January 26, 2006

[メモ] NDP

Neighbor Discovery Protocol の略。

同一リンク上のノードに対する動作を扱うプロトコル。保持する機能としては、


  • ルーター探索

  • プレフィックス探索

  • パラメーター探索

  • アドレス自動設定

  • リンク層アドレス解決

  • 次ホップ決定

  • 近隣到達不能探知

  • アドレス衝突検出

  • リダイレクト


ICMPの一部として実装され、主にデータリンク層のアドレス解決、ネットワークパラメータの検索、隣接ルータの発見を行う。

ルータがサーバ、ホストがクライアントになり、RA(Router Advertise)を用いて情報を取得し、ホストは自分のアドレスを自動生成する

参照:RFC2461

Posted by money at 1:59 PM | Comments (0) | TrackBack

January 24, 2006

[メモ] FreeBSDのIPv6有効化

あえて言おう、NW屋ではない、と。 (ギレン風)

# vi /etc/rc.conf

defaultrouter="192.168.10.1"
hostname="host0.foo.bar.net"
ifconfig_em0="inet 192.168.10.16 netmask 255.255.255.0"
ipv6_enable="YES"
ipv6_network_interfaces="em0"
ipv6_ifconfig_em0="2005:123.456.10::16"
ipv6_defaultrouter="2005:123.456.10::1"

# りぶーとっ!

Posted by money at 4:43 PM | Comments (0) | TrackBack

October 5, 2005

ThinkPadでデュアルブート

ThinkPadは、最初からDISKを2つのパーティションに分け、後ろのパーティションにリカバリ用のデータが格納してある。そして、トラぶったら、そこからデータをコピーすることで、工場出荷時の状態にはすぐ戻る、という機能があって、D2D(Disk To Disk)リカバリという。
こいつを有効にしつつ、Linuxとの併用ができるような設定をすべく悪戦苦闘したので、そのメモをば。
最近だと、FDISKコマンドの調達がいちばん面倒だったりするのだが、それも無事解決。

・まず初期状態は、
IBM PRELOAD (C:) 51.05GB NTFS <- デフォルトCドライブ
IBM SERVICE 4.84GB FAT32 <- D2Dリカバリ領域

・手元にFedora Core4のメディアがあったので、そのインストーラを用いて、パーティションを分割
Fedoraの手動パーティションツール(Disk Druid)だと、NTFS,FAT系のパーティションは作成できないので、とりあえず、
  Windows用に20G (但し、ext3としてパーティションテーブルに書き込み)
  Linux用に20G (ext3を指定)
  残り、約15G (空き領域)
  4.84G FAT32 そのまま
の形で、パーティションテーブルを上書き

・この状態で、Fedoraのインストールを中断し、D2Dリカバリを用いて、WinXPを
再インストール
 →上記の初期状態に戻る(つまり、上記の作業で行ったパーティション作成が全
く無効に。なんてことをしやがる。全く恐ろしい。。。)

・DellのデスクトップPCについてきたプレインストール用WinXPメディアがあったので、それを用いて、インストーラ起動、Cドライブパーティションを削除、新規に20Gのパーティションを先頭に作成

・上記インストーラを中断し、リブート
・IBMレスキュー&リカバリが起動せず。
 これが起動できる条件は、よくわからず。

・再度、上記メディアにて、WinXPインストーラを起動。
 今度は、OSインストールまで実施

・でもやっぱり、IBMレスキュー&リカバリが起動せず。素のXPマシンができあがる。これだと、ThinkPadのいろんな機能(指紋認証とか?、サスペンドとか?)が使えないので、却下。

・付属のThinkPad用Rapid Restore、リカバリCDを用い、とりあえず工場出荷状態に戻し、
 IBMレスキュー&リカバリを用いてWinXPを再インストール
 → やはり、最初の初期状態に戻る。

ここで、「このThinkPad T42P(とは限らないと思うが)に付属しているD2Dリカバリは、強制的に、デフォルトのパーティションテーブルに問答無用で書き換えてしまうのでは?」という疑念がちらほら。

やっぱり、FDISKが欲しい、、と思ったところで気がついたのが、KNOPPIXという1CD Linux。最初ブートしてみると、DISKは読み込みだけで書き込みはできん、というので、ダメか?と思ったが、rootでfdiskコマンドを叩いたら、無事起動。おお、FDISK問題は、これでクリア。

さっそく、現状の大きなNTFSパーティションを削除。新規に20Gの先頭パーティションを設定。ファイルシステムをNTFSに指定する。

これで、D2Dリカバリを起動して、XPを再インストール。
→ またもや初期状態に戻っている。

ここで、FATならいけるんちゃう?という神のお告げがあり、再度KNOPPIXを起動し、今度はFAT16を指定。ついでに、複数パーティションの場合の挙動を確認したいので、もういっこFAT16で20Gパーティションを作ってみる。

これで、D2Dリカバリを実施すると、ちゃんと、「パーティションが複数あるけど、Cドライブだけフォーマットする?それとも全部フォーマットする?」と聞いてくれる。ここで、「Cドライブだけー」とお願いして、無事20Gパーティションに、D2DリカバリでXPのインストールが完了。

コントロールパネルから、管理ツール→ディスクの管理ってやつで確認すると、先頭20Gパーティションは、XPのCドライブ(NTFS)に、もういっこの20Gパーティションは、未フォーマットのDドライブとしてマウントされていた。気持ち悪いので、このツール上で、Dドライブを指定し、「パーティションを削除」とすると、なぜだか「プライマリパーティション(つまり、ドライブC)」を削除しようとする。

なので、あきらめて、Fedoraのインストーラを起動し、Disk Druidを使って、Dドライブをext3に強制書き換えをして、フォーマット、インストール。

これで、無事にThinkPadのデュアルブート化成功。

ちなみに、今回使ったKNOPPIXの入手先は、こちらです。ご参考まで。

Posted by money at 10:09 AM | Comments (2) | TrackBack

April 27, 2005

April 20, 2005

[メモ] wema - 付箋指向の多目的ツール

wema - 付箋指向の多目的ツール

wema - 付箋指向の多目的ツール

Posted by money at 12:58 PM | Comments (2) | TrackBack

November 2, 2004

メモ:Pragmatic Project Automation

200410_automation.pdf (application/pdf Object)

Posted by money at 3:12 PM | Comments (0) | TrackBack

メモ:創作のための意識改革術

創作のための意識改革術

Posted by money at 3:11 PM | Comments (1) | TrackBack

January 22, 2004

エグザス

本日のメニュー:Run x 3km, Weight Traning , Swin x 0.8km, Sauna

Posted by money at 9:45 PM | Comments (0) | TrackBack