p-ing
Exciting 150 days with 306

昨年末にやってきたこの車、はや5ヶ月が経ちました。

【距離】

現在の走行距離はすでに13000kmを超えています。

「毎日の通勤」に往復22km。
「スーパーにお買い物」で往復38km。
「ホームセンターでスノコ買ってこなきゃ」で往復55km。
「『朝マック』したいな」と思うと往復110km。
「ディーラーで点検」出すために往復150km。
「ひさびさに実家に戻るか」で往復800km。

住んでるのがこんな辺鄙なところですから、月2000kmくらいはすぐいってしまいます。幸いにしてガソリンスタンドまでは往復80mなので、ガス欠で買い物すら行けなくなって飢えるということはない模様です。

【燃費】

平均して10〜12km/lくらいは走ります。調子が良いと15km/lくらい行きます。MTかつ渋滞や信号待ちが市街地に比べて異常に少ないのも好燃費に味方してるんだろうと思います。ちなみに家から会社までの通勤経路に、信号は2箇所しかありません。しかもそのうち1箇所はいつも黄色点滅で、赤信号になったのを目撃したのは半年間に1度しか無かったりします。

【トラブル】

というようなトラブルは(今のところ)ないです。別にラテン系の車に乗り換えてから品質や故障に対する感度が鈍くなったというわけでもない(つもり)です(今のところ)。ドアミラーの下側にカバーがついてるのですが、それがいつの間にか脱落して、中からセンサらしきケーブルのついた黒い物体がビローンと垂れ下がって来たくらいです。

こいつの正体は温度計センサとのことでした。別に無くても車は走るのですが、センサ垂れ下げたままというのも格好悪いので、ミラーのところをサランラップでくるんで(それもそれで格好悪い姿だが)、街に出た折に岐阜市内のディーラー工場で見てもらいました。そしたら「カバーだけはどうもパーツの設定がないのでミラー全部取り替えます」だって。保証期間内なのでクレーム処理扱いでタダですよ、ということなのですが、たかがプラスチックのふたのために●万円くらいはするであろうドアミラー全交換をするとは。そんなん大盤振る舞いやってて儲かるんですか、Peugeot Japon様。

【メンテナンス】

というほどのことはしていません。オイル交換くらいなものです。でこの車、オイル量が4.5Lなんです。そう、普通エンジンオイルをお店で買うと「4L缶」なので、少し足りないのです。なので「量り売り」のオイルがあるカー用品店を使っています。

★ジェームスさん

トヨタ系がプロデュースしている量販店ですが、ここは排気量別に料金がクラスわけされていて、1500ccまでがいくら、2000ccまでがいくら、という料金体系です。なので排気量が少ない割にオイル量が多い306はおトクなのです。余談ですが、オイルエレメントが1200円と、他の大手チェーン店と比較した限りではダントツに安いです。それとも他店さんがボッタクリ過ぎ?

★オートウェーブさん

千葉に本店があり、晴海見本市会場跡地に店を建てたり深夜営業したりと、都内でも名が知られるようになったお店。BE-UPなるブランドのオイルを量り売りしています。晴海のお店はドレンワッシャーも在庫を持っててちゃんととりかえてくれます。岐阜から出かけるにはとんでもなく遠いですが、実家に寄った時に立ち寄ってます。

【事故】

まだやってません。交差点で信号待ちをしていたら、わき道からライトバンのおやじがフロントバンパーをかすらせながら前に割り込んで来たくらいです。そのままおやじは何ごとも無かったかのように走り去っていきました。たぶん「逃げた」というよりは「気付いて無い」なありゃ。幸い擦り傷はぞうきんで拭いたらあらかた消えてしまいました。

「p-ing」トップへback