ホーム → automobile

首都圏にいた頃は高価なおもちゃ。
山籠りの現在は生命線。

車種別ページ

自動車遍歴

時期 車種 なれそめ
1991年夏〜 日産Sunny
1300cc(確か)
GL
B11型

夏に免許を取得。自分が小学生の時から親父が乗っていた自動車で千葉県の自宅(当時)から片道45kmの茨城県の某大学に通いはじめる。

  • 4速マニュアル
  • AMラジオのみ
  • しかもキャブ
  • おまけにフェンダーミラー
  • 辛うじてエアコンはついてた。
  • フェンダーが錆朽ちてボディーに穴が空いていて、父親になんとかならんのかと言ったら、ボディー同色の白いガムテープで塞ぎはじめた。
  • ガソリンタンクも錆だらけ、水抜き剤をすすめようとしたGSのお兄さんも黙るありさま。

秋に車検を控え、さすがにあと2年乗るかという考えにはならず、安楽死処分。

1992年2月〜 日産Sunny
1300cc
EXサルーン
B13型

基本的に所有権は父親であったので、またもやサニー。新車でかつグレードは下の方ではあったものの、前の車にくらべれば革命的なグレードアップであった。

  • 何と5速まであるMT
  • カセットデッキまでついている
  • 窓がボタンで開く

通学のため月平均2500〜3000kmを走り込んだが大きなトラブルはなし。

しかし呪われてるんじゃないかってくらい事故は多かった。

  • 大学の近所で同じ大学生の女の子の車に後ろから突っ込まれる。どうも助手席の彼氏に気を取られ前方不注意の模様。
  • 深夜のサークル練習帰りに信号待ちのマークIIに突っ込む。練習後寄った珍来の「ヂャンボソース焼そば」で満腹になり眠気で気が弛んでたのは事実です。それ以降ヂャンボソースは食ってません。
  • バイトに向かう途中の信号待ちで、わき見のセドリックに見事に突っ込まれる。相手は何と保険屋だったので対応は早かった。

さすが高級車セドリックは頑丈でかすり傷くらいであったが、こっちはトランクが跡形もないくらいに破壊され、初車検をまじかに控え安楽死処分に。
走行距離は8万km弱。走り過ぎですね。

1995年秋〜 日産Lucino
1500cc
GG
B14型

当時売れ行きに陰りが出ていたのか、特別低金利ローンの対象になっていたため、購入対象車に。

  • 初のAT(ジャトコ社製)
  • フォグ&コーナリングランプがついていた
  • 初のタコメータ。でもATじゃねぇ。
  • あとはドアが減ったのを除けば似たり寄ったり。

前車は事故が多かったことから、納車後すぐに川崎大師にお祓いに持って行った(行かされた)が、あまり効果無し(人のクルマに1回ぶつけた)。

ジャトコのATは変速ショックも少なく、運転しやすいクルマでした。たまにATのくせしてエンストしてましたけど。それ以外はトラブルも皆無で快調に走ってくれましたが、「やっぱMTのほうが楽しいよね」という気持ちは頭の片隅に残ってました。

就職に伴い、弟に譲り渡す。この時点で走行75000km。大学(院)在学中の6年で17万km乗った勘定。しかも全部日産車。しかもサニー系。

1997年夏〜 日産Serena
2000cc
PX
C23型

某自動車メーカに就職(って書くとメーカがばればれ)。寮の近くであった中古車フェアに赴き、ほんとはステーションワゴンが欲しかったのだが高くて手が出なかったため、思わず買ってしまう。

  • 4WDでかつマニュアルというレアな車。
  • エアコンが2つも。
  • 半ドアでも勝手に電動で閉めてくれる。
  • 燃費は悪いぞ。

さすがバブル絶頂期に出たクルマだけのことはあります。

同期の間では「バス」として重宝されておりました。エンジン音もなぜかバスみたいに大きかったので。よく調べたら排気漏れだったんですが。

某カー用品店でマイクロロンを入れたら、オイルエレメントを斜めにつけてくれたらしく、走行中に脱落。オイルが全部抜けてもエンジン焼き付かないですねぇ、さすがマイクロロン、って感心している暇などなく、あわててとっさに目に入ったトヨタディーラーに駆け込む。実は100m先に日産のお店があったらしい。

車検を目前に控え、ディーラーのおじさんの悪魔の囁きに洗脳され、下取に。
100万円チョイで買ったものを、90万円で下取っていきました。その後いくらで店頭に並んだのか、ちょっと気になります。

1998年夏〜 日産Camino Wagon
2000cc
2.0G
WHP11型

その悪魔の囁きに従った結果がこれ。

2年後、諸般の事情で岐阜に移り住むこととなり、その大きさを持て余しつつあったことから、ディーラー巡りをして「こんなのもいいなぁ。金ないけど」などと思いを馳せているうち、いつの間にか洗脳された様です。

2000年12月〜

プジョー306

1800cc
styleプレミアム
N5型2001年モデル

こうくるとは自分でも思わなかったですね。少なくとも1年前は。