p-ing
めざせ10万km

ちょっと更新が滞りまして申し訳ございません。って誰も見てないか。

前回の更新からはや1年近く、このサイトのネタに困るくらいすこぶる快調な306でございました。
そして冬がやってきました。ついにその時を迎えます。

車検でございます。


実は筆者、18に免許を取って以来いろんな車(ほとんどN産車だが)を乗り継ぐ機会に恵まれましたが、事故でつぶしたり営業に唆されて売り飛ばしたりと、いままで車検を通したことがありませんでした。本当の意味での初車検です。

★入庫

2年前に入庫中初雪におびえながら過ごした教訓から、今回は早めに行動します。といっても選択肢はBLさんうちから近い専門店さんしかありませんが、案内はがきが早くて代車がきれいな後者に入庫しました。整備メニューがいろいろあって面白そうってのもあります。

こちらからは「これまでと同じペース(30000km/year)であと2年は乗るつもりなので、おかしいところが見つかったらしゃっきり直してください」という要望だけ出しておきました。あとはお任せ。

代車はおろしたて(走行距離3桁!)のダイハツムーブがあてがわれました。ほんと最近の軽は広くて乗り味も良くて進化してますね。MTがあったら乗り換えてしまいたくなりそうでした。

★車検整備

2週間後に仕上がって戻ってきました。結果としては「いままできちんとメンテされているのでコンディションはとても良いです」と、特段おかしいところはなかったようです。普通だと喜ぶべきでしょうが、webのネタ作り的にはかなり残念な一面もあります。

整備メニューの中に「シャシーダイナモに載せて整備前後のパワーを測ってくれる」サービスがあるのですが、わずかに改善してます。というか、整備前からそこそこいい結果です。およそ120psくらい出てるのかな(カタログスペックは110ps)。

★交換部品

昨シーズンあたりから、そのグリップ性能にかげりの見えていたスタッドレスタイヤを履き替えました。これまでは胡桃の殻入りでしたが、工場の人おすすめの「ミシュランドライス」にしました。ちょうど栃木の石橋さんとこが工場火災を起こした直後で、「今冬のスタッドレスは供給過小で入手しづらくなりますよ」といわれてたので慌てて予約しましたが、実際はどうだったのでしょう。

で、この「ドライス」ですが、噂通りのすごい代物でした。雪道はそこそこ(胡桃のやつに比べると轍にとられやすい印象はあった)で、普通の雪なし乾燥路では

「夏タイヤのP6000よりしずか」
ときてます。このまま1年中はき続けても良い気がしました(勿体ないのでやめとけといわれましたが)。

★お勘定

今回のお会計はこちら。
作業内容技術料使用部品部品代
24ヶ月法定点検 35,000
エンジンルーム・下回りスチーム洗浄6,000
リフレッシュメニュー Stage3
 基本点検30項目
 シャシダイナモ出力測定(整備前・後)
 フューエルラインカーボンクリーニング
 エアーインテークカーボンクリーニング
 インジェクターリークテスト
 インジェクター超音波洗浄
 インジェクター噴霧量測定
 インジェクターシール・フィルタ交換
 ISCバルブ洗浄
 エンジンフラッシング
 エンジンオイル交換
 オイルエレメント交換
 フューエルフィルタ交換
 エアエレメント交換
 ミッションオイル交換
 冷却水交換・エア抜き
53,500
値引▲10,000

カーボンクリーナ溶液
インジェクタシールキット
フラッシングオイル
エンジンオイル(5L)
オイル添加剤
オイルエレメント
フューエルフィルタ
エアクリーナエレメント
ミッションオイル
LLC(3L)
コミコミ31,900
パワステオイル交換1,800パワステオイル3,700
ブレーキオイル交換・エア抜き4,500ブレーキオイルDOT43,000
スパークプラグ交換スパークプラグ(FR7DTC)3,600
タイヤ(スタッドレス)交換
 各タイヤバランス調整
 各タイヤ窒素ガス充填
8,000 ミシュランドライス
廃タイヤ処分料
78,000
2,000




この苦しい車検代を払いきった1ヶ月後、
ようやくローン完済、無借金生活に突入します。
「p-ing」トップへback