向いてないなぁと思うことしきり。でも、組み込み用のUMLなんてのもありましたな。
Posted by money at 7:16 PM | Comments (0) | TrackBack

October 21, 2003

最近、体験することの重要性が忘れられていると感じることが多い。仕事の中でよく感じるのが、みんなゴールに向けての最短距離を求めすぎることと、すぐに答えを求めすぎるのでは? ということ。僕は、エンジニアとして、ゴールに辿り着くまでの試行錯誤、暗中模索によって得られた周辺知識や、体験、ノウハウこそがそのエンジニアのセンスを磨く肥やしになると考えていて、すぐさま答えを教えないようにしている。これを人によっては単なるイジワルに感じる奴も多いが、そう感じる奴の将来は明るくないので気にしない。
Posted by money at 10:31 AM | Comments (0) | TrackBack

October 17, 2003

居酒屋

僕も一人のランチは苦にならない。つーか、一人でしかいけない、ちっちゃな定食屋に行けるとか、時間ずらしてゆっくり本読みながら食えるというのもあるかと。 でも仕事帰りの居酒屋については、僕はどっちかというと肯定派かなぁ? 「飲み屋でしか話せない仕事の話」というものがある、と思ってる。もちろん、クダ巻いてるだけだったり、単に騒ぐだけなら遠慮したいけど。今一番欲しいのは、業務時間中に仕事抱えて逃げ込める喫茶店かな。
Posted by money at 2:16 AM | Comments (2) | TrackBack

October 10, 2003

みかんダイエット

この冬は、みかんを箱買い、決定。 昔、みかんの薄皮を食べると、盲腸になるぞーって言われたんだけど、実際のところどうなんでしょう?
Posted by money at 10:06 PM | Comments (0) | TrackBack

シュワ知事

結局、こうなっちゃったのか。
俳優を大統領にしたり、知事にしたり、懐が深いというか、いいのかアメリカ国民?

つーか、セクハラお笑い芸人を知事にした大阪人が言えることではない。

Posted by money at 1:45 AM | Comments (0) | TrackBack

October 7, 2003

議論と喧嘩は違う

なにやらおっかない(? 失礼。)タイトルだが、ここにある「つぶやき日記」は妙に考えさせられるネタが多く、私がいつも楽しみにしているサイトの一つである。 ここは無断転載なので、今日(2003/10/6)のネタの内容をかいつまんでみると、議論を進めていくと、どうも日本では、いじめになってしまう。今の日本はそれほどまでにひ弱なのか?というお話。

いつも仕事で打ち合わせしてて思うのが、みんな議論を避けるということ。議論になりかけると、当事者以外は他人事のように様子見に入ってしまう。で、知らぬ間に自分ひとりがエキサイトしてるというお寒い光景。まぁ、議論に慣れていないというのもあるんだろうし、そもそも時間を取ってても議論することは想定しておらず、予定通りの報告とか連絡のたぐいをさっさとやっちゃって早く終わりにしたい、というのもあるんだろう。それに議論するには、それなりに考えていたり、こうあるべきだ、みたいな1本通った信念というか、哲学というかポリシーみたいなものがないとつらいんだが、そういったものを持ち合わせている方がなかなかいらっしゃらない。あと、いつも議論を吹っかけてると、時折(決まって、その打ち合わせが終わってから)「君って、あの人嫌いなの?」みたいなことをこそっと言ってくる輩も必ずいる。僕は、仕事上の議論(僕はソフトウェアなエンジニア)というのは、プロのエンジニアどうしが、お互いの技術と知識、経験をかけた戦いだと思ってて、それぞれが持っている「こうあるべき」という、今作ってるプロダクトの理想像をぶつけ、互いにないものを取り入れ、さらにいいものへと昇華させるための重要なプロセスだと思ってるんだけど、なかなか理解されないんだよねぇ。どうすればいいんでしょう?

Posted by money at 11:24 PM | Comments (5) | TrackBack

September 13, 2003

Vacation

さて、いまさらという気がしないではないが、今月第1週は夏休みを取ってました。今年は、去年とは違ってリゾートでのんびり、というテーマを設定し、日本人のためのリゾート地、グアム。同僚のご夫人が某旅行会社にお勤め、ということで前もって参考意見を伺った上で、そこのツアーに乗っかりました。月曜(9/1)か火曜(9/2)出発で4日間ということでプランを考えた結果、ツアーの空き状況の都合により、2日朝出発、5日(金曜日)夜帰国という週の平日をフルに利用するタイプに。金曜夜発とか、週末を絡めるより安上がりなので、結果的にワンランク上のホテルだったのでは?という気がしてます。ちなみに、空いた月曜は、出社するような野暮なことはせず、ジュラシックパークインスティチュートツアーへ行きました。これは、あの映画の中の研究所が原宿にできた、という設定で、映画の中のように、その研究所を見学できる、というアトラクションでございます。夏休み企画ということで、秋までしかやってませんので、夏休みが終わった今が一番の見頃ではないでしょうか?さすがに9月入ってからの平日なだけあって、比較的空いてました。内容は...ここでは申しますまい。まぁ、十分チケット代に見合うだけの内容である、と言っておきましょう。スタッフも結構、気合入ってました。あ、研究所の施設として、いろいろコンピュータも置いてあった(要はパソコン。デルが多かった。スポンサーしてるのかな?)けど、目に見えるところに置いてあるキーボードはすべて、なぜかHHKの黒だった。スタッフに変なのが混ざってる模様。

2日(火曜日)
さて、初日。成田発9:45だったので、ツアーとしての集合時間は、2時間前の7:45。今回は、車で成田へ行くことにしました。渡航中は、近くのUSAパーキングというところを使ってみました。結局4日間の保管、最終日前日に無料洗車(機械式)、エアポートまでのバス送迎つきで2000円ちょい、だからまぁリーズナブルなんではないでしょうか?ちなみに、帰国時の車受け取りの際に、ドアにライトを当てて、「傷ついてるぞー。どうしてくれる?」と係員に詰め寄ってる馬鹿もいましたが、そんなに気にするんならこういうところ、使うなよ、と思います。ちなみに、我が愛車は、いまさら小さい傷を探すまもなく、よく目立つ傷があるので気になりません。
3時間のフライト後、そこは常夏の島...の前に、ツアー全員の点呼と、巡回バスへの振り分けを経てホテルで落としてくれます。この辺の手際の悪さはどうにかならんか?とも思いますが、まぁこれがあるからこそ安い料金なのでしょう。
初日は、ホテルチェックイン後、少しだけ、ホテル内のプールとビーチにて水につかりました。ここでびっくりしたのは、ひざぐらいまでの遠浅のビーチで、足元で泳ぐ熱帯魚を見たことでしょうか。これを体験すると、日本の海で泳げなくなる、という某友人の言葉に信憑性が増します。

3日(水曜)
翌日は、日本から予約していたオプションによる、海のアクティビティで遊ぶ1日。ジェットスキー、バナナボート、パラセイリングを楽しみました。遠浅のビーチから離れて、パラセイリングの空から眺める海の青さは格別。でも、ここのビーチは、水が濁ってて魚は皆無なので、一通り楽しんだ後は、ホテルのビーチにて魚見物。

4日(木曜)
唯一海に入らなかった日。
朝から、HAMAMOTO Tropical Fruit Worldという果樹園のツアー。園内ツアーと、フルーツ試食、ヤシの実加工の実演等。
夕方戻ってきて、観光客向けの実弾射撃。38口径、44口径マグナム、ライフルを撃ちました。元々突発的な音に弱い相方が、途中でギブアップしてしまったので、悪いことしたな、と少し反省。(「ギブアップしたんじゃない。6発中、2発を命中させ、首を撃ち抜いたから嫌になりました。銃規制推進者になります。書き直せ。」とは相方の弁。)

夜は、Sand Castleという、ディナーショーにて、食事とショー(なぜか、このサイト、日本語)。本場ブロードウェー(だったか、ラスベガスだったか)仕込みという触れ込みで期待してましたが、まぁ、それなりに楽しめました。男性ダンサー陣の体の動きにキレがなかった、というのは、相方との共通した見解。

5日(金曜)
最終日は、前日海に入れなかったので、朝から海。早朝は雨(スコール?シャワー?)に降られましたが、スグにやみました。で、昼前にチェックアウト、お土産購入等を経て岐路へ。

結論:
1:グアムは、日本だ。
2: 少なくともアメリカらしくはない。
3: こういうところへの旅行は、ホテルの質で決まる。(今回利用した、GUAM REEF HOTELはビーチへもホテルのプールからそのまま行けるし、当たりだったと思います。アウトリガーウェスティンホテルに挟まれ見劣りする点もありますが、一応、ホテル街の一等地、海岸沿いに位置し、全室オーシャンビューではずれなしという点も評価ポイントかと。)
4: 確かに日本の海では泳げなくなる。
5:でも、何度も来ようとは思わない。
6: これ以上日程が長いと、(多分)飽きる。
7: ネットはつながらない、と思え。(そんなとこ行ってまでつなぐな、という話もありますが。)
8: やはり、ああいうところでは、大阪弁は目立つし、耳障りだ。
9: 腕時計の防水つき、という言葉は過度に信じないこと。(そのまま海に入って、見事に溺死しました。)

ってとこでしょうか。

Posted by money at 3:47 AM | Comments (0) | TrackBack

August 19, 2003

それに引き換えホンダは.....

さすがの洗脳暦*十年の阪神ファンな私でも、この車は欲しいとは思わない。

いくら、ベース車がボクスターになっても、AMG500になってもやだ。

Posted by money at 2:33 AM | Comments (0) | TrackBack

Open Z

いいなぁ、Zのオープン仕様、FAIRLADY Z ROADSTER。
もともと新しいZは、お尻のシルエットが好きになれない(なんか、重心が高いように思える)んだけど、オープンになると、上がなくなったせいか、比較的重心が低めに見えるのがいいと思う。

Posted by money at 2:25 AM | Comments (0) | TrackBack

June 26, 2003

蟻と象の対決!?

小国の訴えは、認められるかどうか見もの。ある意味、オンラインビジネスの今後の行方を占う重要な判決になると思われ。

でも、これが認められると、事実上国境は意味をなさなくなるのではないだろうか?

Posted by money at 2:53 PM | Comments (0) | TrackBack

June 11, 2003

クオリア

ソニーが高級ブランドを発表したが、なんか、価格帯的にも、ハイエンド指向としては中途半端だよなぁ。本当の意味でのハイエンドオーディオを標榜するのであれば、数百万クラスの価格帯のものを用意しないと、ハイエンドマニアには物足りない、でも一般人には高すぎる、というやっかいなブランドになりそう。 外見のデザインで売るんであれば、なんちゃってハイエンド指向なミーハー族には受けるかも。
Posted by money at 5:18 PM | Comments (0) | TrackBack

June 10, 2003

こじき芸人


The Beatles Live In Japan Document 1966


ビートルズの来日裏話。
「こじき芸人に武道館を使わせるな」だそうな。いまやS.O.D.ですら「Live at BUDOKAN」というアルバムが出てるとは、いい世の中になったもんだ。でも、武道館、音はいまいちなんだよねえ。僕の武道館経験は、クラプトン師匠謁見のみ。

Posted by money at 10:42 AM | Comments (0) | TrackBack

June 3, 2003

ようやく出ました。

約1年半前ほどに、しこしこと翻訳してたものが、ようやく本屋に並んだようです。本屋にお立ち寄りの際には、是非ともお手にとってみてください。(さすがにこの値段だと買って!とはいえない。)

ちなみに、共訳だし、ちょこっとしか担当してないし、印税的には少しも面白くありませんが、暗号の世界では、文字通り教科書的な存在である故、息は長いんじゃないかな?と勝手に思ってます。

Posted by money at 11:15 PM | Comments (3)

MT事始め

いろいろ試行錯誤してましたが、ようやくMT始動します。ヘンなもん作ってたみたいでご指摘感謝。>友人I氏

でも、横にずらっとリンクを並べたりする方法がまだよくわかりません。スタイルシートもデフォルトのまま。ま、いっか。

Posted by money at 11:08 PM | Comments (5)