October 1, 2008

Amazonのリコメンド機能

「この商品を買った他の人は、こんなん買ってます。」
「過去に、こんな商品を買った人に、こんなん、いかがでしょう?」

ってな感じで、手を替え、品を替え、物欲を刺激するアマゾンのリコメンデーションですが、意外にも精度がそれほどよろしくないことがわかった。

というのも、

つい先日、10/1発売のOASISの新譜をお勧めするメールが届いた。まぁ、それはいい。で、普通は、そこで、すかさずアマゾンへ行って、「ポチッとな」する。これで、予約完了。

で、その商品が昨日発送された、とのメールが届く。

さらに、本日、商品が届く。

その間、何度も、同じCDをリコメンドするメールが届いている。今日も届いた。
いくらなんでも、アマゾンでの購買履歴、注文状況をフィードバックした上でのリコメンドだと思っていたのだが、どうもそうではないらしい。

サイト上のマイストアには、注文状況等に応じてランキングをいじったり、いろいろ凝ったことをしてるみたいだけど、メール配信によるリコメンドは、とにかく、「過去***を買った奴全部!」みたいなクエリーで、引っかかったメールアドレス全部にまとめて同報配信してるみたいね。日々綿々とリコメンドアルゴリズムを練り続けていると思っていたアマゾンだったけど、意外としょぼかった。

といいつつ、しっかりアサマシエイトする。

ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)
ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)オアシス

SMJ(SME)(M) 2008-10-01
売り上げランキング : 3

おすすめ平均 star
star一聴しただけの感想ですが。
starすげぇ…
starファンなら買うべしー!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Posted by money at 1:29 PM | Comments (0) | TrackBack

August 8, 2007

[メモ] 大阪経済大学創立70周年記念講演会

ネット徘徊中に見つけたのでメモ。

大阪経済大学創立70周年記念講演会

海の向こうでは、IT Conversationsという、IT系に偏った、講演会の録音が聞けるサイトがあり、ヒヤリング練習用として聞いてる人も多いけど、ITに限らずとも、日本国内の講演会録音ポータルサイトが欲しいなぁ。
IT系のイベントの講演だけでなく、たとえば書店が主催する著者の講演会とか。

まぁ、録音を禁止する講演会が多いのが最大のネックではあるんだけど。

Posted by money at 12:35 PM | Comments (0) | TrackBack

May 23, 2006

amebloって最近調子悪いみたい

僕が巡回しているブログにもアメブロのものがあるのでよく身にいくし、実際に僕自身もアメブロのアカウントを持っていたりする。なのだが、最近特に、「今、いっぱいアクセス来ててさばききれんので、また後でアクセスしてちょうだい」メッセージとの遭遇率が高い。アメブロを支える技術陣のみなさんは、頑張っておられるはずなので、「アメブロあかんやん」なんてことは言うつもりはないんだが、なんだが、現場技術チーム内部が空回りしてるのでは?なんて気がしないでもない。

多くの人がご存知のように、サイバーエージェントは、元々ネット指向の広告代理店(だったよね?)なので、どちらかというと、技術力というよりは、営業力により会社の成長を牽引してきた会社(だと僕は認識している)。その成長を土台で支えるための技術力は保持しているはずなので、ちゃんとエンジニアは揃ってるはずだし、技術力も持っているはず。でも、それが最近上記のように、サービスに支障をきたしているということが、先日の藤田氏のブログにあったエンジニア募集という動きにも表れているんだと思う。先日のそのエントリを読んで、「うーん、頭数そろえるような文言はまずいんじゃないの?それよりも、(僕はどういう方なのかは知らないが)CTOがいるはずだから、彼にエンジニア採用の権限を与えて、好きにやらせればいいじゃん」と思った。で、今日、技術者採用|渋谷ではたらく社長のblogを見てみたら、なんとCTOのポストそのものがここ半年ほど不在で、その面接すらできていない、と。

うーん、藤田社長、それはまずいです。エンジニアを20人〜30人集めて技術チームを構築することも大事ですけど、それよりもまず早急に信頼すべきCTOを1本釣りして、彼にチームビルディングを委任すべきでしょう。

いい会社というのは、営業チームと技術チームがうまく両輪を回していくことが重要で、どちらか一方が強くてもうまく回らない。創業当時のサイバーエージェントの技術周りは、当時オンザエッジの堀江氏が支えてたみたいですけど、ある意味藤田氏の右腕となる、そういった技術に明るい人材というのが重要なんじゃないか、と。で、そのCTO氏に人的魅力があれば、優秀なエンジニアは必然に集まるんじゃないか、と。そう、エンジニアという人種は、与えられる仕事の内容、ポジション、報酬、仕事の環境も大事だけど、誰と仕事をするか、というものをとても重要視する。開発は必ずチームで行うので、自分ひとりでは何もできないことを一番わかっているからだ。またそのチームの中では、非公式な徒弟制度が横行し、自分が勝手に師と仰ぐ人と一緒に仕事をしつつ、その人を自分の成長の上での目標として勝手に設定する。それが、エンジニアそれぞれのモチベーションの源泉となる。そういう側面を意識し、またそういうエンジニアの習性をある意味うまく利用できれば、いい技術チームが作れるだろうし、会社も成長するんじゃないでしょうか?

Posted by money at 6:05 PM | Comments (1) | TrackBack

May 20, 2006

グーグル@文藝春秋6月号

文藝春秋6月号の中吊り広告に、「怪物、グーグルが世界を支配する」という文句を見つけて、気になったので、買ってみた。

件の記事は、森健さんという方。森さんは、

4757211708インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?―情報化がもたらした「リスクヘッジ社会」の行方
森 健
アスペクト 2005-08

by G-Tools
を上梓されているジャーナリストの方。氏のブログによると、
これまで私はバイオテクノロジーや脳科学などの生命科学や教育問題などの著作を出してきましたが、8冊目となるこの本は日進月歩で生活を変えつつあるITや情報通信技術がテーマです。  ただし、そうした技術を賛辞するものではなく、むしろその技術の広まっていく社会に対して懸念を抱いた内容です。
と、上述の本の紹介で述べておられるので、どちらかというと、以前に取り上げた佐々木氏と似たような立場としてのGoogle論ということになるのかな。

内容としては、グーグルアドワーズによるニッチなターゲッティングに成功したインターネットショッピングサイトの紹介、過去の検索エンジンと違う、グーグルの評価システム(ペイジランクの話)の解説、アドセンス狩りの話、中国グーグルの検閲の話など、(いわゆる本当の意味での)一般的には知られていないグーグルの話題、ということで文藝春秋読者を意識した内容。

個人的には、創業者ラリーの紹介は、「ラリーペイジ」と表現しているのに、評価アルゴリズムの方は「ページランク」となっているのがとても気になった。これだと、読者は、「ホームページランク」だと思うんじゃないかと。
あと、本稿の最後で、


グーグル社のページには、共同創設者のラリー・ペイジの発言が掲げられている。
「完璧な検索エンジンとは、ユーザの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すものだ」
 だが、それは達成できているのか、疑問を抱かずにはいられない。

と締めくくられている。つまり、森氏は、ラリーのいう「完璧な検索エンジン」に対する解として、Googleをとらえ、全然完璧じゃないじゃん!と言ってるんだけど、ここに、一般の人たちとエンジニア(特に、昨今のIT系エンジニア)とのコミュニケーションギャップを感じずにはいられないのだ。

我々のような人種だと、このラリーの言葉は、「ああ、グーグルは、そういうことを目指したいのね」というあくまで理想論と捉えることができるし、今のグーグルどころか、現時点でのコンピュータサイエンス、あるいは現時点でのソフトウェア技術ではこの理想の実現は不可能であることはわかっている。なので、これは、ラリーが掲げるチャレンジであることはすぐに理解できる。でも、一般の人だと、「そんなこというけど、全然できてないじゃん」となっちゃうのね。

昨今のWeb2.0的な動き、あるいはアジャイルソフトウェア開発では、とにかくさっさと原型を作って、ベータ版の状態でリリースして、ユーザに提供しながら、バージョンアップをこまめに繰り返す、というやり方が主流だけど、これって、実はユーザにはあまり理解してもらえないのかも、という気がするのは私だけ?(だいたひかる風)

Posted by money at 8:06 AM | Comments (0) | TrackBack

May 10, 2006

はてな、大丈夫?

今日も重くて、アクセスできないみたいですけど、昨日の余震がまだ残ってるってこと?でも、サーバ本体の前に、DNSの解決ができてないっぽいのよねぇ。はてな、ってNTT-Com配下のネットワークだよねぇ。
うーん、どうなってるんだか。

Posted by money at 2:28 AM | Comments (1) | TrackBack

May 8, 2006

カンブリア宮殿

はてなとMixiの特集をやってます。小池栄子がはてなに質問を投げてたので、はてなのサイトに見に行ったら、案の定、タイムアウトじゃん。

テレビ東京、恐るべし。

はてなのサイト、全滅?ダイアリーが全く読めねぇ。

Posted by money at 11:20 PM | Comments (0) | TrackBack

April 15, 2006

Googleカレンダー

早速いじってますが、まだ、RSSフィードは動いてないみたい。作成したカレンダーの名前は取得できたが、中に登録されているイベント情報とか予定のエントリがRSSフィードに反映されてない、っぽい。

早く、WebサービスのAPI公開してくんないかな? ってもう公開されてます?

Posted by money at 5:56 AM | Comments (1) | TrackBack

March 25, 2006

誰のためにブログを書くか

404 Blog Not Found:ブログは自動ストック機能付き

ブログをはじめとするネットメディアはストックかフローか、というエントリを読んでふと思った。

フローでもあり、ストックでもある、というのがdan氏の意見だと解釈した。
世間では、「個人がメディアを持った」とか、「個人の情報発信ツール」とかいった位置づけでフロー的な側面ばかり脚光を浴びているようにも思えるが、僕のイメージとしては、ダムとか貯水池みたいな感じ。つまり、エントリを書くことで、情報のフローの一部を形成しつつ、備忘録としてその一部は確実に自分のためにストックしている。つまり、「自分は誰のためにブログを書くのか」といえば、未来の自分のため、ということだろう。
プログラムを書いていると、「コメントを書け」とよく言われる。曰く、「他の奴が読んでもわかりやすいように」ということだが、この「他の奴」というものには、未来の自分も含まれている。プログラマの間でよく言われる、「3ヶ月後の自分は、他人」というあれである。つまり、自分が思い出せるように、未来の自分が楽できるようにするために、「今」コメントを書くのである。ブログもそれと同じで、将来の自分のためにエントリを書く。そのおすそ分けとして訪れてくれた方の役に立てばばんばんざい。さらに、その訪れてくれた方がポチッとアドセンスをクリックしてくれると、グーグルが喜び、広告主が喜び、さらに、僕が喜ぶ。いいことづくめじゃん。
なので、最近は、人のブログを読んでて気にいったエントリが見つかると、投票するつもりで、アドセンスをポチッとしている。

Posted by money at 2:09 AM | Comments (2) | TrackBack

February 7, 2006

サジェストしてくれるのはいいんだが。。。

gooサジェストβ with ATOK - goo

gooがATOKを組み込んで、ひらがなを1字入力するごとに、入力単語を補完してくれる、というもの。補完対象は、固有名詞が多いみたい。

で、実際にやってみた。

大塚愛(J-POP), びびる大木(お笑い)他。
有名人は、写真つきだったりする。肖像権的に大丈夫なのかな?どっから写真を引っ張ってるんだろう?

おお

やはり、先頭は大塚愛ですか。。。でも、僕のお目当ては違うんだよなぁ。。。
相変わらずびびる大木も健在。アレクサンダー大塚って誰?

おおは

お、やっと大橋美歩が出てきたじゃん。もっと早くサジェストしてくれなきゃ。

ん? 大橋美歩(キャスター) ? 誰それ?

おーい、漢字間違ってますよー。だめですよー。

正解は、もちろん、大橋未歩。未歩じゃなきゃダメなんです。

でも、上のメニューでウェブを選ぼうが、辞書を選ぼうが、はたまた地図を選ぼうが、サジェスト候補は変わらないのですね。
地図を選んで、びびる大木を検索する人ってあまりいないと思うんですが。。。 ま、いっか。
確かに固有名詞は検索するにも、漢字がわからん、とかって場面があるから、面白い試みではありますねぇ。でも、ターゲットがとても限定的なのは気のせい?

まぁ、すぐに、たとえ話とか、具体例、とか、サンプルとか、って具体的、限定的な議論しかできないのは国民性なのかもしれませんねぇ。


Posted by money at 10:20 PM | Comments (0) | TrackBack

January 23, 2006

自宅PCの電気代

電気代計算君

自宅でサーバを立ててると、そのPC1台にかかってる電気代が果たしてどれくらいかかっているのか?って知りたくなると思う。(現に私は知りたかった。) そのような要望を満たしてくれるサイトを発見。その名も電気代計算君。

ちなみに、サーバPCの電源が400W、24時間動かしっぱなしと仮定すると(もちろん、サーバの動作に応じて動きが変わるので、精度はそれほど高くないとはおもうが) 

種類: その他(不明) 消費電力: 400W(ワット) 1日あたりの使用時間: 24Hour(時間)

1日あたりの消費電力: 9.6kWh
1日あたりの電気代※1: 211.2円
1日あたりのCO2(二酸化炭素)排出量: 3.65kg
-> 都市ガス1.86m3、またはガソリン1.57リットルを燃焼させた時のCO2排出量と同等です。※2

1ヶ月あたりの消費電力: 288kWh
1ヶ月あたりの電気代※1: 6336円
1ヶ月あたりのCO2(二酸化炭素)排出量: 109.44kg
-> 都市ガス55.84m3、またはガソリン47.17リットルを燃焼させた時のCO2排出量と同等です。※2

とのこと。おおよそ、予想通りというか、最近の流行りの言い方でいうと、「想定の範囲内」ってやつですか。


Posted by money at 2:16 AM | Comments (2) | TrackBack

January 12, 2006

Macエキスポ in SF

アメリカでがんばりましょう: Macworld Expo SF 2006 観覧記 その1 - これが Intel Mac だ!

今年もきましたねぇ。
世界一早い、日本語によるマックエキスポinSFレポート。

つーことで、毎年マックエキスポの動向が気になる方は要チェックですよ。

ところで、インテルMacはウィンドウズ、Linuxとデュアルブートできるんでしょうか?


Posted by money at 11:18 PM | Comments (1) | TrackBack

January 3, 2006

Google Adsenseの次?

アメリカでがんばりましょう: Google PC が発売される?

このエントリを読んで思ったのは、アドセンスを使って、世界中のWebサイトを自社の広告媒体にしてしまったGoogleの次の一手として、世界中で無駄に電気代を浪費してスクリーンセーバを動かしているCPU資源を束ねる仕掛けを使って、そのかき集めたCPUパワーを売るというビジネスをするのかなぁ、と。

日々、ビデオキャプチャーした素材をせっせとエンコードしてる知人曰く、「時々、キャプチャーする素材がなくてCPUパワー(つまり、電気代x時間)を浪費してることがある。どっかでCPUパワーを買い取ってくれんかなぁ」というのを聞いたことがあるので、需要はあると思う。

でも、わざわざPCを売るところからやらなくても。。。という気がしないわけではないが。
「マイクロソフトのOSで動いているPCのCPUパワーは買取できません」みたいなことをしたいのか?

Posted by money at 10:02 PM | Comments (0) | TrackBack

October 6, 2005

さがせる!

弊社で新しいサービスを開始しました。といっても、まだベータ版ですが。

120_60.gif

ぜひ、従来の全文検索型とは違う新しいタイプの検索ツールの使い勝手を実際に体験してみてください。
現状は、各種セミナーやイベントだけですが、いろんなコンテンツに対応させていく予定です。

Posted by money at 12:05 PM | Comments (1) | TrackBack

October 4, 2005

プリンタ複合機

今の、流しのような、客先を転々とするような生活をしていると、いちばん困るのが、プリンタ、コピー機のたぐい。これは、自社なりのオフィスに常駐しているとあって当たり前なので、あまり意識はしないのだが、ノートパソコン持参、エアエッジつなぎっぱ、みたいなやり方をしてると、ほんとに、不便。(もちろん、お客さんとこで出力させてもらえばいい、という話もあるんだが。昨今、客先のNWに接続させてもらうのにとても敷居が高いのでなかなか。気の小さい私にはなかなか言い出しにくい。)

ってな感じでプリンタ、コピー機、スキャナーの一体型複合機を物色してて、目についたのが、HP Officejet 7410というもの。


ってことで、少しでも安く買えるように、アフェリエイトを設定。導入レポートはまた後日。

Posted by money at 3:07 PM | Comments (0) | TrackBack

October 1, 2005

福知山線事故、一両目の「真実」

2005年4月25日 福知山線5418M、一両目の「真実」

まさに、事故の当事者になられた方にしか書けない、紛れもない「真実」。

Posted by money at 2:18 PM | Comments (0) | TrackBack

July 15, 2005

Google Maps API

Google Maps APIが公開されたので試しにやってみた。が。。。

API Keyを取得して、サンプルのHTMLを自分のサイトに設置してみると、


The Google Maps APIkey used on this web site was registered for a different web site.You can generate a new key for this web site at http://www.google.com/apis/maps/.



と怒られて、グーグルのサイトにつながらない。 なんで?

Posted by money at 5:54 PM | Comments (1) | TrackBack

March 29, 2005

GMail

あ、エンコーディングが変わった。これで、普通に使えそう。
あとは、Fromヘッダを詐称できれば、業務にも使える。

Posted by money at 11:48 AM | Comments (0) | TrackBack

January 26, 2005

mixiが...

最近、mixiがこのブログの更新を補足してくれていない模様。。。
なんでだ?

Posted by money at 5:49 PM | Comments (0) | TrackBack

January 13, 2005

Mac Expo in SFレポート

Macworld Expo SF 2005 観覧記 その1 - 会場、Mac mini 編
一応、援護射撃。

ひょっとしたら、世界で一番早く日本語で読める、今年のマックエキスポSFのレポートなんじゃないの?

やっぱり、Mac mini. リビングのAV機器コーナーに設置、かな?

Posted by money at 4:30 PM | Comments (0) | TrackBack

January 5, 2005

上位100ウェブログを片っ端から紹介するよ 2005/1/1 RSSフィードメーター版

上位100ウェブログを片っ端から紹介するよ 2005/1/1 RSSフィードメーター版
〜via capsctrldays


●113 この道はいつか来た道... REBOOTED
http://andore.com/money/
初見。技術情報の翻訳やってる方かな?参考になりそうな話題もあるのでチェック。

上位100サイトと言いつつ、『というわけで、100位まできましたが、ブログ(韓国語除く●のみ)はまだ83サイト。いや、hail2u.netが2回出てるから、合わせると82サイト。というわけでもう少し行きます!』というわけでぎりぎり御紹介いただけた模様。言ってみればロスタイム? 何はともあれ、御紹介いただきありがとうございました。

Posted by money at 6:15 PM | Comments (0) | TrackBack

November 25, 2004

ポスター作成(続)

poster.jpg

試しに、ポスター作ってみました。 これは、A4を8x4の32枚のもの。色は白黒。1枚1枚だと何がなんだかわからないけど、こうやって並べて張ってみると十分ポスターとして使えるクオリティになるから不思議。ぜひともカラーでやってみたいけど、プリンターインクがもったいないので恐くてできん。

Posted by money at 11:17 PM | Comments (0) | TrackBack

October 5, 2004

これぞ、青春白書!?

偏差値70からの大学受験!? ぼく、偏差値大好き

浪人経験のあるなしに関わらず、大学受験を経験した人であれば、それなりに得るものはあるんじゃないかな。僕のように、人よりも長い間受験勉強した勉強好き(?)には特に来るものがあります。良い、悪いは別にしてね。でも、尾崎豊を聞きながら、これを読むってどうなんだろう?
Posted by money at 8:09 PM | Comments (1) | TrackBack

October 1, 2004

SNSがWebサービス



■ [web][kinugasa]キヌガサWebServiceはじめました。


へぇ。面白そうね。キヌガサ。
ところで、どなたか、キヌガサ、招待してくださいまし。(_o_)

Posted by money at 10:52 PM | Comments (1) | TrackBack

September 21, 2004

噂のお誘いメール

巷で話題の出会い系サイトのサクラさんからのお誘いメールが来た。
メールはこんな感じ。



黒川ですけど、
何も書いてないメールくださいましたよね?
念のために返信しますが、どちらさまでしょうか?
知人のいたずらですか?


もちろん、Fromヘッダもチマタの情報と同じく、「黒川恭子」さんだし、メールアドレスもYahooco.jpドメイン。もちろん、Receivedヘッダを見れば、「どこがヤフーだって?」って感じのルートを経由。

もちろん、SPAMフィルタに引っかかってジャンクボックスに入ってたので直接被害はないんだが、延々メールのやり取りをした挙句、出会い系サイトに登録させられる、というお話なので、返信してみたくてウズウズしてたりする。

これだけあちこちでおちょくられてるんだから、少しは文面を変えればいいのに。

Posted by money at 8:52 AM | Comments (2) | TrackBack

September 19, 2004

書評にモダンリビングの考え方?

後悔しないための読書†ビジネス書レビュー
僕がいつも参考にさせてもらってるビジネス書専門の書評サイトなんだが、今日アクセスしたら扉の写真に目が釘付け。 これ、イームズの椅子とル・コルビジェのテーブルの組み合わせ、いいですねぇ。以前に、大塚家具だかどっかで、このテーブルを初めて見てからずっと気になっている一品なのです。
Posted by money at 5:01 AM | Comments (0) | TrackBack

September 18, 2004

本棚

moneyの本棚
登録してみた。 こうしてみると、けっこう平凡だな。
Posted by money at 5:24 AM | Comments (1) | TrackBack

June 30, 2004

人はなぜウェブログを書き続けるのか

Asako Miura, Ph. D. (Social Psychologist): KSP終了しました

「それはね、そこにウェブログがあるからだよ」

なんて話ではなく、インターネット上のコミュニティツール、情報発信ツールとしてのウェブログに着目した社会学の真面目な研究発表の資料が公開されています。
おそらく、我々エンジニアとは視点が違うはずなので、「いや、こういう側面もあるんじゃ?」なんてことを言いたくはなるが、概ね一般論としては、間違ったことは書いてないと思った。

個人的には、こちらにも言及されているように、これから先にフォーカスした話を呼んでみたい。例えば、下世話な話になるが、「ウェブログを書く人と書かない人で、出世のスピードに差異は出るのか」とか、「ウェブログ書いてる奴の方が、生涯獲得賃金が何%高い」とかって調査結果が仮に出るとすると、それはそれで面白いと思うのだが、ありえんな。

Posted by money at 2:53 PM | Comments (6) | TrackBack

April 27, 2004

Gree.jp

お誘いいただいたのでサブスクライブしました。機能的には、Orkutとほぼ同じ。友達を集めていくのも、グループ作ったり、掲示板があったり、など。でも、人と人とのつながりを可視化するという点で、Orkutはネットワークモデルなんだけど、Gree.jpはテーブルモデルという違いがある、ような気がした。なんとなく、だけど。あと、学校の卒業生つながりがとても目につく。結局はこうなるのか。 しばらく遊んでみようと思います。 invite欲しい方は個人的に連絡くださいまし。

Posted by money at 1:23 PM | Comments (1) | TrackBack

April 26, 2004

日本 歴史占い

あなたは...
明治維新の道を開いた日本史上最大のヒーロー
坂本龍馬
応用の天才にして優柔不断

話し上手の聞き上手。どんな相手をも饒舌にさせてしまう乗せ上手。やや独創性に欠けますが、相手の長所やアイデアを次々引き出し、それをヒントに新しいものを提案したり、コーディネートするのが得意。薩長同盟や体制奉還論も、龍馬の発案でありません。日本初の総合商社・亀山社中(のちの海援隊)も設立。組織も資金力も持たない龍馬は、人の心を読む鋭い洞察力で人間関係をとりもつ潤滑剤の役割を果たしました。

頭脳・知性
話がうまく、自然とよく動く二枚の舌で相手をいい気分にさせる器用さがある。交渉ごとに長ける。既存の材料にちょっと味付けして、新しいものに変えていくのが得意。

センス
なにごとにも物おじせず、「なんとかなるさ」とどんなピンチも乗り越えていく図太い神経の持ち主。これだけは絶対に譲れないみたいな頑固な一面もあるが、ふだんは鈍いフリをしている。

感情
初対面の人には愛想が良く、平和的・友好的態度で接するので第一印象のポイントはかなり高い。相手の懐深く飛び込んでいけるから、安心感や親しみを与える。ホントは内弁慶。

外見・言葉
主義主張に一貫性がないのは、人の影響を受けやすいから。天然ボケも少し入っている。メモはとらないし、とってもメモ用紙をなくしてしまう。なのに、笑って許されてしまう得な人。

行動
大器晩成を予感させる逸材。熟考してから行動する慎重派だが、面倒なことが大嫌いなので案外ドタキャンも多い。名より実を取るタイプ。おいしいポジションにこだわりがある。

うーん、合ってるのか合ってないのかよーわからん。少なくとも、「メモを取らん」とか「優柔不断」とか「なんとかなるさ」とか「鈍い」とか単語的には合ってるような気はするが...

Posted by money at 12:03 AM | Comments (0) | TrackBack

April 24, 2004

本当に同一人物!?

これ、実はパロディ、なんてオチはないのかな?
Posted by money at 6:48 AM | Comments (1) | TrackBack

April 20, 2004

Gmail

先日、友人からGmail経由でメールがきた。UTF-8だ。 私のメーラで素直に返信しようとすると、化ける。うーん、どうしたもんか。

Posted by money at 1:36 AM | Comments (0) | TrackBack

April 12, 2004

さくらさくら ユーロビート meets Windows

すごい。Windowsの効果音だけで音楽になってる。「さくらさくら」は僕が勝手に言ってるだけ。 でも、すごいバカです。(誉め言葉)
Posted by money at 4:05 AM | Comments (0) | TrackBack

April 2, 2004

GMail

これ、本当なのかなぁ? 僕は毎年恒例のエイプリルフールネタだと思ったんだけど。でも、日本の主要なニュースソースでも発表されてるのを見て、「おい、ウラ取れたのか?エイプリルフールにだまされてちゃ、笑い事では済まんぞ」と思ったのだが。確かに、検索エンジン会社だし、1GBぐらいのDISKスペースは痛くもないだろうし、世界中の個人メールを集めたら、さらに、検索エンジンのデータが増えるし。正直、Googleにメールまで晒すのは恐い。 でも、これガセ?マジ?
Posted by money at 3:06 AM | Comments (0) | TrackBack

February 15, 2004

「みんなで広げよう、友達の輪」オンライン US風味

友人から今話題のorkutへのinviteを頂いたので、早速登録。これは、Googleが検索エンジンだけではなく、ソーシャルネットワークサイトを始めたと話題になってるサイトでございます。早い話が、「お友達リスト」をネットで公開して人脈を広げていきましょう、って奴ですね。「笑っていいとも」みたいなもんです。日本で出会い系サイトというと、腰から下の話限定で、しかもサクラを多用してアクセスそのもので金を取ろうというビジネスモデルですが、こちらはもう少し発想が大きいみたいで、友達でも、ビジネスパートナーでもなんでもありの様子。ユーザにはお金かからないし。さて、Googleはこれでどうやって稼ぐんだろうか?凡人にはよくわかりません。 さて、本題に戻ってOrkutですが、これ、既に登録済みのユーザから招待されないと、登録ができない仕組みになってるんですね。ある意味合理的ではありますが、デジタルデバイドを強く意識せざるを得ない(つまり、本人が望んでも友達として招待されないと、登録できない)のは、アメリカらしい発想と言えましょう。日本だとこういうのってあまり受け入れられないような気がします。 で、登録しては見ましたが、当然、全部英語だし、僕の友人だと、アメリカ在住とかアメリカ住んでた、とかって奴しかいません。遊んで見たい方、登録してみたい方(つっても、私の友人限定)、招待しますので遠慮なくどうぞ。
Posted by money at 6:17 PM | Comments (1) | TrackBack

February 5, 2004

ホームページグランプリ

ニフティが一般ユーザに対してウェブログのホスティングサービス「ココログ」を開始したのを契機にはじまった、ニフティの社長さんのウェブログ。 で、ニフティで行った「ホームページグランプリ」というイベントについて振れられていた。 でも、ホームページのグランプリって何だ?玉石混交だからこそなのに、なぜ、画一的な基準を作ってそれにはめようとするんだろう?あまりに抽象的すぎて何を求めているのか、よく分からない。もちろん、ウェブサイトのトップページのデザインの優劣を競うとか、アクセシビリティを評価する、とかコンテンツを評価するとか、テーマがあるのであればそれは理解できる。新聞記事とか雑誌記事、あるいは報道写真に賞が与えられる、あるいは文学賞と同じようにWebコンテンツに対して何か賞を用意するとかもわかる。CM大賞とかってのもあるし。でも、それを全部ごちゃまぜでグランプリって、、、わからん。

ところで、大賞受賞者のコメント:
「二年間、一日10時間、ホームページの作成に費やして、夫婦の会話がなくなり、家内から文句を言われてます。」
「仕事と両立せず、お金がなくて食べるものも食べずに取材に飛び回っていた。」
ってどうなんだろう? まぁ本人がよければそれでいいのだが。

Posted by money at 5:19 PM | Comments (2) | TrackBack

October 30, 2003

なんとかとハサミは...

グーグルリテラシーという発想がなかなか面白いと思う。もちろんグーグルに限った話ではないと思うけど、とにかく検索エンジンをうまく使えるかどうか、ってのはその人のセンスを計るいいモノサシになり得るかもしれない。 私が尊敬するプログラマである、ナレッジマネジメントシステム開発者の友人M氏曰く、「ろくでもない奴に高価なナレッジマネジメントシステムを与えるよりも、できる奴に検索エンジンのURLを教えた方がはるかに効果は高い。ナレッジマネジメントシステムをうまく使いこなせる奴にはこのシステムはいらない。このシステムが必要な奴には使いこなせない。いったい俺はなんのために、誰のための作ってるんだ?」 我々のような仕事はお客さんが抱えているが自覚できていない問題点、あるいは課題を明らかにしてあげて、なおかつ可能な限り安価に解決してあげてなんぼの世界(もちろん、明らかにしてあげると血相を変えて否定する奴もいるが)。自分の疑問が自分で解決できない奴に務まる世界ではない。では、この「問題解決能力」ってどうやって鍛えるんだろう?こればっかりはどうやって教えたらいいかわからない。いちおう周りには、直接答えを与えるようなことはやらないように、答えを与える場合は、結果だけではなく、その背景や、答えが得られるまでの道筋まで含めてちゃんと教えるように気を使ってはいるが。 ところで、Googleバーなしでみんな仕事できるんだろうか?僕は、Operaに最初からついてる機能を使っているがまぁ、同じ。僕も手元にグーグルの検索窓がないと何もできない体になりつつありますな。

なんか、タイトルと本文の趣旨が正反対のような気がする...

Posted by money at 2:49 AM | Comments (1) | TrackBack

October 7, 2003

アクセスログ

先日から、アクセスログを見ては、どんなキーワードでサーチしてうちのサイトにたどりついてんのかなぁ?というのを調べて、ここにまとめてるんですが、やはり、一番多いのは、もじらネタと、それにまつわるXUL、スキンネタ。もじら組に提供しているコンテンツのコピーを僕のサイトにも置いてあるんだけど、なぜか、本家じゃなくて僕の方へ皆さんいらっしゃる。申し訳ないんだけど、本家の方だと更新されてるかもしれないんで、あちらも訪問してあげてください。

あとは、やはり、UMLネタでいらっしゃる方も多いですね。こんなやつがぐーぐるで引っかかるだからなんだけど、これもそれほどUMLシルバーの話を書いてるわけではなくて、『オブジェクト指向エンジニアを目指すのであれば、こういう本を読みなさい、つーか、僕はこんな本を読んできた。(ってどっかで似たようなのあったな。)というのを書いてて、その頭で、まずはUMLシルバーを取れ、まずはそこからだ、と一言書いたがために、なにやら、対策でも書いてあるかのごとくいらっしゃるのは、大変心苦しいものがございます。まぁ、それだけ需要がある、ってことでしょうか?

個人的に、ヒットしてて嬉しいのは、ここですねぇ
。だって、こんなの同業者しか読まないはずだから。正直、このネタをもう少し広げていってコンテンツ的にも充実させたいとは常々考えているんですが、私自身もそれほどネタを書くほど確固とした考えがまとまってるわけではない。でも、このページにヒットする一番多いキーワードが、「東京タワーの設計図」だってのは結構悲しいものがあったりもする。ってことで東京タワーの設計図ネタ、じゃなくって、ソフトウェアプロジェクトネタでのコメント、つっこみは大歓迎でございます。ぜひぜひご教授くださいまし。

Posted by money at 11:53 PM | Comments (2) | TrackBack

September 28, 2003

アクセスログ

いまさら、ではありますが、自分のアクセスログを見る方法を知りました。つらつらと眺めてると、いろんなキーワードで検索かけて、その結果として我がサイトにお越しいただいてることがわかり、またキーワードもばらばらでこれがなかなか面白い。せっかくなので、サマリを作ってみました。
アクセスログサマリ
自動化はできてないので、いつまで続けられるかわかりませんが、この程度のアクセス量であればなんとかなるでしょう。

Posted by money at 7:05 PM | Comments (0) | TrackBack